【毎日王冠2023】追い切り・コメント/動きを見極め勝利に近づけ

毎日王冠2023 追い切り

毎日王冠2023の追い切り・コメントの記事です。毎日王冠の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2023年10月8日(日) | 4回東京2日 | 15:45 発走
第74回 毎日王冠(GII)芝・左 1800m
Mainichi Okan (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・毎日王冠の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
毎日王冠2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の毎日王冠の着順は1着:サリオス、2着:ジャスティンカフェ、3着:ダノンザキッドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
関連記事
今週は他にも京都大賞典などが開催される。
サウジアラビアロイヤルカップは2023年10月7日に東京競馬場で行われる2歳限定のマイル戦。サウジアラビアRCは2023年で第9回を迎え、昨年はドルチェモアが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
京都大賞典は2023年10月9日に京都競馬場で行われる有力馬の秋の始動戦。京都大賞典は2023年で第58回を迎え、秋のG1戦線の中心となっていく馬が出走してくる。昨年はヴェラアズールが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

毎日王冠2023の追い切りをチェック!

毎日王冠2023 追い切り

毎日王冠に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
サウジアラビアロイヤルカップ2023の追い切り・コメントの記事です。サウジアラビアRCの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
京都大賞典2023の追い切り・コメントの記事です。京都大賞典の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アドマイヤハダル

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 83.3-67.9-52.9-37.5-12.1(直強め)
ノースザワールド(末強め)の内0.6秒追走・クビ先着

大久保調教師
「しっかりと休ませたのでどうかなと思っていましたが、ここに向けてグッと良くなってきました。強過ぎず、緩過ぎずのちょうどいい調整ができましたし、いい雰囲気で向かえそう。GⅠ馬が相手になる分、道中の駆け引きがどうかだけど、自分の時計だけ走れればやれていい」

山口助手
「仕上がりはいいですし雰囲気もいい感じです。左回りも問題ないですから、なんとかもうひと押しを」

谷口助手
「輸送もあるので整える程度。悪くなかったと思います」

ウインカーネリアン

最終追い切り
美浦・南W・稍重(三浦)
6F 86.4-70.2-54.6-39.0-11.5(馬なり)
トロワシャルム(馬なり)の内1.6秒追走・同入

鹿戸調教師
「放牧先で挫石があったけど、帰厩後は順調そのもの。ひと追いごとに良くなってきたし、久々でも力を出せる仕上がりにある。距離が1ハロン延長することで楽に先行できるはずだからね」
「しまい重点で問題ない。ラスト1ハロンも11秒台で楽に走れて、状態は上がってきた」
エエヤン

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
6F 82.9-65.9-50.7-36.1-11.1(強め)

伊藤大調教師
「適度な気合乗りで、この馬本来の走りでしたし、リフレッシュ効果も感じます。体つきもだいぶ大人びてきましたね」
「1週前にビッシリやってスイッチが入ったね。しまい重点に追っていい動きでした。先のことは考えず、まずはここを勝ちにいきたいです」
「跳びが大きいので広いコースは合う」
エルトンバローズ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(西村淳)
800m 52.6-37.7-24.2-11.7(馬なり)

西村淳騎手
「先週はまだ重たいかなと思いましたが、きょうはすごくいい追い切りができました。全体的な平均点が高い馬で、ポテンシャルはある。今後はマイル路線に行くと思うが、1800メートルもこなしてくれる。左回りも2度目だし、不安はありません」

杉山晴調教師
「先週が少し重く感じたので、けさはしっかりやった。いい動きだ。日曜に左回りのCWコースで調整したが、コーナーでモタれる面がある。ここでも力差はないと思うが、やはり左回りが課題か」
「体の使い方が良くなっており、具合はめちゃくちゃいい」

田中助手
「追うごとに動きは良くなっており、順調にきている。左回りがどうかだが、力はあるので」

ジャスティンカフェ

最終追い切り
栗東・CW・稍重(調教師)
6F 87.2-70.7-54.6-38.7-11.7(馬なり)

