【大阪杯2019】出走予定馬・賞金・日程/新中距離王が決まる

大阪杯は2019年3月31日に阪神競馬場で行われる春の中距離王を決める一戦。2019年で第63回を迎え、豪華メンバーが集結。昨年はスワーヴリチャードが制した。大阪杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

新中距離王が決まる豪華な一戦

2019年・大阪杯の結果は?!

大阪杯2019 アルアイン

2019年の大阪杯を制したのは『アルアイン(Al Ain)』。ゴール前の接戦を制し北村友一騎手にG1初勝利をプレゼントした。
クビ差の2着にキセキ、さらにクビ差の3着にはワグネリアンが入った。G1馬が8頭揃った豪華なG1戦は皐月賞馬の復活Vで幕を閉じた。

2019年3月31日(日)大阪杯(GI)

1着:アルアイン
2着:キセキ(クビ)
3着:ワグネリアン(クビ)
4着:マカヒキ(3/4馬身)
5着:エアウィンザー(クビ)

勝ちタイム:2.01.0
優勝騎手:北村 友一
馬場:良

大阪杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の大阪杯の着順は1着:アルアイン、2着:キセキ、3着:ワグネリアンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

大阪杯の枠順確定!

大阪杯2019 枠順

2019年・大阪杯の枠順が発表されました。
昨年の有馬記念以来の実戦を迎えるブラストワンピースは5枠7番、最強世代とも噂される今年の4歳世代のダービー馬ワグネリアンは2枠2番、昨年秋のG1戦線で活躍したキセキは4枠6番に入った。

大阪杯の発走は3月31日の15時40分となっています。

大阪杯2019・出走馬の調教後の馬体重

大阪杯2019 調教後の馬体重

2019年3月28日にJRAより大阪杯出走馬の調教後における馬体重が発表されました。

前走の馬体重より二桁以上の大きな馬体重の増減がある馬はキセキ(+12kg)、サングレーザー(+22kg)、ブラストワンピース(+11kg)、ワグネリアン(+14kg)の4頭となっています。
輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

関連記事
2019年・大阪杯の追い切り・コメントに関する記事を公開しました。ぜひ、ご覧ください!

大阪杯2019の追い切り・コメントの記事です。大阪杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

2019年・大阪杯の出走予定馬をチェック

2019年・大阪杯の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

関連記事
2019年・大阪杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手に関する記事を公開しました。ぜひ、ご覧ください!

大阪杯2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の大阪杯の出走予定馬にはブラストワンピースやキセキなどが名を連ねています。8頭のG1馬がそろった豪華メンバーで繰り広げられる春の中距離王決定戦。栄冠を勝ち取る馬は?
ブラストワンピース(Blast Onepiece)

有馬記念2018 ブラストワンピース

ブラストワンピース・4歳牡馬
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・有馬記念
馬名の由来:突風+母名の一部

平成最後の有馬記念を制したブラストワンピースが大阪杯から始動。
大型馬なだけにどのような状態で出走してくるかにも注目したい。

ワグネリアン(Wagnerian)

ワグネリアン

ワグネリアン・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・日本ダービー
馬名の由来:ワーグナーファンの意味

最強世代と言われる現4歳世代のダービー馬。
昨年秋は疲れが抜けきれなかったために無理せず休養。
半年ぶりの実戦でどんな走りを見せてくれるのか。

ペルシアンナイト(Persian Knight)

マイルチャンピオンシップ 2017 ペルシアンナイト

ペルシアンナイト・5歳牡馬
父:ハービンジャー
母:オリエントチャーム
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2017年・マイルチャンピオンシップ
馬名の由来:ペルシャの騎士

昨年の大阪杯では惜しくも2着。
悔しさをバネにリベンジを誓う。

サングレーザー(Sungrazer)

マイラーズカップ 2018 サングレーザー

サングレーザー・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:マンティスハント
母父:Deputy Minister
主な勝鞍:2018年・札幌記念
馬名の由来:太陽の近くをかすめるように通る彗星

