【アルゼンチン共和国杯2020】結果・動画/オーソリティが復帰戦を飾る

アルゼンチン共和国杯2020 オーソリティ

アルゼンチン共和国杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のアルゼンチン共和国杯の着順は1着:オーソリティ、2着:ラストドラフト、3着:サンアップルトンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のアルゼンチン共和国杯はオーソリティが復帰戦を飾る

2020年11月8日(日) | 5回東京2日 | 15:35 発走
第58回 アルゼンチン共和国杯(GII)芝・左 2500m
Copa Republica Argentina (G2)

スポンサーリンク

2020年・アルゼンチン共和国杯の動画

関連記事

昨年のアルゼンチン共和国杯はムイトオブリガードが制していた。

アルゼンチン共和国杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のアルゼンチン共和国杯の着順は1着:ムイトオブリガード、2着:タイセイトレイル、3着:アフリカンゴールドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・アルゼンチン共和国杯の結果

スポンサーリンク

1着:オーソリティ
2着:ラストドラフト(1-1/2馬身)
3着:サンアップルトン(クビ)
4着:ユーキャンスマイル(3/4馬身)
5着:タイセイトレイル(クビ)
6着:サンレイポケット
7着:ベストアプローチ
8着:アールスター
9着:ゴールドギア
10着:ミュゼエイリアン
11着:オセアグレイト
12着:アイスバブル
13着:サトノルークス
14着:トーセンカンビーナ
15着:バレリオ
16着:プリンスオブペスカ
17着:メイショウテンゲン
18着:エアウィンザー

勝ちタイム:2.31.6
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

関連記事
G1・ジャパンカップをにぎわす馬は?
ジャパンカップは2020年11月29日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2020年で第40回を迎え、高額賞金を求め強豪が集う。昨年はスワーヴリチャードが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

アルゼンチン共和国杯2020 オーソリティ

1着 オーソリティ(C.ルメール騎手)
「この馬で重賞勝つことができたのが本当にうれしい。休み明けだったので、コンディションを心配しましたけど、木村厩舎のスタッフがすごくいい仕事をしてくれた。ゴールまで頑張ってくれました。(手応えは)良かったですけど、この馬は長く脚を使うので、ちょっとずつ加速しましたし、坂を上がってからトップスピードになっていました。そこからゴールまで止まらなかった」

2着 ラストドラフト(戸崎圭太騎手)
「追い切りからフットワークの良い馬だなと思っていました。今日は位置取りは考えずに、リズム良く馬の気持ち重視で走らせました。内にささりながらも、最後までよく走ってくれました」

3着 サンアップルトン(柴田善臣騎手)
「課題はありますが、走りのバランスが良くなっています。いい感じで成長しているのを感じます」

4着 ユーキャンスマイル(友道康夫調教師)
「今日は休み明けで58キロ。外に出せればよかったのですが、直線では脚がなかったですね。次はJCなのでこれを使って良くなるでしょう」

5着 タイセイトレイル(坂井瑠星騎手)
「最近見せ場の無いレースが続いていましたが、今日はポジションを取りに行って、最後もよく伸びてくれました」

6着 サンレイポケット(荻野極騎手)
「道中は我慢が利いていた。向こう正面で他馬とぶつかるところがあって、そのあたりですかね。内の悪いところを通りながら良く頑張っている」

7着 ベストアプローチ(江田照男騎手)
「最後はいっぱいになってしまった」

9着 アールスター(長岡禎仁騎手)
「距離が延びたことは問題なかった。しまいも伸びていたけど、ジリっぽくなってしまった」

11着 オセアグレイト(三浦皇成騎手)
「このクラスに入ると2000mくらいがこの馬の良さが出ると思います。2500mは少し長いかもしれません」

15着 バレリオ(津村明秀騎手)
「感じはすごく良かった。ポジションを取りに行ったぶん、最後は甘くなった」

17着 メイショウテンゲン(池添謙一騎手)
「体も減って、勝負所でペースが上がってもついて行けませんでした。今日はレースに集中していませんでした」

勝ち馬プロフィール

アルゼンチン共和国杯2020 オーソリティ

オーソリティ(Authority)牡3/鹿毛 木村 哲也(美浦)
父:オルフェーヴル 母:ロザリンド 母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:権威。威信。牡馬三冠を達成した父のような活躍を願って