【弥生賞2018】動画・結果/ダノンプレミアムが他を寄せ付けず圧勝

弥生賞 2018 ダノンプレミアム

弥生賞 2018の動画・結果です。弥生賞の結果は1着:ダノンプレミアム、2着:ワグネリアン、3着:ジャンダルム。「ダノンプレミアム」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

1番人気・川田騎手騎乗のダノンプレミアムが他を寄せ付けず圧勝

2018年3月4日(日) | 2回中山4日 | 15:45 発走
第55回 弥生賞(GII)芝・右 2000m
Yayoi Sho(Japanese 2000 Guineas Trial) (G2)

動画

関連記事
昨年の弥生賞はカデナが制していた。
【弥生賞 2017】動画・結果/カデナが差し切り重賞連勝
牝馬クラシック路線を占うチューリップ賞はラッキーライラックが優勝した。
【チューリップ賞2018】動画・結果/ラッキーライラックが無傷の4連勝

結果

1着:ダノンプレミアム
2着:ワグネリアン(1-1/2馬身)
3着:ジャンダルム(1/2馬身)
4着:サンリヴァル(ハナ)
5着:リビーリング(3馬身)
6着:トラストケンシン
7着:オブセッション
8着:アラウン
9着:アサクサスポット
10着:ヘヴィータンク

勝ちタイム:2.01.0
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

レース後のコメント

1着 ダノンプレミアム(川田将雅騎手)
「強さを見せてくれました。無事に終えてよかったです。3~4角の馬場が良くないので、脚のことを考え、馬場を選びました。いい雰囲気でよかったです。ただ、間隔を取ったのですが、走りたい気持ちが強く出た瞬間もありました。それでも、2000mをこなしてくれました。気持ちが前向きすぎるところが抜けるようにして次をねらっていきたいです。」

2着 ワグネリアン(福永祐一騎手)
「「休み明けでテンションが高く、返し馬が終わって気が入りすぎて歩けないところもありました。そうした中、競馬は言うことがありませんでした。いつもよりスタートも出て、道中も一番リラックスしていました。ラストは気負った分、休み明けもありましたが、相手も強かったです。スピードの乗りが遅く、坂をあがってから追い詰めました。中山を使ったのは大きいと思います。次に向けて修正していきたいです。」

3着 ジャンダルム(武豊騎手)
「馬自体は前走よりも気配が良くて道中もいい競馬が出来ました。風が強かったですね。また頭数の多いレースで逆転したいです。」

4着 サンリヴァル(藤岡佑介騎手)
「思ってた以上にいいリズムでラップを刻めてプランどおりの競馬だった。交わされてもしぶとく伸びたが少頭数だったので離れたところだったので併せていけたらもうひと伸び出来たはず。3着に残せなかったのは関係者や馬券を買ってくれた人にも申し訳なく悔しいです。」

5着 リビーリング(戸崎圭太騎手)
「前回よりリラックスして走れ、道中の感じは良かった」

6着 トラストケンシン(内田博幸騎手)
「テンションが高くなる面がある。落ち着きがあればもっと頑張れた。それでもここまで来られた。このクラスでも通用する」

7着 オブセッション(C.ルメール騎手)
「返し馬で4コーナー先にある待避所に馬をいれた。それを覚えていてレースでも待避所を見つけたらそこに向かっていこうとして4コーナーで膨れてしまった。まだ気性面で幼さがあります。」

(藤沢調教師)
「もう一度やり直し。皐月賞に行くかはまだわかりません。」

8着 アラウン(F.ミナリク騎手)
「後半に苦しくなった。芝よりもダートの方が良さそう。ダートの自己条件なら結果を出せる」

9着 アサクサスポット(武藤雅騎手)
「外に膨れるロスがもったいなかった。芝の走りは悪くなかったのですが…」

10着 ヘヴィータンク(野中悠太郎騎手)
「今後は気持ちと体が伴っていければ。走りがスタートからバラバラだった」

関連記事

勝ち馬プロフィール

弥生賞 2018 ダノンプレミアム

ダノンプレミアム(Danon Premium)牡3/青鹿毛 中内田 充正(栗東)
父:ディープインパクト 母:インディアナギャル 母父:Intikhab
馬名の由来:冠名+高品質。格別な働きを期待して

関連記事