【きさらぎ賞 2018】動画・結果/サトノフェイバーが接戦を制する

きさらぎ賞 2018 サトノフェイバー

「きさらぎ賞 2018」の動画・結果です。きさらぎ賞の結果は1着:サトノフェイバー、2着:グローリーヴェイズ、3着:ラセット。「サトノフェイバー」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

4番人気のサトノフェイバーが接戦を制する

2018年2月4日(日) | 2回京都4日 | 15:35 発走
第58回 きさらぎ賞(GIII)芝・右・外 1800m
Kisaragi Sho (G3)

スポンサーリンク

動画

関連記事
昨年のきさらぎ賞はアメリカズカップが優勝していた。
【きさらぎ賞 2017】動画・結果/アメリカズカップが抜け出し重賞初制覇
同日に行われた東京新聞杯はリスグラシューが勝利した。
【東京新聞杯 2018】動画・結果/リスグラシューが馬群を切り裂き突き抜ける

結果

1着:サトノフェイバー
2着:グローリーヴェイズ(ハナ)
3着:ラセット(2-1/2馬身)
4着:レッドレオン(3/4馬身)
5着:カツジ(1-3/4馬身)
6着:スラッシュメタル
7着:スーサンドン
8着:オーデットエール
9着:ダノンマジェスティ
10着:ニホンピロタイド

勝ちタイム:1.48.8
優勝騎手:古川 吉洋
馬場:良

レース後のコメント

1着 サトノフェイバー(古川吉洋騎手)
「そこまで行く気はなかったが、スタートが上手で、出て行ったので。無理に引っ張るよりはと。2着の馬も強かったけど、何とか振り切ってくれた。(クラシックが)すごく楽しみです」

2着 グローリーヴェイズ(M.デムーロ騎手)
「よく頑張りました。いいレースはしてくれたんですが…。残念です」

3着 ラセット(藤岡佑介騎手)
「直線は外に出して並びかけられると思ったんですが…。1、2着馬が強かったですね。ただ、未勝利を勝ったばかりで頑張ってくれました」

4着 レッドレオン(岩田康誠騎手)
「ゲートをうまく出て上手に走ってくれました。いきなりの重賞でしたが、よく頑張ってくれました。距離はもう少しあった方がよさそうです」

5着 カツジ(松山弘平騎手)
「いいポジションで運べましたが、追ってから伸びなかったですね」

6着 スラッシュメタル(中谷雄太騎手)
「じっくり運んで、最後はひと脚使ってくれました」

7着 スーサンドン(川島信二騎手)
「前走で控える競馬をしたのがよかったようで、この馬なりに伸びてくれました」

8着 オーデットエール(北村友一騎手)
「久々のぶんか、前半はついていけず、最後も反応してくれませんでした」

9着 ダノンマジェスティ(松若風馬騎手)
「追い切りでは見せなかったんですが、競馬では左へ張ってしまいました。それが敗因です」

10着 ニホンピロタイド(幸英明騎手)
「結構引っかかりましたし、道中もちぐはぐな競馬になってしまいました」

関連記事
今年のクラシックの主役はどの馬だ?
【3歳クラシック有力馬・2018】世代を制するのは誰だ

勝ち馬プロフィール

サトノフェイバー(Satono Favor)牡3/黒鹿毛 南井 克巳(栗東)
父:ゼンノロブロイ 母:ヴィヴァシャスヴィヴィアン 母父:Distorted Humor
馬名の由来:冠名+恵み

関連記事