【毎日王冠2018】結果・動画/アエロリットが牡馬を蹴散らし逃げ切りV

スポンサーリンク

毎日王冠 2018 アエロリット

毎日王冠2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:アエロリット、2着:ステルヴィオ、3着:キセキとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

誰にも前を譲らない!2018年の毎日王冠はアエロリットが牡馬を蹴散らし逃げ切りV

2018年10月7日(日) | 4回東京2日 | 15:45 発走
第69回 毎日王冠(GII)芝・左 1800m
Mainichi Okan (G2)

スポンサーリンク

動画

関連記事
昨年の毎日王冠はリアルスティールが制していた。
【毎日王冠 2017】動画・結果/リアルスティールが復活の差し切りV

結果

1着:アエロリット
2着:ステルヴィオ(1-1/4馬身)
3着:キセキ(クビ)
4着:ステファノス(ハナ)
5着:ケイアイノーテック(1馬身)
6着:サトノアーサー
7着:ダイワキャグニー
8着:スズカデヴィアス
9着:サウンズオブアース
10着:サンマルティン
11着:アクションスター
12着:カツジ
13着:レアリスタ

勝ちタイム:1.44.5
優勝騎手:J.モレイラ
馬場:良

レース後のコメント

1着 アエロリット(J.モレイラ騎手)
「先頭に立つ予定はなかったが、スタートして流れをみながら先頭に立った。折り合いがついてリラックスできていたし、スムーズな競馬ができた。直線に入ってからの反応もしっかりしていた。最後の50メートルくらいでは自信が持てた。初めて日本でG2を勝ててうれしい。特別な馬になった」

2着 ステルヴィオ(C.ルメール騎手)
「リフレッシュしてテンション高かったけど、スタートを上手く出た。直線でも良い脚を使ってくれた。勝った馬が強いね。でも良い競馬が出来た。距離は2000mまでだと思います」

3着 キセキ(川田将雅騎手)
「内枠でいいポジションを取れた。早めに動かしてスタミナを生かす競馬。メンバーもそろって1頭だけ58キロ。それを考えれば、いい内容だと思う」

4着 ステファノス(福永祐一騎手)
「取りたいポジションでレースが出来た。時計が早いので抜けそうで抜けなかった」

5着 ケイアイノーテック(藤岡佑介騎手)
「スタートをしっかり出てくれて流れに乗った。次どのレースに向かうか分からないけど、たたいてもう1,2段階上がってくれないと、このクラスのGⅠではまだ厳しいかな。でも上がってこられる馬です」

6着 サトノアーサー(戸崎圭太騎手)
「スタートもたついて上手く流れに乗れなかった。休み明けなのかな。最後伸びてくる感じがなかった」

7着 ダイワキャグニー(横山典弘騎手)
「この馬のレースはできましたが、GI級の馬相手では厳しかったです。馬は春に比べて大きく変わっていませんでした」

8着 スズカデヴィアス(三浦皇成騎手)
「状態は良く、上積みはあった。馬のリズムを害さず運んだが、最後の坂でソラを使って、かわされてしまったのがもったいなかった。でも力のある馬ですね」

9着 サウンズオブアース(田辺裕信騎手)
「有力馬同士がやりあって、その隙をと思ったが…。時計が速くて追走が苦しかった」

10着 サンマルティン(池添謙一騎手)
「いつもより離されずに運べたが、直線で逆に離されてしまった。上手に競馬できたかなと思ったんですけどね。この馬も伸びていたが、さらに他の馬が前で伸びていた」

11着 アクションスター(大野拓弥騎手)
「リフレッシュされて状態は上がっていた。もう少し距離はあった方がいい」

12着 カツジ(松山弘平騎手)
「レース前からイレ込んで力んでしまって、ちょっとカーッとなり、消耗してしまいました」

13着 レアリスタ(石橋脩騎手)
「外枠でガツンとかからないように運ぶつもりだった。ハミをかみそうになったが、いつもより我慢できていた。3コーナーで2番手にいった馬の後ろで息が入ったが…。何と言うか、力を発揮していない感じ」

関連記事
アエロリットは2017年のクイーンステークス以来の勝利となった。
【クイーンステークス 2017】動画・結果/アエロリットが悠々逃げ切る

勝ち馬プロフィール

毎日王冠 2018 アエロリット

アエロリット(Aerolithe)牝4/芦毛 菊沢 隆徳(美浦)
父:クロフネ 母:アステリックス 母父:ネオユニヴァース
馬名の由来:隕石(仏)

アエロリット | 競走馬データ - netkeiba.com
アエロリットの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

コメント