【菊花賞2023】追い切り・コメント/調教を見てわかる事

菊花賞2023 追い切り

菊花賞2023の追い切り・コメントの記事です。菊花賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

調教を見てわかる事

2023年10月22日(日) | 2回京都7日 | 15:40 発走
第84回 菊花賞(GI)芝・右 3000m
Kikuka Sho(Japanese St. Leger) (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・菊花賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
菊花賞は2024年10月20日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2024年で第85回を迎え、昨年はドゥレッツァが優勝した。菊花賞の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも富士ステークスが開催される。
富士ステークスは2023年10月21日に東京競馬場で行われる秋のマイル路線を占う一戦。富士ステークスは2023年で第26回を迎え、昨年はセリフォスが優勝した。富士ステークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

菊花賞2023の追い切りをチェック!

菊花賞2023 追い切り

菊花賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
富士ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。富士Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
ウインオーディン

1週前追い切り
美浦・南W・良(三浦)
6F 84.0-67.7-52.6-38.0-11.9(馬なり)
クロスライセンス(直一杯)の外0.8秒先行・0.4秒先着

鹿戸調教師
「手応え良く伸びて順調に来ている。まだ若干余裕があるけど、来週サッとやればちょうど良くなると思う」

最終追い切り
美浦・南W・良(三浦)
6F 82.5-67.1-52.2-37.5-11.7(馬なり)

鹿戸調教師
「先週は少し重めだったが、これでちょうど良くなる。夏場の放牧明けのように体が減ることもなく、順調に来ている。最近は気性が成長して折り合いもつくようになった。長距離にも対応できそうだ」
1枠2番について
水出助手
「いいんじゃないでしょうか。スタートは速い方ではないですから後ろからになるかもしれませんが、壁をつくって壁をつくって、かからずに進んでいけば、しまいを生かす感じになると思います」
サヴォーナ

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 82.9-68.1-53.2-38.1-12.2(一杯)
プリモスペランツァ(一杯)の内0.6秒追走・0.6秒先着

柴田助手
「CWコース併せ馬で動きは良かった。折り合いがつくので3000メートルは心配ない。長く脚を使えるので京都も合うと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.8-38.1-24.6-12.1(強め)

中竹調教師
「柔軟さがあって馬体の張りもいい。今朝も負荷をかけて完璧な状態に仕上がったね。京都は上がりが速いのでそこに対応できるかがカギ。馬場は悪くなったほうがいい」

伊藤助手
「レースも10キロくらい増えるんじゃないかな。春先は中山、東京へ3度の輸送があって馬体も見るからに細かったからね。数字は増えているけど、胸前、トモに筋肉がついてまったく太い感じはない。1週前追いはウッドでビシッとやったけど、馬が初めてのトラック追いで分かっていない感じもあっただけ。今週の坂路の動きがものすごく良くて前回から思っていた以上に馬が変わってきた」

4枠8番について
中竹調教師
「乗り役に任せるから気にしてなかった。外枠よりはいいし、謙一(池添騎手)が乗りやすいと思う。先週強く負荷をかけてから、こんなに良くなるかなというぐらい。アカイイトがエリザベス女王杯を勝った時の感覚以上」
サトノグランツ

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 84.8-69.0-53.2-37.0-11.1(強め)
フライライクバード(強め)の内0.4秒追走・同入

友道調教師
「間隔は詰まっているけど、いい追い切りができた。脚元や馬体にダメージもなく順調」

大江助手
「中間も順調ですね。いつもと変わらずに順調に回復しましたよ。しっかりと走れるようになってきましたし、体幹がしっかりとしました。ひと夏を越しての成長を感じます。京都コースは心配していません。折り合いにも問題はありませんので。この馬の持ち味を生かせるのは、長く脚を使う状況ですね。できれば良馬場で競馬を」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.7-38.4-25.0-12.3(馬なり)

友道調教師
「見ていて『遅いかな』と思ったけど、思っているより時計が速かった。本当に具合はいいと思います。折り合いがつくし、スタミナもあるし、前回を見ていると最後の瞬発力もあります。3拍子そろって長距離は向いていると思います」
「変わりなくきている。カイバも食べているし、前走より今回の方がいい」
6枠11番について
大江助手
「この馬はスタートが下手ではないので外過ぎるのは嫌だったけど、ここなら大丈夫。ホッとしています。外枠はダービーのこともありますからね。春からここが最大の目標だったし、胸を張れる成績で臨める」
ショウナンバシット