安田翔調教師
「先週の金曜日に負荷をかけているので、レースまでの走りのバランスの調整と、気持ちを整える内容。こっちの求めている調教ができました。(前走は)本来の良さを取り戻すきっかけになればという一戦でした。前走で経験したことを生かし、どんな競馬ができるか楽しみです」
「レースへの対応力は前走以上」
シュネルマイスター

最終追い切り
美浦・南W・稍重(嶋田)
6F 83.5-67.8-52.5-37.4-11.3(G前仕掛け)
ヴァーンフリート(馬なり)の内1.2秒追走・0.2秒先着

手塚調教師
「やっと良くなった。精神的な苦しさも解消されてきて、きょうは素直だった。これで態勢は整ったと思う。先週より反応が全然良かったし、大丈夫かな。今回も出たなりでしまいを生かす形になると思う」
「時計勝負ならヒケをとらないはず。1回くらいソングラインに勝ちたいね」

名畑助手
「スイッチが入り、ハミの取り方がいいころの感じに戻ってきました。体もプラス4キロくらいで出せると思います。態勢は整ってこの馬の力は出せるはずです」

大村助手
「先週と比べるとだいぶ整って太め感もないですね。前走の安田記念は後ろから上がり最速で追い上げて、ゴールを過ぎてもっと伸びる感じがありました。千八は結果が出ている距離ですから」

ソングライン

最終追い切り
美浦・南W・稍重(戸崎)
6F 84.5-67.8-52.8-37.7-11.0(G前仕掛け)
チュウワスプリング(馬なり)の内0.7秒追走・0.4秒先着

戸崎騎手
「いいですね。ここまで3週乗せていただいてますけど、週ごとに素軽さが出てきて、反応が良くなっていい状態です」

林調教師
「ひと追いごとに研ぎ澄まされてきた」

デュガ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.5-36.0-24.1-12.7(末強め)

清水亮助手
「しまいを伸ばして、いい動き。調教では行きたがるが、実戦では大丈夫。もう一段階、良くなりそうな雰囲気はあるが順調です」
ノースザワールド

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 83.9-68.3-53.3-37.8-12.2(末強め)
アドマイヤハダル(直強め)の外0.6秒先行・クビ遅れ

谷口助手
「週末に東京まで輸送があるので整える程度の調整。併せ馬で動きは良かった。放牧でリフレッシュし、疲れは取れました」
バビット

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 52.7-38.3-24.8-12.3(馬なり)

浜田調教師
「先週がまだ重たい感じがあったので、一杯にやりました。追うごとに良くなってきています」
「ハナに行きたい。ひと雨降ってくれれば」
バラジ

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
6F 83.0-66.8-51.8-37.4-11.5(G前仕掛け)
ランドオブリバティ(馬なり)の内0.6秒追走・同入

鹿戸調教師
「若干体に余裕があるので、1コーナー過ぎまで追いました。これでちょうど仕上がると思う。調教駆けする相手に食らいついていたし、良い感じでレースを迎えられそうです」
「前走(新潟記念5着)はスタート後にカットされたし、直線でもロスがあった。デキはいいので改めて」
フェーングロッテン

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 52.8-38.2-24.9-12.5(馬なり)

宮本調教師
「いい追い切りができた。放牧で立て直してきて、涼しくなってきたのもプラスだ。2~3番手からでも大丈夫。とにかく自分のペースで走ることが大事」
「相手は強いが、大金星を狙いたい」

2023年・毎日王冠の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 毎日王冠|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・毎日王冠の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は今週、京都と盛岡で騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(12/2・12/3)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
秋華賞は2023年10月15日に京都競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2023年で第28回を迎え、昨年はスタニングローズが制した。秋華賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
菊花賞は2023年10月22日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2023年で第84回を迎え、昨年はアスクビクターモアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。