【小倉大賞典2021】出走予定馬・予想オッズ/小倉からスターダムへ

小倉大賞典2020 カデナ

小倉大賞典2021の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2021年の小倉大賞典の出走予定馬にはボッケリーニやトーラスジェミニなどが名を連ねています。G1の裏開催ながら楽しみなメンバーが揃ったぞ。

小倉からスターダムへ

2021年2月21日(日) | 2回小倉4日 | 15:20 発走
第55回 小倉大賞典(GIII)芝・右 1800m
Kokura Daishoten (G3)

スポンサーリンク

2021年・小倉大賞典の出走予定馬たち

小倉大賞典の枠順決定!(2月19日)

小倉大賞典2021 枠順

2021年・小倉大賞典の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではボッケリーニが8枠15番、フェアリーポルカは4枠7番、カデナは1枠1番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2021年・小倉大賞典の追い切り・コメントをチェック!
小倉大賞典2021の追い切り・コメントの記事です。小倉大賞典の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(2月14日)

中日新聞杯2020 ボッケリーニ

2021年の小倉大賞典の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

  • アドマイヤジャスタ(吉田隼人)
  • アールスター(長岡禎治)
  • ヴァンケドミンゴ(藤岡佑介)
  • カデナ(菅原明良)
  • ディアンドル(団野大成)
  • テリトーリアル(石川裕紀人)
  • デンコウアンジュ(蛯名正義)
  • ドゥオーモ(藤岡康太)
  • トーラスジェミニ(吉田豊)
  • バイオスパーク(内田博幸)
  • フェアリーポルカ(和田竜二)
  • ベステンダンク(横山和生)
  • ボッケリーニ(浜中俊)
  • ロードクエスト(西村淳也)
抽選対象馬(3頭中2頭が出走可能)
  • アーデントリー(丹内祐次)
  • ヴァンランディ(杉原誠人)
  • ショウナンバルディ(岩田康誠)
除外対象馬
  • ノーブルマーズ(高倉稜)
  • コスモカレンドゥラ(丹内祐次)
  • ヒンドゥタイムズ(未定)
  • パンサラッサ(未定)
  • レイホーロマンス(未定)
関連記事
武豊騎手はフェブラリーステークスでインティに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(3/13・3/14)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
フェブラリーステークスは2021年2月21日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2021年で第38回を迎え、昨年はモズアスコットが制した。フェブラリーステークスの出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
ダイヤモンドステークス2021の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2021年のダイヤモンドステークスの出走予定馬にはオーソリティやポンデザールなどが名を連ねています。ハンデ戦+長距離戦と難解な条件で、昨年は大荒れ。今年の結果は?
京都牝馬ステークス2021の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2021年の京都牝馬ステークスの出走予定馬にはギルデッドミラーやシャインガーネットなどが名を連ねています。今年は阪神コースでの開催。舞台変わりを味方につけろ。

出走予定馬・ピックアップ

愛知杯2020 デンコウアンジュ

小倉競馬場で行われるG3「小倉大賞典」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

ボッケリーニ(Boccherini)

ボッケリーニ・5歳牡馬
12戦5勝 [5-3-1-3]
父:キングカメハメハ
母:ポップコーンジャズ
母父:ダンスインザダーク
馬名の由来:人名より
前走:中日新聞杯・1着(2番人気)
(鞍上予定:浜中俊)

さらなる高みへ「ボッケリーニ」

全兄のラブリーデイは5歳に重賞初制覇を果たしG1を2勝するなど年を重ねて大成した。
兄の背中を追いボッケリーニもここから大舞台へ。

ピックアップレース
中日新聞杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の中日新聞杯の着順は1着:ボッケリーニ、2着:シゲルピンクダイヤ、3着:ヴェロックスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
デンコウアンジュ(Denko Ange)

デンコウアンジュ・8歳牝馬
37戦4勝 [4-1-3-29]
父:メイショウサムソン
母:デンコウラッキー
母父:マリエンバード
馬名の由来:冠名+天使(仏)
前走:愛知杯・6着(11番人気)
(鞍上予定:蛯名正義)

大記録へ「デンコウアンジュ」

小倉競馬場で行われた昨年の愛知杯を制している8歳牝馬のデンコウアンジュ。
鞍上の蛯名騎手は2月いっぱいで騎手を引退することが決まっており、このレースにJRA全10場重賞Vの大記録がかかっている。
ラストチャンスを生かせ。