1週前追い切り
栗東・CW・良(M.デムーロ)
6F 81.1-66.1-51.5-36.9-11.6(一杯)

M.デムーロ騎手
「今朝は単走。しまい重点でよく動けていました。じりじり脚を使うので、距離が延びるのは良さそうです」

最終追い切り
栗東・CW・良(秋山真)
5F 66.5-50.9-36.3-11.6(馬なり)
ベルクレスタ(馬なり)の外0.5秒先行・同入

須貝調教師
「疲れを残さないように追い切れたし、ちょうどいいと思う。いい筋肉がついて丸みを帯びてきた。3000メートルの距離でしぶとさを生かせれば」

榎本助手
「反動もなく、回復も早かった。体調はいいと思います」

8枠16番について
北村助手
「内を見ながらゆったり運べれば。引っ掛かるところもないし距離が延びるのは問題ないと思う」
シーズンリッチ

1週前追い切り
栗東・CW・良(角田河)
6F 82.5-66.8-52.6-37.6-12.1(直強め)

角田河騎手
「気が入りやすいので今朝はメンコを着けて追い切り。凄く折り合いがつきました。前走を使ってガス抜きができていると思います」

山﨑助手
「(栗東トレセンに滞在について)だいぶ、環境に慣れてきましたね。体重自体は変わりませんが、体がしっかりとしてきましたし、体調はアップしています。(前走は)3コーナーくらいまで力んでいましたので。手応えは良くても伸びなかったのは仕方がありません。スタミナはあるので折り合い次第です。ダービーでも最初はハミをかんでいましたが、あれだけ粘りましたから。前にカベをつくる競馬なら」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 85.2-68.4-53.9-38.6-12.3(馬なり)

山崎助手
「今朝はしまい重点で速くなり過ぎないように調整。最後もしっかり伸びて動きは良かったです。(前走は)終始ハミがかかって脚をためる場面がなかった。毎日杯を勝った時のように前に壁をつくってリズム良く運べば」
2枠3番について
池内助手
「いい枠に入った。折り合いの心配がないので、自分のリズムで」
ソールオリエンス

1週前追い切り
美浦・南W・良(横山武)
6F 80.6-65.7-51.6-37.1-11.7(G前仕掛け)
ウインマリリン(末強め)の内1.2秒追走・同入

横山武騎手
「前走で春に比べ後ろ脚がしっかりしてきたと感じた。その出来をキープしています。(前走は)3000メートルを意識した競馬で得るものはありました。適性より長くなるが、こなせる範囲内です」

手塚調教師
「いい形の稽古ができて良かった。イメージ通りにきており、雰囲気がいいね。輸送を含めると、前走(460キロ)と同じくらいの体で出走できるんじゃないかな。ただ、今日はパサパサの走りづらい馬場で、マリリンは少しノメっていた」

最終追い切り
美浦・南W・良(横山武)
6F 82.7-67.3-52.2-37.6-11.5(馬なり)
アナンシエーション(馬なり)の内1.6秒追走・0.1秒先着

横山武騎手
「当週なので変にテンションを上げすぎず、最後だけ併せる感じで、したい調教ができました。いい結果を出したいと思います。ダービーは残念な結果でしたけど、そのリベンジができればいいと思います」

名畑助手
「(金曜日の輸送は)渋滞で到着が遅れましたが、馬運車ではおとなしかった。輸送も無事にクリアしてくれましたね」

7枠14番について
平塚助手
「もう少し内でも良かったと思いますが、どこでも大丈夫です。春に比べて折り合いがつくようになりました。前走の経験が生きれば。あとはジョッキー(横山武)にお任せします」
タスティエーラ

1週前追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 80.5-64.5-50.4-35.9-11.2(G前仕掛け)
レヴァンジル(強め)の内0.6秒追走・0.4秒先着

