【ステイヤーズステークス2020】結果・動画/オセアグレイトが接戦を制する

ステイヤーズステークス2020 オセアグレイト

ステイヤーズステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のステイヤーズステークスの着順は1着:オセアグレイト、2着:タガノディアマンテ、3着:ポンデザールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のステイヤーズステークスはオセアグレイトが接戦を制する

2020年12月5日(土) | 5回中山1日 | 15:25 発走
第54回 ステイヤーズステークス(GII)芝・右 3600m
Stayers Stakes (G3)

スポンサーリンク

2020年・ステイヤーズステークスの動画

関連記事

昨年のステイヤーズステークスはモンドインテロが制していた。

ステイヤーズステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のステイヤーズステークスの着順は1着:モンドインテロ、2着:アルバート、3着:エイシンクリックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・ステイヤーズステークスの結果

スポンサーリンク

1着:オセアグレイト
2着:タガノディアマンテ(アタマ)
3着:ポンデザール(1-1/2馬身)
4着:タイセイトレイル(1馬身)
5着:ヒュミドール(3/4馬身)
6着:ボスジラ
7着:ステイブラビッシモ
8着:リッジマン
9着:シルヴァンシャー
10着:アドマイヤアルバ
11着:ゴールドギア
12着:オーシャンビュー
13着:アルバート
14着:メイショウテンゲン
15着:ルミナスウォリアー

勝ちタイム:3.52.0
優勝騎手:横山 典弘
馬場:稍重

関連記事
G1・有馬記念をにぎわす馬は?
有馬記念は2021年12月26日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2021年で第66回を迎え、昨年はクロノジェネシスが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

ステイヤーズステークス2020 オセアグレイト

1着 オセアグレイト(横山典弘騎手)
「疲れました。レースは何回も見ているし、中間も乗ったし、昨日も乗って気持ち良さそうに走っていると思っていた。(レースは)プラン通り。道中、ずいぶん、元気良く走っていたので抑えるのに苦労した。そのぶん、手応えほど弾けなかったけど、よくつかまえてくれた。もともと、能力は高い馬で、走っていない時は、順調さを欠いていた。良い感じで競馬ができたので、この後も大きいところで頑張ってもらいたいですね」

(菊川正達調教師)
「(横山典弘騎手が)うまいんだよねぇ。昨日も乗ってくれて、しっかり乗ってくれました。馬も良くなってきた。早い時期から長距離の適性はあると思っていた。」

2着 タガノディアマンテ(津村明秀騎手)
「ゲートもそれなりに出てそれなりに行く気だったので2周目の4コーナーで動いていったが、坂で止まってしまった」

3着 ポンデザール(C.ルメール騎手)
「前の方で冷静に走ってくれた。勝った馬と一緒に上がっていけた。久しぶりで反応が悪くきつかった」

4着 タイセイトレイル(坂井瑠星騎手)
「きょうの馬場傾向が、前が有利だった。最後まで頑張ってくれた」

5着 ヒュミドール(吉田豊騎手)
「3600メートルは初めてで前半はハミをかみながらだったが、途中からはリラックスして走れた。返し馬でも落ち着いていたし、これからの馬」

6着 ボスジラ(横山武史騎手)
「道中はいいポジションで走らせられた」

7着 ステイブラビッシモ(江田照男騎手)
「長丁場だったけど頑張ってくれた」

8着 リッジマン(古川吉洋騎手)
「ペースが遅すぎた。展開が向かなかった」

9着 シルヴァンシャー(戸崎圭太騎手)
「全体的にモタつくところがあったので早めに動いていきたかった。こういう馬場も良くなかったと思う」

10着 アドマイヤアルバ(大野拓弥騎手)
「距離はこなしてくれた。最後まで集中して走れていた」

11着 ゴールドギア(田辺裕信騎手)
「中間の感触が良くてひそかに期待していたけど…」

12着 オーシャンビュー(嘉藤貴行騎手)
「距離は良かったけどもう少しポジションを取りたかった」

13着 アルバート(岩田康誠騎手)
「ここまでよく頑張ってくれた。きょうはいいところを見せられなかった」

14着 メイショウテンゲン(池添謙一騎手)
「返し馬も悪くなくゲートも出てくれた。前残りとはいえ動けなかった。敗因がわからない」

15着 ルミナスウォリアー(黛弘人騎手)
「オープンの2600メートルならもう少し着順が上がりそう」

勝ち馬プロフィール

ステイヤーズステークス2020 オセアグレイト

オセアグレイト(Ocea Great)牡4/鹿毛 菊川 正達(美浦)
父:オルフェーヴル 母:ブルーダヌーブ 母父:Bahri
馬名の由来:オセアニアより+偉大

関連記事
オセアグレイトはこれまで重賞ではダイヤモンドステークスの3着が最高着順だった。
ダイヤモンドステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のダイヤモンドステークスの着順は1着:ミライヘノツバサ、2着:メイショウテンゲン、3着:オセアグレイトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。