【大阪杯2020】出走予定馬・予想オッズ・結果/新中距離王が決まる

大阪杯2019 アルアイン

大阪杯は2020年4月5日に阪神競馬場で行われる春の中距離王を決める一戦。2020年で第64回を迎え、豪華メンバーが集結。昨年はアルアインが制した。大阪杯の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

新中距離王が決まる豪華な一戦
スポンサーリンク

2020年・大阪杯の結果は!?

大阪杯2020 ラッキーライラック

2020年の大阪杯を制したのは『ラッキーライラック(Lucky Lilac)』。M.デムーロ騎手が手綱を執った2番人気のラッキーライラックが抜群の手応えで抜け出しG1・3勝目を飾った。
2着にはクビ差でクロノジェネシス、さらにクビ差の3着にはダノンキングリーが入った。

大阪杯(GI)

1着:ラッキーライラック
2着:クロノジェネシス(クビ)
3着:ダノンキングリー(クビ)
4着:カデナ(3/4馬身)
5着:ワグネリアン(1-1/4馬身)

勝ちタイム:1.58.4
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

2020年・大阪杯の全着順、コメントもチェック!
大阪杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の大阪杯の着順は1着:ラッキーライラック、2着:クロノジェネシス、3着:ダノンキングリーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・大阪杯の出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
大阪杯の枠順決定!(4月3日)

大阪杯2020 枠順

2020年・大阪杯の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではダノンキングリーが6枠8番、クロノジェネシスは8枠12番、ラッキーライラックは5枠5番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

大阪杯の前日最終オッズは?!(4月4日)

大阪杯2020 前日最終オッズ

4月4日にJRAから発表された大阪杯の前日最終オッズです。
1番人気はダノンキングリーで3.5倍、2番人気はブラストワンピースが4.8倍、3番人気にはクロノジェネシスが5.1倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

大阪杯2020・出走馬の調教後の馬体重(4月2日)

大阪杯2020 調教後の馬体重

2020年4月2日にJRAより大阪杯出走馬の調教後における馬体重が発表されました。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2020年・大阪杯の追い切り・コメントをチェック!
大阪杯2020の追い切り・コメントの記事です。大阪杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(4月2日)

2020年・大阪杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

  • カデナ(鮫島克駿)
  • クロノジェネシス(北村友一)
  • サトノソルタス(藤岡康太)
  • ジナンボー(藤岡佑介)
  • ステイフーリッシュ(岩田康誠)
  • ダノンキングリー(横山典弘)
  • ブラストワンピース(川田将雅)
  • マカヒキ(L.ヒューイットソン)
  • ラッキーライラック(M.デムーロ)
  • レッドジェニアル(酒井学)
  • ロードマイウェイ(武豊
  • ワグネリアン(福永祐一)
回避馬
  • ヴェロックス(浜中俊)
  • クレッシェンドラヴ(内田博幸)
大阪杯・注目馬ピックアップ

2020年・大阪杯の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ワグネリアン(Wagnerian)

ワグネリアン

ワグネリアン・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・日本ダービー
馬名の由来:ワーグナーファンの意味

近年はG1で好走どまり。
ダービー以来の美酒を。

ラッキーライラック(Lucky Lilac)

エリザベス女王杯2019 ラッキーライラック

ラッキーライラック・5歳牝馬
父:オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
主な勝鞍:2019年・エリザベス女王杯
馬名の由来:五弁のライラックの花(幸運のシンボル)

昨年はエリザベス女王杯を制し、香港ヴァーズでも2着と復活を印象付けるシーズンを送った。
今度は牡馬相手にG1制覇だ。

クロノジェネシス(Chrono Genesis)

秋華賞2019 クロノジェネシス

クロノジェネシス・4歳牝馬
父:バゴ
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
主な勝鞍:2019年・秋華賞
馬名の由来:母名より+創世記

昨年の秋華賞でG1初制覇。
2000m戦なら牡馬相手でも。

ダノンキングリー(Danon Kingly)

毎日王冠2019 ダノンキングリー

ダノンキングリー・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:マイグッドネス
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2020年・中山記念
馬名の由来:冠名+王にふさわしい。王位に君臨することを願って

今年初戦となった中山記念では並みいるG1馬を下し3つ目の重賞タイトルを手にした。
今度こそ王位の座に。

ブラストワンピース(Blast Onepiece)

有馬記念2018 ブラストワンピース

ブラストワンピース・5歳牡馬
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・有馬記念
馬名の由来:突風+母名の一部

昨年は1番人気で6着。
今年こそ。

ロードマイウェイ(Lord My Way)

チャレンジカップ2019 ロードマイウェイ

ロードマイウェイ・4歳牡馬
父:ジャスタウェイ
母:フェリス
母父:ジャングルポケット
主な勝鞍:2019年・チャレンジカップ
馬名の由来:冠名+我が道

武豊騎手との新コンビでG1初挑戦。

マカヒキ(Makahiki)