堀調教師
「自分からハミを取ってすんなりと無理なく加速していました。右手前に替えると右側を頼っていましたが、モタれたわけではないので印象としては良かったです」
「今夏は暑かったので、休み明けの臨戦は、むしろアドバンテージ。ウイークポイントだった背中の痛み、歩様などは春より良くなっている。リフレッシュしていい状態。自分からハミを取って、すんなり無理なく加速していた。(3000m戦については)スタミナはありそうですし、しぶとく伸びるので止まる感じはしません」

最終追い切り
美浦・南W・良(モレイラ)
6F 81.4-65.4-50.4-36.2-11.7(馬なり)
カフェクロニクル(末強め)の内0.4秒追走・同入

モレイラ騎手
「非常に良かったです。フィットネス、動きもすごくいい。菊花賞で乗るのを楽しみにしています。ダービー馬ということで能力が高いと思っているし、賢いタイプでコントロールもしやすく、指示どおりに走ってくれました」

堀調教師
「先週でほぼ心肺機能や反応も良くなって、態勢が整ってきたので、モレイラ騎手に馬をしっかりと把握してもらいたいと思いました。父のサトノクラウンには(香港やドバイ遠征で)乗っていましたが、全く違う個性なので。春は抜け出すとソラを使う(気を抜く)部分があったので、残り1ハロンで抜け出す場面を作って確認しましたが、そういった面は見せませんでした。また、以前は追い切り後に必ずDDSP(喉の疾患)がありましたが、今週は全く症状がなかったです」

高橋智助手
「(輸送に関して)少し渋滞しましたが、車内で終始落ち着いていましたし、雰囲気はいいですね。いつも(美浦で)少し残すので、課題はカイバを食べるかと環境に慣れてくれるか」

ダノントルネード

1週前追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 55.6-39.8-25.1-12.1(馬なり)

福永助手
「折り合いに問題がないタイプなので、距離には対応してくれると思っています」

最終追い切り
栗東・CW・良(西村淳)
7F 97.1-65.4-51.4-37.1-11.7(一杯)
ミッキーチャレンジ(一杯)の内0.2秒追走・0.3秒先着

福永助手
「今朝は体を十分に動かせるようにジョッキー騎乗の併せ馬でしっかりめに。このひと追いで態勢は整うとみています。距離は走ってみないと分からないが、折り合いに問題のないタイプなので対応してくれると思います」
2枠4番について
福永助手
「折り合いに課題がないタイプなので対応してくれるとみています」
ドゥレッツァ

1週前追い切り
美浦・南W・良(蓑島)
5F 65.6-51.0-37.1-11.6(馬なり)
インヴァリアンス(強め)の外0.4秒追走・0.8秒先着

尾関調教師
「しっかりと手前も替えて、1週前としてはいい動きでした」
「動き自体は言うことがない。本質的にステイヤーではないかもしれないが、折り合いはつくので距離の融通は利く」

最終追い切り
美浦・南W・良(ルメール)
6F 81.9-65.5-50.5-36.3-11.4(馬なり)
クロミナンス(強め)の外0.6秒追走・0.1秒先着

ルメール騎手
「状態は良さそうですね。動きは良かったし、すごくいい脚を使ってくれました。皐月賞やダービーを勝った馬がいてここは大きな挑戦。でも、3000メートルも問題なさそうだし、馬も強くなってきたからね。チャンスはあるよ」

尾関調教師
「反動や疲れもなくフレッシュないい状態で臨めそうです。手前を替えるのも問題なさそうですね。前走から2か月がたっていますが馬も成長していますし、精神的にも落ち着いているので期待しています。とにかくいい状態ですからね」

8枠17番について
尾関調教師
「コース形態的に外枠はいいところがないですからね。前回の菊花賞のグローリーヴェイズも外枠(18年、8枠18番=5着)でしたから。中途半端な外枠よりは最後入れの外枠ですし、脚質的に後ろの馬なので対応できるのでは。ジョッキー(ルメール)もわかってくれていますしね」
トップナイフ

1週前追い切り
栗東・CW・良(横山典)
7F 95.8-65.8-51.7-37.0-12.0(一杯)
ヒルノエドワード(強め)の内0.9秒追走・0.6秒先着

昆調教師
「札幌記念(2着)の後、ゆっくりと間隔を空けてリフレッシュができている。いい精神状態を保てていると思います」

黒羽根助手
「順調ですし、前回よりも馬は良くなっています。(横山)典さんも『春先よりも良くなっている』と言ってくれていますから。体つきは変わりませんが、全体的なバランスが良くなっていますね。ひっかかる馬ではないですし(距離対応は)血統よりも気性のほうが大事だと思うので。緩い馬場もこなしますから。どんな競馬でもできますからね」

最終追い切り
栗東・CW・良(横山典)
6F 83.6-68.4-53.7-38.6-12.4(馬なり)

昆調教師
「皐月賞、ダービーに比べて今回のほうがいい。普通にゲートを切れれば乗りやすい馬でどんな競馬もできる」

黒羽根助手
「元気いっぱい。気合も乗っているし、不安なく来られています」

1枠1番について
昆助手
「めちゃくちゃ欲しかった枠。両隣に馬がいるとスタートして寄せられる可能性がありますから。舞台としても、ロスなく運べるのが一番ですから。春に比べてバランスが良くなり、乗りやすくなっています。操縦性の良さが長所。スタートを五分に決めたいですね」
ナイトインロンドン

1週前追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 83.4-67.9-51.8-36.8-11.9(一杯)
ストキャスティーク(馬なり)の内0.3秒追走・同入

大竹調教師
「前走はパドックで気合が入りすぎてイレ込んでしまった。その後は在厩調整。若干重いけど、週末と来週やればちょうど良くなるはず」

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
4F 52.3-37.1-11.5(馬なり)
ストキャスティーク(強め)の外0.2秒追走・同入

大竹調教師
「先週で気持ちは整っていますし、輸送もあるので無理しない程度。かなり活気があっていいですね」
7枠13番について
大竹調教師
「枠はどこでもよかったです。偶数奇数にもこだわりはないですし、自分の競馬に徹してくれれば」
ノッキングポイント

1週前追い切り
美浦・南W・稍重(北村宏)
7F 97.2-66.0-51.4-37.4-11.6(馬なり)
アヴェラーレ(末強め)の内0.3秒追走・同入

木村調教師
「多少、雑になってもいいので大きめに動かした。呼吸を整えたかったので。前走はいい競馬だったし、まだふらふらするところがあったので伸びしろがあると思っています。中間はトラブルなく来られている」

最終追い切り
美浦・南W・良(北村宏)
6F 84.5-68.3-53.5-38.5-11.5(馬なり)
レガレイラ(馬なり)の内・同入

北村宏騎手
「1週前の時点でフォームがよくなっていると思いましたし、かなり変わっていると感じました。今週も時計よりはリズムを重視しました。ここ2週の走りから距離もうまく対応できると思います。この馬の走りができれば、いい結果になると思います」

木村調教師
「リズム良く回ってこられました。前走は夏真っ盛りでしたが、調教のしやすい気候になってきて、馬の毛づやも良くなってきています」

太田助手
「(1週前追い切りで)ジョッキーも“これなら”と距離延長への手応えをつかんでくれたよう。前向きな気持ちでレースに臨んでもらえそうです」

5枠9番について
木村調教師
「いつも通り、与えられた枠で頑張るだけですね。(3戦連続の奇数馬番には)ここ2戦はスタートも上手に出てくれていますから」
パクスオトマニカ

1週前追い切り
美浦・南W・良(田辺)
6F 82.9-66.8-52.4-38.1-11.9(一杯)
シェットランド(馬なり)の内1.0秒追走・同入

田辺騎手
「この馬なりに動いている。涼しくなって負荷をかけられるようになったし、(体調が)だいぶ戻ってきた感じ」
「調教では目立たないので動きはいつも通り。自分の形に持ち込めるかどうか。ハナに行こうと思っている」

最終追い切り
美浦・南W・良(田辺)
6F 85.8-69.4-54.5-39.3-11.7(馬なり)
リラックス(馬なり)の内0.6秒追走・0.1秒先着

田辺騎手
「めりはりをつけるためにブリンカー着用で追い切った。調教で目立つタイプではないが、動きは悪くなかった」
3枠5番について
池内助手
「(同きゅう舎のシーズンリッチと共に)この馬もいい枠ですね。前走は力んでいた。うまく前に壁をつくってレースできれば」
ハーツコンチェルト

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 82.4-66.6-51.9-36.8-11.4(直強め)
ウインメラナイト(一杯)の内0.9秒追走・同入

武井調教師
「今朝の動きが言うことなく、落ち着きもある。前走後は疲れも見えたが、うまく乗り越えて今は活気もありますよ」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 83.8-67.6-53.3-38.0-12.2(馬なり)

武井調教師
「折り合いもついていたし、手前を替えてからもスムーズでした。先週より元気が出たのが何より。前走後は疲れが出ていたけど、疲れが癒えて上積みを感じます」
6枠12番について
武井調教師
「緑帽子が勝負服(グリーンファーム=緑地に黒の横線)に合って見栄えしそうですね。枠はどこでも良かったけど、内で包まれるよりは外めのほうがいい。松山くんに『勝てる作戦を考えていて』とメールしたら『勝ちます』と返ってきました」
ファントムシーフ

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 84.0-68.1-52.4-37.0-11.1(強め)
アンモード(一杯)の外2.7秒先行・0.5秒先着

梛木助手
「今朝はやり過ぎないようにというテーマ。それでも迫力のあるフットワークでパワフルな走りでした。前走を使っていい意味でピリッとしてきました」
「折り合いはつくので、リズム良く運びたいですね。普段の調整から、ムキになるところがないですからね。3000メートルはこなせると思っています。スタミナもありますから」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.4-39.9-24.9-11.9(強め)

武豊騎手
「チャンスのある1頭。ダービーはいいレースができなかった。なんとか菊花賞でという気持ちが強いです」

梛木助手
「全体時計が55秒くらいの指示でした。軽くなりすぎないようにしまいを伸ばす形。動きは良かったですね。状態面は変わらないですし、集中力も保てているので巻き返しを期待したいですね」
「折り合いもついていたし、ペースアップの脚どりも力強かった。本当にいい状態で送り出せます」

8枠15番について
梛木助手
「もう少し内のほうが気分的に良かった。奇数枠だった前走もゲート内で我慢できていたし、スタートが出ればある程度いいポジションも取れそう」
マイネルラウレア

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 84.3-68.1-52.7-37.2-11.7(馬なり)
テーオーヴィヴァン(強め)の内0.7秒追走・同入

宮調教師
「前回よりもいい感じ。動きや雰囲気も良くなっています。距離は未知数だけど、こなせると思っています」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.8-37.9-24.5-12.4(強め)
ホウオウエクレール(一杯)を0.8秒追走・0.1秒先着

宮調教師
「前走とは全然違う。動きも体も良くなった。父の影響が強く出ているようで、距離ももちそう」
5枠10番について
増井雅助手
「枠にはこだわらない。折り合いに問題ないのが良さ。坂の下りを生かして加速できれば」
リビアングラス

1週前追い切り
栗東・CW・良(坂井瑠)
7F 7F 94.8-64.5-51.0-37.2-11.8(一杯)
ユニコーンライオン(一杯)の外0.6秒先行・0.2秒先着

甲斐助手
「今朝は併せ馬でいい時計が出て、しっかり動けていました。もう少し絞れてほしいけど、春に比べて体に実が入ってきました」

最終追い切り
栗東・坂路・良(坂井瑠)
800m 53.5-38.8-25.0-12.1(馬なり)

矢作調教師
「弾んでいたね。とてもいい動きだった。体も毛ヅヤもいい。まだ底を見せていないと思っている。あとはクラシック上位組との力関係だけ」

甲斐助手
「予定通りです。仕上がりもいいと思う」

3枠6番について
安藤助手
「すぐコーナーだから内枠で良かった。気にしてなかったが偶数もいいね」

2023年・菊花賞の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 菊花賞|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・菊花賞の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はハーツコンチェルトに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/22・6/23)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
天皇賞秋は2024年10月27日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2024年で第170回を迎え、昨年はイクイノックスが制した。天皇賞秋の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
エリザベス女王杯は2024年11月10日に京都競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2024年で第49回を迎え、昨年はブレイディヴェーグが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。