ピックアップレース
愛知杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の愛知杯の着順は1着:デンコウアンジュ、2着:アルメリアブルーム、3着:レイホーロマンスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
トーラスジェミニ(Taurus Gemini)

トーラスジェミニ・5歳牡馬
24戦6勝 [6-0-1-17]
父:キングズベスト
母:エリモエトワール
母父:マンハッタンカフェ
馬名の由来:おうし座とふたご座
前走:ディセンバーステークス・1着(4番人気)
(鞍上予定:吉田豊)

流れを呼び込め「トーラスジェミニ」

昨年末にディセンバーステークスを制し2回目のオープンクラス制覇を果たした。
先手を奪えればしぶといタイプで、エプソムカップで3着など重賞でもいい競馬を見せている。
流れひとつで。

ピックアップレース
エプソムカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のエプソムカップの着順は1着:ダイワキャグニー、2着:ソーグリッタリング、3着:トーラスジェミニとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
バイオスパーク(Bio Spark)

バイオスパーク・6歳牡馬
26戦5勝 [5-8-3-10]
父:オルフェーヴル
母:ナナヨーティアラ
母父:マイネルラヴ
馬名の由来:生命が閃光する
前走:中山金杯・10着(9番人気)
(鞍上予定:内田博幸)

小回りでこそ「バイオスパーク」

昨年の福島記念で重賞初制覇を果たしたオルフェーヴル産駒。
前走の中山金杯は10着と大敗したが外枠からの発走が響いた形。
うまく立ち回れれば通用するはず。

ピックアップレース
福島記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の福島記念の着順は1着:バイオスパーク、2着:ヴァンケドミンゴ、3着:テリトーリアルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

他にも小倉大賞典には小倉記念勝ち馬のアールスターや昨年の覇者カデナ、福島記念2着のヴァンケドミンゴなども出走を予定しています。

小倉大賞典は2021年2月21日(日)の15時20分発走予定です。

小倉大賞典2021の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2021年・小倉大賞典の予想オッズはこのように予想しています。
重賞連勝を狙う良血馬ボッケリーニが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ボッケリーニ(2.5)
  2. カデナ(4.5)
  3. フェアリーポルカ(6.0)
  4. デンコウアンジュ(9.0)
  5. アールスター(13.0)
  6. アドマイヤジャスタ(15.0)
  7. トーラスジェミニ(18.0)
  8. ヴァンケドミンゴ(23.0)
  9. バイオスパーク(26.0)
  10. ヴァンランディ(40.0)
  11. ドゥオーモ(48.0)
  12. アーデントリー(☆)
  13. ディアンドル(☆)
  14. テリトーリアル(☆)
  15. ベステンダンク(☆)
  16. ロードクエスト(☆)
  17. ショウナンバルディ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

小倉大賞典2021の日程・賞金

小倉大賞典

小倉大賞典2019 スティッフェリオ

日程・発走予定時刻
2021年2月21日(日)15時20分発走予定

場所・距離
小倉競馬場・芝・1800m


G3

1着賞金
4,100万円

小倉大賞典・プレイバック

小倉大賞典2020 カデナ

2020年・小倉大賞典(GIII)

1着:カデナ
2着:ドゥオーモ(1-3/4馬身)
3着:ジナンボー(クビ)
4着:レイホーロマンス(1-1/2馬身)
5着:アウトライアーズ(1-1/2馬身)

勝ちタイム:1.48.3
優勝騎手:鮫島 克駿
馬場:良

動画・全着順をチェック!
小倉大賞典2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の小倉大賞典の着順は1着:カデナ、2着:ドゥオーモ、3着:ジナンボーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
レース後のコメント
1着 カデナ(鮫島克駿騎手)
「いい脚を使って、勝ち切ってくれました。枠を生かした競馬をしたいと思っていました。いつもいい脚を使ってくれていましたが、なかなかうまく力を出してあげれなかったが、今日はうまく導くことができました。人馬ともにうれしいです。(重賞初制覇が)いつもお世話になっているオーナー、ノースヒルズの馬で、そして今日は前田会長の誕生日ということもあり、いい結果で締めくくれて良かったです」
関連記事
今後も注目のレースが続く!
中山記念は2021年2月28日に中山競馬場で行われる各方面からメンバーが集うG2戦。2021年で第95回を迎え、昨年はダノンキングリーが勝利した。中山記念の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。
阪急杯は2021年2月28日に阪神競馬場で行われる短距離重賞。阪急杯は2021年で第65回を迎え、昨年はベストアクターが優勝した。阪急杯の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

シェアする