G1勝ちこそないものの実力は疑う余地はない。
強敵を下し悲願のG1取りなるか。
鞍上にはF.ミナリク騎手を迎える予定。

キセキ(Kiseki)

菊花賞 2017 キセキ

キセキ・5歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2017年・菊花賞
馬名の由来:奇跡

昨年秋は驚愕タイムが出たジャパンカップで2着に入るなどG1を大いに盛り上げた1頭。
マイペースの逃げに持ち込めれば。

アルアイン(Al Ain)

皐月賞 2017 アルアイン

アルアイン・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ
母父:Essence of Dubai
主な勝鞍:2017年・皐月賞
馬名の由来:UAE東部にある遺跡群で、ユネスコ世界遺産。アラビア語で泉の意

昨年は勝ち馬と0.2秒差の3着。
勝ちきれない競馬が続くも、安定感は抜群。

ステルヴィオ(Stelvio)

マイルcs 2018 ステルヴィオ

ステルヴィオ・4歳牡馬
父:ロードカナロア
母:ラルケット
母父:ファルブラヴ
主な勝鞍:2018年・マイルチャンピオンシップ
馬名の由来:イタリア北部にある国立公園

昨年秋のマイル王が中距離戦に参戦。
決め手勝負なら。

スティッフェリオ(Stiffelio)

福島記念 2018 スティッフェリオ

スティッフェリオ・5歳牡馬
父:ステイゴールド
母:シリアスアティテュード
母父:Mtoto
主な勝鞍:2019年・小倉大賞典
馬名の由来:オペラ作品名。近年発見され蘇った名作でシリアスな内容

G3の福島記念、小倉大賞典を連勝。
一気にメンバーが強化されるG1戦でどこまでやれるか。

エアウィンザー(Air Windsor)

チャレンジカップ 2018 エアウィンザー

エアウィンザー・5歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:エアメサイア
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2018年・チャレンジカップ
馬名の由来:冠名+ウィンザー城より

昨年のチャレンジカップでうれしい重賞初制覇を果たした。
良血開花の時迫る。
浜中騎手とのコンビが発表されている。

エポカドーロ(Epoca d’Oro)

皐月賞 2018 エポカドーロ

エポカドーロ・4歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:ダイワパッション
母父:フォーティナイナー
主な勝鞍:2018年・皐月賞
馬名の由来:黄金の時代(伊)。父名、母父名より連想

昨年のダービー2着以降馬券圏内なし。
叩き2戦目で上積みは?

マカヒキ(Makahiki)

マカヒキ 日本ダービー

マカヒキ・6歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・日本ダービー
馬名の由来:ハワイの収穫祭

2016年のニエル賞以降勝ち星から遠ざかっている。
復活のきっかけをつかんでほしい。

主な回避馬

ダノンプレミアム(Danon Premium)

朝日杯フューチュリティステークス 2017 ダノンプレミアム

ダノンプレミアム・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:インディアナギャル
母父:Intikhab
主な勝鞍:2017年・朝日杯フューチュリティステークス
馬名の由来:冠名+高品質。格別な働きを期待して

前哨戦の金鯱賞を制すものの、大阪杯に登録なし。
今後はマイラーズカップから安田記念に進む予定。

アーモンドアイ(Almond Eye)

桜花賞 2018 アーモンドアイ

アーモンドアイ・4歳牝馬
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2018年・ジャパンカップ
馬名の由来:美人とされる顔の目の形

ルメール騎手とのコンビでドバイターフに参戦を決めている。
異国の地でどのようなレースを見せてくれるか。

レイデオロ(Rey de Oro)

日本ダービー 2017 レイデオロ

レイデオロ・5歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2018年・天皇賞秋
馬名の由来:黄金の王(西)。父名、母名より連想

今年もドバイシーマクラシック参戦することが発表されている。

スワーヴリチャード(Suave Richard)

スワーヴリチャード

スワーヴリチャード・5歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2018年・大阪杯
馬名の由来:冠名+人名より