マカヒキ 日本ダービー

マカヒキ・7歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・日本ダービー
馬名の由来:ハワイの収穫祭

ジャパンカップでは復活を感じさせる末脚で4着。
大阪杯はこれまで2回挑戦していずれも4着で、今年はそれ以上の成績を狙う。

カデナ(Cadenas)

小倉大賞典2020 カデナ

カデナ・6歳牡馬
父:ディープインパクト
母:フレンチリヴィエラ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2017年・弥生賞
馬名の由来:南京錠(仏)

今年の小倉大賞典を制し3年ぶりの勝利を挙げた。
強敵揃うG1でどこまでやれるか。

レッドジェニアル(Red Genial)

京都新聞杯2019 レッドジェニアル

レッドジェニアル・4歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:レッドアゲート
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2019年・京都新聞杯
馬名の由来:冠名+素晴らしい(仏)。王道を突き進む快進撃を期待して

再び酒井騎手とのコンビでG1挑戦。

主な回避馬

サートゥルナーリア(Saturnalia)

皐月賞2019 サートゥルナーリア

サートゥルナーリア・4歳牡馬
父:ロードカナロア
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2019年・皐月賞
馬名の由来:公現祭での行事の基礎ともなった古代ローマの祭り。母名より連想

前哨戦の金鯱賞を制したが大阪杯はパス。
今後は香港で行われるクイーンエリザベス2世カップの情勢を見つつ、宝塚記念を本線にするとのこと。

ヴェロックス(Velox)

ヴェロックス

ヴェロックス・4歳牡馬
父:ジャスタウェイ
母:セルキス
母父:Monsun
主な勝鞍:2019年・若葉ステークス
馬名の由来:素早い(ラテン語)

登録があるヴェロックスは脚部不安で回避が決まった。
今後は放牧に出され、復帰戦については未定となっている。

前哨戦

京都記念

1着:クロノジェネシス
2着:カレンブーケドール(2-1/2馬身)
3着:ステイフーリッシュ(1-3/4馬身)

勝ちタイム:2.16.4
優勝騎手:北村 友一
馬場:重

小倉大賞典

1着:カデナ
2着:ドゥオーモ(1-3/4馬身)
3着:ジナンボー(クビ)

勝ちタイム:1.48.3
優勝騎手:鮫島 克駿
馬場:良

中山記念

1着:ダノンキングリー
2着:ラッキーライラック(1-3/4馬身)
3着:ソウルスターリング(クビ)

勝ちタイム:1.46.3
優勝騎手:横山 典弘
馬場:良

金鯱賞

1着:サートゥルナーリア
2着:サトノソルタス(2馬身)
3着:ダイワキャグニー(3/4馬身)

勝ちタイム:2.01.6
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

大阪杯2020の予想オッズ

予想オッズ

2020年・大阪杯の予想オッズはこのように予想しています。
前哨戦の中山記念を快勝したダノンキングリーが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. ダノンキングリー(2.5)
  2. クロノジェネシス(3.0)
  3. ブラストワンピース(3.5)
  4. ラッキーライラック(5.0)
  5. ワグネリアン(6.5)
  6. ロードマイウェイ(20.0)
  7. マカヒキ(35.0)
  8. ステイフーリッシュ(45.0)
  9. カデナ(☆)
  10. サトノソルタス(☆)
  11. ジナンボー(☆)
  12. レッドジェニアル(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

大阪杯の日程・賞金

【産経大阪杯 2016】動画・結果/アンビシャスが豪華メンバーの一戦を制する

第64回 大阪杯(Osaka Hai)

2020年4月5日(日)阪神競馬場
格:G1 1着本賞金:1億2,000万円
年齢:4歳以上 距離:2,000m(芝・右)

2017年からG1に昇格。
G2時代からメンバーが揃い、好レースになることが多い。
今年も見ごたえある一戦になることを期待したい。

大阪杯・プレイバック

大阪杯2019 アルアイン

2019年の大阪杯を制したのは『アルアイン(Al Ain)』。ゴール前の接戦を制し北村友一騎手にG1初勝利をプレゼントした。
クビ差の2着にキセキ、さらにクビ差の3着にはワグネリアンが入った。G1馬が8頭揃った豪華なG1戦は皐月賞馬の復活Vで幕を閉じた。

大阪杯(GI)

1着:アルアイン
2着:キセキ(クビ)
3着:ワグネリアン(クビ)
4着:マカヒキ(3/4馬身)
5着:エアウィンザー(クビ)

勝ちタイム:2.01.0
優勝騎手:北村 友一
馬場:良

2019年・大阪杯
大阪杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の大阪杯の着順は1着:アルアイン、2着:キセキ、3着:ワグネリアンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする