【毎日王冠2022】追い切り/抜群の動きを見せたのは

毎日王冠2022 追い切り

毎日王冠2022の追い切り・コメントの記事です。毎日王冠の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2022年10月9日(日)| 4回東京2日| 15:45 発走
第73回 毎日王冠(GII)芝・左 1800m
Mainichi Okan (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2022年・毎日王冠の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
毎日王冠は2022年10月9日に東京競馬場で行われる秋競馬の始まりを告げる一戦。毎日王冠は2022年で第73回を迎え、昨年はシュネルマイスターが制した。毎日王冠の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも京都大賞典などが開催される。
京都大賞典は2022年10月10日に阪神競馬場で行われる有力馬の秋の始動戦。京都大賞典は2022年で第57回を迎え、秋のG1戦線の中心となっていく馬が出走してくる。昨年はマカヒキが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
サウジアラビアロイヤルカップは2022年10月8日に東京競馬場で行われる2歳限定のマイル戦。サウジアラビアRCは2022年で第8回を迎え、昨年はコマンドラインが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

毎日王冠2022の追い切りをチェック!

毎日王冠2022 追い切り

毎日王冠に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
サウジアラビアロイヤルカップ2022の追い切り・コメントの記事です。サウジアラビアRCの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
京都大賞典2022の追い切り・コメントの記事です。京都大賞典の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
キングオブコージ

最終追い切り
栗東・CW・良(調教師)
5F 67.7-52.4-37.2-11.6(馬なり)
バーニングヒート・古馬1勝(馬なり)の外1.8秒追走・0.1秒先着

安田翔調教師
「予定通りにきています。春は喉の疾患もあって、消化不良という内容。距離に対応できる準備はしてきていますので、新しい面が見られればと思います」
キングストンボーイ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 87.8-71.6-55.5-39.6-11.6(G前仕掛け)
ライツオブキングス・二未勝(馬なり)の内0.9秒追走・同入

鹿戸調教師
「攻め駆けする馬と併せて、まずまずいい動きだった。今回のメンバーでどれだけやれるか」
サリオス

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 66.2-51.6-37.2-11.5(馬なり)
ルコルセール・古馬3勝(馬なり)の外0.6秒先行・同入

堀調教師
「折り合い、ギアチェンジともスムーズで、余力でこなせていたし、息の入りも良かった。順調にきて春よりもいい状態に仕上がった」
「年を取って馬っ気が強くなったので、その点には細心の注意を払っているが、心肺機能に関しては2歳秋に匹敵するくらいいい。3歳秋に強い勝ち方をした舞台だし、期待しています」
ジャスティンカフェ

最終追い切り
栗東・CW・良(調教師)
6F 82.9-68.6-54.3-38.5-11.5(馬なり)
バトーデュシエル・古馬3勝(馬なり)の内0.5秒追走・同入

安田翔調教師
「先週より折り合いがつき、加速してからも慌てずに走っていた。放牧からふっくらして帰ってきたように、夏にいい時間を過ごしてくれた。道中でリラックスできれば、いい脚を使える」
ダノンザキッド

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.8-40.2-25.6-12.5(馬なり)

安田隆調教師
「輸送もあるのでこれで十分。先週の動きが良かったし、状態はいい。レースでうまく手前を替えられるかがポイント。東京の9ハロンは2歳時(東スポ杯2歳S)に勝っているので、いいイメージで臨める」
ノースブリッジ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 66.8-51.8-37.6-11.9(馬なり)

奥村武調教師
「先々週、先週と岩田康騎手に乗ってもらってしっかりやったので、けさは予定どおり助手が乗って微調整程度にした。ラスト2ハロンからの反応がグンと良くなっている。具合はいいね」
ハッピーアワー

最終追い切り
栗東・CW・良(川又)
6F 83.7-67.9-52.9-37.9-12.0(馬なり)
ブリタニア・新馬(強め)の外1.1秒先行・0.4秒先着

ポタジェ

最終追い切り
栗東・ポリ・良(助手)
6F 82.8-66.2-51.4-37.9-11.6(馬なり)

花田助手
「宝塚記念(11着)のあと、北海道へ放牧に出してフレッシュな状態で帰ってきた。2週前はモタモタしたところがあったけど、ひと追いごとに良くなっている。調整過程は問題ない」
レイパパレ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.1-39.7-25.8-12.9(強め)

高野調教師
「時計のかかる時間帯でしたが、迫力がありましたし、いい調整ができています。春は金鯱賞、大阪杯が目いっぱいの競馬でした。前走(ヴィクトリアマイル12着)も大丈夫と判断しましたが、結果的にエネルギーが満タンではありませんでした。今回は休養を挟んで、エネルギーもタンクに満タンになっています。重厚感のある走りにもなっていますし、ワンターンのこの距離はベストだと思います」
レッドベルオーブ

最終追い切り
栗東・CW・良(幸)
5F 68.3-51.3-36.3-11.7(強め)

幸騎手
「折り合いに難しい面があるので直前もコンタクトを取った。ストライドも大きかったし状態はいい。前走よりもう少し抑えて直線で伸びるようにしたい」

2022年・毎日王冠の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2022年 毎日王冠|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2022年・毎日王冠の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は阪神で騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(12/3・12/4)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
秋華賞は2022年10月16日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2022年で第27回を迎え、昨年はアカイトリノムスメが制した。秋華賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
菊花賞は2022年10月23日に阪神競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2022年で第83回を迎え、昨年はタイトルホルダーが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。