前年度の大阪杯覇者は中山記念からドバイシーマクラシックに向かうことを表明している。

ウインブライト(Win Bright)

中山記念 2018 ウインブライト

ウインブライト・5歳牡馬
父:ステイゴールド
母:サマーエタニティ
母父:アドマイヤコジーン
主な勝鞍:2019年・中山記念
馬名の由来:冠名+輝かしい

中山記念優勝で大阪杯の優先出走権を獲得したものの回避。
次走は香港で行われるクイーンエリザベス2世カップへ向かう予定。

モズカッチャン(Mozu Katchan)

エリザベス女王杯 2017 モズカッチャン

モズカッチャン・5歳牝馬
父:ハービンジャー
母:サイトディーラー
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2017年・エリザベス女王杯
馬名の由来:冠名+人名愛称

前走の疲れが取れず大阪杯回避を決めた。
3月21日に右前浅屈腱炎を発症したため引退することが発表された。

前哨戦

2019年2月10日(日)京都記念(GII)

1着:ダンビュライト
2着:ステイフーリッシュ(クビ)
3着:マカヒキ(クビ)

勝ちタイム:2.14.8
優勝騎手:松若 風馬
馬場:良

京都記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の京都記念の着順は1着:ダンビュライト、2着:ステイフーリッシュ、3着:マカヒキとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年2月17日(日)小倉大賞典(GIII)

1着:スティッフェリオ
2着:タニノフランケル(クビ)
3着:サイモンラムセス(1-1/2馬身)

勝ちタイム:1.46.7
優勝騎手:丸山 元気
馬場:良

小倉大賞典2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の小倉大賞典の着順は1着:スティッフェリオ、2着:タニノフランケル、3着:サイモンラムセスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年2月24日(日)中山記念(GII)

1着:ウインブライト(優先出走権獲得
2着:ラッキーライラック(クビ)
3着:ステルヴィオ(アタマ)

勝ちタイム:1.45.5
優勝騎手:松岡 正海
馬場:良

中山記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の中山記念の着順は1着:ウインブライト、2着:ラッキーライラック、3着:ステルヴィオとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年3月10日(日)金鯱賞(GII)

1着:ダノンプレミアム(優先出走権獲得
2着:リスグラシュー(1-1/4馬身)
3着:エアウィンザー(3/4馬身)

勝ちタイム:2.00.1
優勝騎手:川田 将雅
馬場:稍重

金鯱賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の金鯱賞の着順は1着:ダノンプレミアム、2着:リスグラシュー、3着:エアウィンザーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

大阪杯の日程・賞金

【産経大阪杯 2016】動画・結果/アンビシャスが豪華メンバーの一戦を制する

第63回 大阪杯(Osaka Hai)
2019年3月31日(日)阪神競馬場
格:G1 1着本賞金:12,000万円
年齢:4歳以上 距離:2,000m(芝・右)

2017年からG1に昇格。
G2時代からメンバーが揃い、好レースになることが多い。
今年も見ごたえある一戦になることを期待したい。

プレイバック

大阪杯 2018 スワーヴリチャード

2018年の大阪杯を制したのは「スワーヴリチャード(Suave Richard)」。3コーナーから動く積極的な競馬を見せ見事G1初制覇を果たした。

2018年4月1日(日)大阪杯(GI)

1着:スワーヴリチャード
2着:ペルシアンナイト(3/4馬身)
3着:アルアイン(1/2馬身)
4着:ヤマカツエース(1-1/2馬身)
5着:ミッキースワロー(クビ)

勝ちタイム:1.58.2
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

2018年・大阪杯
大阪杯 2018の動画・結果です。大阪杯の結果は1着:スワーヴリチャード、2着:ペルシアンナイト、3着:アルアイン。「スワーヴリチャード」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

大阪杯 2018の動画・結果です。大阪杯の結果は1着:スワーヴリチャード、2着:ペルシアンナイト、3着:アルアイン。「スワーヴリチャード」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする