【毎日王冠2022】結果・動画/サリオスが復活のレコードV

毎日王冠2022 サリオス

毎日王冠2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の毎日王冠の着順は1着:サリオス、2着:ジャスティンカフェ、3着:ダノンザキッドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の毎日王冠はサリオスが復活のレコードV

2022年10月9日(日)| 4回東京2日| 15:45 発走
第73回 毎日王冠(GII)芝・左 1800m
Mainichi Okan (G2)

スポンサーリンク

2022年・毎日王冠の動画

関連記事
昨年の毎日王冠はシュネルマイスターが制していた。
毎日王冠2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の毎日王冠の着順は1着:シュネルマイスター、2着:ダノンキングリー、3着:ポタジェとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・毎日王冠の結果

スポンサーリンク

1着:サリオス
2着:ジャスティンカフェ(1/2馬身)
3着:ダノンザキッド(3/4馬身)
4着:レイパパレ(1馬身)
5着:ノースブリッジ(1/2馬身)
6着:ポタジェ
7着:キングストンボーイ
8着:キングオブコージ
9着:ハッピーアワー
10着:レッドベルオーブ

勝ちタイム:1:44.1(レコード
優勝騎手:松山 弘平
馬場:良

関連記事
G1・天皇賞秋をにぎわす馬は?
天皇賞秋は2022年10月30日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2022年で第166回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。天皇賞秋の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

毎日王冠2022 サリオス

1着 サリオス(松山弘平騎手)
「本当に強い競馬でした。返し馬からしっかりと走れていましたし、先生(堀宣行調教師)からは『自信を持って乗るように』と。本当にいい状態で迎えられたと思います。力のある馬ですし、ポジションを意識せず馬のリズムを大事に運びました。直線を向いての手応えも十分でしたし、少し前が壁になって行くところがなかったのですが、開いてからはしっかりと抜け出してくれました。初めて乗ったときからすごくいい馬でしたが、きょうは体調がいいと感じました。本当に頑張ってくれていい結果を出せてうれしいです。まだまだやれると思います」

2着 ジャスティンカフェ(福永祐一騎手)
「勝った馬は凄かったね。でも僕のもスムーズに競馬ができて、今まで教えてきたことが結実した感じ。いいタイミングで乗せてもらった。勝てなかったのは残念だけど、ポテンシャルの高さは見せてくれた。これからもっと良くなるよ」

3着 ダノンザキッド(戸崎圭太騎手)
「ゲートで突進してしまい申し訳なく思います。ただ、レースでは気負うところはありましたが、我慢してくれていたし、リズム良く走ってくれた」

4着 レイパパレ(川田将雅騎手)
「昨年の大阪杯の次に状態は良かったです。最後までしっかり走り切ってくれたし、速い時計の中で精いっぱいの走りをしてくれました」

5着 ノースブリッジ(岩田康誠騎手)
「出遅れてしまった。最高の状態だったけど、ゲートの一瞬の差でこういうレースになってしまった。ただ、以前はこの形になるとだめだったが、今日は食らいついて5着にきてくれた。まだ良くなってくるし、G1馬との差は縮まっている」

6着 ポタジェ(吉田隼人騎手)
「アクシデントはあったけど、それ以外はイメージ通りのいいポジションで競馬ができた。58キロだったし、着差ほど負けはいないです」

7着 キングストンボーイ(C.ルメール騎手)
「相手は強かったが、良い競馬はしてくれた。最後は勝った馬とパワーが違った」

9着 ハッピーアワー(川又賢治騎手)
「後ろから行くと決めていた。相手が強かったぶん、しまいの伸びは物足りなかった」

10着 レッドベルオーブ(幸英明騎手)
「ゲートを出たので行きましたが、ちょっと力んでいました。折り合いだけですね」

勝ち馬プロフィール

毎日王冠2022 サリオス

サリオス(Salios)牡5/栗毛 堀 宣行(美浦)
父:ハーツクライ 母:サロミナ 母父:Lomitas
馬名の由来:ローマ神話に登場する戦闘の踊りの発明者。母名より連想

関連記事
サリオスにとって今回の勝利は2020年の毎日王冠以来の勝利となった
毎日王冠2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の毎日王冠の着順は1着:サリオス、2着:ダイワキャグニー、3着:サンレイポケットとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。