【ダイヤモンドステークス2021】出走予定馬・予想オッズ/最高の輝き

ダイヤモンドステークス2020 ミライヘノツバサ

ダイヤモンドステークス2021の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2021年のダイヤモンドステークスの出走予定馬にはオーソリティやポンデザールなどが名を連ねています。ハンデ戦+長距離戦と難解な条件で、昨年は大荒れ。今年の結果は?

最高の輝き

2021年2月20日(土) | 1回東京7日 | 15:45 発走
第71回 ダイヤモンドステークス(GIII)芝・左 3400m
Diamond Stakes (G3)

スポンサーリンク

2021年・ダイヤモンドステークスの出走予定馬たち

ダイヤモンドステークスの枠順決定!(2月19日)

ダイヤモンドステークス2021 枠順

2021年・ダイヤモンドステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではオーソリティが2枠3番、ポンデザールは7枠13番、メイショウテンゲンは5枠9番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2021年・ダイヤモンドステークスの追い切り・コメントをチェック!
ダイヤモンドステークス2021の追い切り・コメントの記事です。ダイヤモンドステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(2月14日)

青葉賞2020 オーソリティ

2021年のダイヤモンドステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

賞金上位馬
  • アイスバブル(武藤雅)
  • オーソリティ(川田将雅
  • サトノガーネット(蛯名正義)
  • ジャコマル(田中勝春)
  • タイセイトレイル(北村宏司)
  • ナムラドノヴァン(内田博幸)
  • パフォーマプロミス(M.デムーロ)
  • ヒュミドール(吉田豊)
  • ブラックマジック(石橋脩)
  • ボスジラ(横山武史)
  • ポンデザール(C.ルメール
  • ミスマンマミーア(松若風馬)
  • メイショウテンゲン(横山典弘)
  • ワセダインブルー(大野拓弥)
抽選対象馬(3頭中2頭が出走可能)
  • グロンディオーズ(三浦皇成)
  • サンアップルトン(柴田善臣)
  • ダノンテイオー(津村明秀)
除外対象馬
  • キングニミッツ(未定)
  • レイホーロマンス(未定)
関連記事
武豊騎手は京都牝馬ステークスでビッククインバイオに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/22・5/23)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
フェブラリーステークスは2021年2月21日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2021年で第38回を迎え、昨年はモズアスコットが制した。フェブラリーステークスの出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
京都牝馬ステークス2021の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2021年の京都牝馬ステークスの出走予定馬にはギルデッドミラーやシャインガーネットなどが名を連ねています。今年は阪神コースでの開催。舞台変わりを味方につけろ。
小倉大賞典2021の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2021年の小倉大賞典の出走予定馬にはボッケリーニやトーラスジェミニなどが名を連ねています。G1の裏開催ながら楽しみなメンバーが揃ったぞ。

出走予定馬・ピックアップ

ポンテザール

東京競馬場で行われるG3「ダイヤモンドステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

オーソリティ(Authority)

オーソリティ・4歳牡馬
7戦4勝 [4-0-1-2]
父:オルフェーヴル
母:ロザリンド
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:権威。威信。牡馬三冠を達成した父のような活躍を願って
前走:有馬記念・14着(7番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

復権へ「オーソリティ」

G2・2勝の実績が光る4歳馬。
これまで2度の馬券外はいずれもG1戦でのもので、ここでは力上位。
得意の左回りで3つ目の重賞タイトルを狙う。

ピックアップレース
アルゼンチン共和国杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のアルゼンチン共和国杯の着順は1着:オーソリティ、2着:ラストドラフト、3着:サンアップルトンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
メイショウテンゲン(Meisho Tengen)

メイショウテンゲン・5歳牡馬
17戦2勝 [2-3-2-10]
父:ディープインパクト
母:メイショウベルーガ
母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:冠名+天元。碁盤の中心点のこと
前走:ステイヤーズステークス・14着(4番人気)
(鞍上予定:横山典弘)

昨年のリベンジ「メイショウテンゲン」

3番人気で挑んだ昨年のダイヤモンドステークスでは勝ち馬とハナ差の2着と涙をのんだ。
ここ2走は二桁着順と馬が動けていないのが心配だが、昨年以上の結果を狙いたいところ。

ピックアップレース
阪神大賞典2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の阪神大賞典の着順は1着:ユーキャンスマイル、2着:トーセンカンビーナ、3着:メイショウテンゲンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
パフォーマプロミス(Perform a Promise)

