【ダイヤモンドステークス2023】出走馬・予想オッズ・騎手/輝く場所で

ダイヤモンドステークス2022 テーオーロイヤル

ダイヤモンドステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。ダイヤモンドSは2023年2月18日に東京競馬場で行われる長距離G3戦。2023年で第73回を迎え、昨年はテーオーロイヤルが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

輝く場所で

2023年2月18日(土) | 1回東京7日 | 15:45 発走
第73回 ダイヤモンドステークス(GIII)芝・左 3400m
Diamond Stakes (G3)

2023年・ダイヤモンドステークスの出走予定馬たち

2023年・ダイヤモンドステークスの追い切り・コメントをチェック!
ダイヤモンドステークス2023の追い切り・コメントの記事です。ダイヤモンドSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(2月16日)

シルブロン

2023年のダイヤモンドステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

  • アスクワイルドモア(田中勝春)
  • ウインキートス(横山和生)
  • ヴェローチェオロ(戸崎圭太)
  • カウディーリョ(大野拓弥)
  • キスラー(内田博幸)
  • シルブロン(C.ルメール
  • スタッドリー(J.モレイラ)
  • タイセイモナーク(三浦皇成)
  • トラストケンシン(丸田恭介)
  • トーセンカンビーナ(江田照男)
  • ヒュミドール(田辺裕信)
  • ベスビアナイト(石橋脩)
  • マリノアズラ(横山武史
  • ミクソロジー(西村淳也)
  • メイショウテンゲン(木幡巧也)
  • レクセランス(T.バシュロ)
関連記事
武豊騎手は京都牝馬ステークスでウォーターナビレラに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/20・7/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
フェブラリーステークスは2024年2月18日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2024年で第41回を迎え、昨年はレモンポップが制した。フェブラリーSの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
京都牝馬ステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。京都牝馬Sは2023年2月18日に阪神競馬場で行われる短距離G3戦。2023年で第58回を迎え、昨年はロータスランドが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

ミクソロジー

東京競馬場で行われるG3「ダイヤモンドステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

ミクソロジー(Mixology)

ミクソロジー・4歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:スターエンジェル
母父:アフリート
主な勝鞍:2023年・万葉ステークス
馬名の由来:mix(混ぜる)とology(~論)の掛合せ

3連勝中のミクソロジーが人気の中心になりそう。
前走の万葉ステークスでは上手く立ち回りレコードタイムで快勝。
長距離の新星となりそう。

ヴェローチェオロ(Veloce Oro)

ヴェローチェオロ・5歳牡馬
父:ゴールドシップ
母:プレシャスライフ
母父:タイキシャトル
主な勝鞍:2021年・グレイトフルステークス
馬名の由来:速い(伊)+金(伊)

昨年のドバイゴールドカップ以来の実戦を迎えるヴェローチェオロ。
どこまで状態が戻ってきているか。

シルブロン(Cils Blancs)

シルブロン・5歳牡馬
父:トーセンジョーダン
母:グレイシアブルー
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2022年・グレイトフルステークス
馬名の由来:白いまつ毛(仏)。本馬の特徴より連想

条件クラスを連勝で突破した上がり馬。
昨年春以降の勢いは本物。
引き続きルメール騎手が騎乗するのも心強い。

スタッドリー(Studley)

スタッドリー・5歳牡馬
父:ハービンジャー
母:ウインフロレゾン
母父:フジキセキ
主な勝鞍:2022年・オリオンステークス
馬名の由来:イングランドの王立公園の名称

モレイラ騎手とのコンビで参戦するスタッドリーも楽しみな1頭。
どんなマジックを見せてくれるか。

他にもダイヤモンドステークスには万葉ステークス2着のタイセイモナークや4着のレクセランス、ここがラストランの予定のウインキートスなども出走を予定しています。

ダイヤモンドステークスは2023年2月18日(土)の15時45分発走予定です。

ダイヤモンドステークス2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・ダイヤモンドステークスの予想オッズはこのように予想しています。
現在3連勝中と勢いに乗るミクソロジーが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ミクソロジー(3.0)
  2. シルブロン(4.0)
  3. ヴェローチェオロ(6.0)
  4. アスクワイルドモア(7.5)
  5. ウインキートス(9.5)
  6. レクセランス(16.0)
  7. スタッドリー(21.0)
  8. タイセイモナーク(33.5)
  9. マリノアズラ(38.5)
  10. ベスビアナイト(44.0)
  11. トーセンカンビーナ(49.5)
  12. メイショウテンゲン(☆)
  13. ヒュミドール(☆)
  14. カウディーリョ(☆)
  15. トラストケンシン(☆)
  16. キスラー(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

ダイヤモンドステークス2023の日程・賞金

ダイヤモンドステークス

ダイヤモンドステークス2021 グロンディオーズ

日程・発走予定時刻
2023年2月18日(土)15時45分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・3400m


G3

1着賞金
4,300万円

ダイヤモンドステークス・プレイバック

ダイヤモンドステークス2022 テーオーロイヤル

2022年・ダイヤモンドステークス(GIII)

1着:テーオーロイヤル
2着:ランフォザローゼス(2-1/2馬身)
3着:トーセンカンビーナ(1/2馬身)
4着:ヴァルコス(クビ)
5着:ヴェローチェオロ(3/4馬身)

勝ちタイム:3.30.1
優勝騎手:菱田 裕二
馬場:良

動画・全着順をチェック!
ダイヤモンドステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のダイヤモンドSの着順は1着:テーオーロイヤル、2着:ランフォザローゼス、3着:トーセンカンビーナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

ダイヤモンドステークス2022 テーオーロイヤル

レース後のコメント
1着 テーオーロイヤル(菱田裕二騎手)
「一番強いと思っていましたが、1番人気のプレッシャーがあった中で馬が良い走りをしてくれてすごくうれしいです。レースでかからないのがこの馬の強み。距離は長いかと思っていたが、道中はリラックスして走ってくれていたのでいい手応えで直線に向いてくれた。直線半ばで脚いろが衰えなかったのでこれは勝てると思いました。所属厩舎の馬で勝てて、日頃から感謝していますが、まだ恩返しにはなっていないけど自分としてはめちゃくちゃうれしいです。ポテンシャルの高い馬。馬に負けないように僕自身、成長していきたいと思います」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
中山記念は2024年2月25日に中山競馬場で行われる各方面からメンバーが集うG2戦。中山記念は2024年で第98回を迎え、昨年はヒシイグアスが勝利した。中山記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
阪急杯は2024年2月25日に阪神競馬場で行われる短距離重賞。阪急杯は2024年で第68回を迎え、昨年はアグリが優勝した。阪急杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。