【マイラーズカップ2019】結果・動画/ダノンプレミアムが抜け出し快勝

マイラーズカップ2019 ダノンプレミアム

マイラーズカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のマイラーズCの着順は1着:ダノンプレミアム、2着:グァンチャーレ、3着:パクスアメリカーナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

他馬とは性能が違う!2019年のマイラーズカップはダノンプレミアムが抜け出し快勝

2019年4月21日(日) | 3回京都2日 | 15:35 発走
第50回 マイラーズカップ(GII)芝・右 1600m
Milers Cup (G2)

2019年・マイラーズカップの動画

関連記事
昨年のマイラーズカップはサングレーザーが制していた。

マイラーズカップ 2018の動画・結果です。マイラーズカップの結果は1着:サングレーザー、2着:モズアスコット、3着:エアスピネル。「サングレーザー」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・マイラーズカップの結果

1着:ダノンプレミアム
2着:グァンチャーレ(1-1/4馬身)
3着:パクスアメリカーナ(アタマ)
4着:インディチャンプ(クビ)
5着:ストーミーシー(1-1/4馬身)
6着:ケイアイノーテック
7着:モズアスコット
8着:メイショウオワラ
9着:コウエイタケル
10着:トーアライジン

勝ちタイム:1.32.6
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

関連記事

ダノンプレミアムは前走の金鯱賞でも勝利していた。

金鯱賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の金鯱賞の着順は1着:ダノンプレミアム、2着:リスグラシュー、3着:エアウィンザーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

マイラーズカップの1着馬には安田記念の優先出走権が与えられる。

安田記念は2019年6月2日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2019年で第69回を迎える。昨年はモズアスコットが連闘策が実り優勝した。出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 ダノンプレミアム(川田将雅騎手)
「(スタート直後は)グァンチャーレとのやりとりになりましたが、(2番手に入って)よく我慢していましたし、いいリズムで走れていたと思います。道中はゆっくりと流れていましたし、あれだけ上がりの速い競馬になりましたので、後ろとの差は開くことはなかったですが、いい雰囲気で、何も問題なく、走れていたと思います。素晴らしい馬であることは間違いないです」

2着 グァンチャーレ(池添謙一騎手)
「自然とハナを切る形に。速い上がりの競馬に対応できますし、うまく持ち込めたんですがねえ。相手が強かったです」

(北出成人調教師)
「負かすにはこれしかない!という競馬ができたけど相手が悪すぎた。(次走予定の安田記念では)ケンイチ(池添)が乗れないので松岡になると思う」

3着 パクスアメリカーナ(藤岡佑介騎手)
「ハナを切る馬の後ろは狙い通り。ただ、ドスローの内枠のぶん、勝負どころで一瞬置かれたのが痛かったですね。この速い上がりでも差を詰めてくれていますし、よく頑張ってくれました」

4着 インディチャンプ(福永祐一騎手)
「イメージ通りのポジションで運べたが、道中は納得していないようで怒って走っていた。最後に伸びあぐねたのは休み明けのぶんですね」

5着 ストーミーシー(北村友一騎手)
「上位の馬は強かったですが、最後はすごい脚を使ってくれました。うまくかみ合ってくれましたね」

6着 ケイアイノーテック(A.シュタルケ騎手)
「スタートがゆっくりで、位置取りが思っていたより後ろになってしまいました」

7着 モズアスコット(C.ルメール騎手)
「ここ2走と違ってスタートが良かったし、頑張ってくれたけどスーパー速い脚はムリだった」

(矢作芳人調教師)
「やっぱり休み明けは難しい。それに物理的にあの位置からでは厳しかった」

8着 メイショウオワラ(武豊騎手)
「流れには乗れましたが、上がりが速すぎました」

9着 コウエイタケル(小牧太騎手)
「この馬の競馬はできた」

10着 トーアライジン(松山弘平騎手)
「道中、しっかりついていくことはできましたが…」

勝ち馬プロフィール

マイラーズカップ2019 ダノンプレミアム

ダノンプレミアム(Danon Premium)牡4/青鹿毛 中内田 充正(栗東)
父:ディープインパクト 母:インディアナギャル 母父:Intikhab
馬名の由来:冠名+高品質。格別な働きを期待して