パフォーマプロミス・9歳牡馬
21戦8勝 [8-2-3-8]
父:ステイゴールド
母:アイルビーバウンド
母父:タニノギムレット
馬名の由来:約束を果たす
前走:ジャパンカップ・11着(12番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

老いてなお「パフォーマプロミス」

9歳初戦を迎えるパフォーマプロミス。
長距離戦は2019年の天皇賞春(3着)以来となるが、スタミナに不安はない。
老兵だとあなどるなかれ。

ピックアップレース
天皇賞春2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の天皇賞春の着順は1着:フィエールマン、2着:グローリーヴェイズ、3着:パフォーマプロミスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ポンデザール(Pont des Arts)

ポンデザール・6歳牝馬
13戦5勝 [5-0-1-7]
父:ハーツクライ
母:ジョコンダ2
母父:Rossini
馬名の由来:ルーヴル美術館へと続くパリ、セーヌ川にかかる橋
前走:ステイヤーズステークス・3着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

初タイトルへ「ポンデザール」

1番人気で挑んだステイヤーズステークスでは休み明けの影響か直線での反応が悪く伸び切れなかった。
今回も少しレース間隔が開いただけに状態に注視したい。

ピックアップレース
ステイヤーズステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のステイヤーズステークスの着順は1着:オセアグレイト、2着:タガノディアマンテ、3着:ポンデザールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

他にもダイヤモンドステークスにはステイヤーズステークスで上位をにぎわせたタイセイトレイルやヒュミドール、日経新春杯2着のミスマンマミーアなども出走を予定しています。

ダイヤモンドステークスは2021年2月20日(土)の15時45分発走予定です。

ダイヤモンドステークス2021の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2021年・ダイヤモンドステークスの予想オッズはこのように予想しています。
3つ目の重賞タイトルを狙うオーソリティが1番人気に支持されると予想します。
上位3頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. オーソリティ(2.5)
  2. ポンデザール(4.5)
  3. メイショウテンゲン(8.0)
  4. タイセイトレイル(10.0)
  5. ボスジラ(14.0)
  6. パフォーマプロミス(17.5)
  7. サンアップルトン(20.0)
  8. ブラックマジック(25.0)
  9. グロンディオーズ(40.0)
  10. ヒュミドール(48.0)
  11. ミスマンマミーア(☆)
  12. アイスバブル(☆)
  13. ワセダインブルー(☆)
  14. ナムラドノヴァン(☆)
  15. サトノガーネット(☆)
  16. ジャコマル(☆)
  17. ダノンテイオー(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

ダイヤモンドステークス2021の日程・賞金

ダイヤモンドステークス

ダイヤモンドステークス 2019 ユーキャンスマイル

日程・発走予定時刻
2021年2月20日(土)15時45分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・3400m


G3

1着賞金
4,100万円

ダイヤモンドステークス・プレイバック

ダイヤモンドステークス2020 ミライヘノツバサ

2020年・ダイヤモンドステークス(GIII)

1着:ミライヘノツバサ
2着:メイショウテンゲン(ハナ)
3着:オセアグレイト(5馬身)
4着:レノヴァール(ハナ)
5着:タイセイトレイル(3馬身)

勝ちタイム:3.31.2
優勝騎手:木幡 巧也
馬場:良

動画・全着順をチェック!
ダイヤモンドステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のダイヤモンドステークスの着順は1着:ミライヘノツバサ、2着:メイショウテンゲン、3着:オセアグレイトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
レース後のコメント
1着 ミライヘノツバサ(木幡巧也騎手)
「まさかここで勝てるとは…。本当に馬に感謝しかない。正直、ゴール板過ぎてから、負けたな、というのが第一印象だったが、あとは神様に祈って、勝っていればいいな、と。大外枠がすごい嫌だなと思っていて、出てなりでいこうと思っていた。内(の馬)もみんな出していったので、無理せずにためること重視で。この間のレースで我慢させたのが、今日にプラスになったのかも。でもこんなに伸びるとは。最後に根性を見せてくれました」
関連記事
今後も注目のレースが続く!
中山記念は2021年2月28日に中山競馬場で行われる各方面からメンバーが集うG2戦。2021年で第95回を迎え、昨年はダノンキングリーが勝利した。中山記念の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。
阪急杯は2021年2月28日に阪神競馬場で行われる短距離重賞。阪急杯は2021年で第65回を迎え、昨年はベストアクターが優勝した。阪急杯の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。