【高松宮記念2022】追い切り/抜群の動きを見せたのは

高松宮記念2022 追い切り

高松宮記念2022の追い切り・コメントの記事です。高松宮記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2022年3月27日(日) | 2回中京6日 | 15:40 発走
第52回 高松宮記念(GI)芝・左 1200m
Takamatsunomiya Kinen (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2022年・高松宮記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
高松宮記念は2022年3月27日に中京競馬場で行われる春のG1戦の始まりを告げる戦い。2022年で第52回を迎え、スピード自慢が集結する。昨年はダノンスマッシュが制した。高松宮記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも日経賞などが開催される。
日経賞は2022年3月26日に中山競馬場で行われる天皇賞春の前哨戦。日経賞は2022年で第70回を迎え、昨年はウインマリリンが勝利した。日経賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
毎日杯は2022年3月26日に阪神競馬場で行われる三歳限定の中距離重賞。毎日杯は2022年で第69回を迎え、昨年はシャフリヤールが制した。毎日杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。
マーチステークス2022の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2022年のマーチSの出走予定馬にはブルベアイリーデやアナザートゥルースなどが名を連ねています。注目レースの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

高松宮記念2022の追い切りをチェック!

高松宮記念2022 追い切り

高松宮記念に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
日経賞2022の追い切り・コメントの記事です。日経賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
毎日杯2022の追い切り・コメントの記事です。毎日杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
マーチステークス2022の追い切り・コメントの記事です。マーチSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
高松宮記念2022・出走馬の調教後の馬体重(3月24日)

高松宮記念2022 調教後の馬体重

2022年3月24日にJRAより発表された高松宮記念に出走する馬の調教後に計測された馬体重一覧です。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

スポンサーリンク

エイティーンガール

1週前追い切り
栗東・CW・良
5F 66.9-50.4-35.8-11.4(G前仕掛け)

飯田祐調教師
「折り合いをつけて、しまい重点。反応が良く、いい動き。いい状態で向かえそう」

最終追い切り
栗東・CW・稍重
4F 53.5-36.9-11.7(馬なり)

飯田祐調教師
「行きたがる馬だけど我慢は利いていたし動きは良かった。この馬の脚を使える展開なら」
6枠12番について
飯田祐調教師
「前走でうるさい面を見せていたから。枠は12番?偶数枠はありがたい。いい体をしているし体調はいい」

キルロード

1週前追い切り
美浦・坂路・良
800m 55.5-41.3-27.0-12.8(馬なり)

最終追い切り
美浦・坂路・重
800m 52.4-37.8-25.1-13.1(末強め)

菊沢騎手
「久々に乗せてもらいましたが、乗りやすくて、動きも良かった。すごくいい感じでした。(騎乗依頼は)すごいありがたいことで、先生(田村調教師)とオーナー様に感謝です。G1ということで緊張もしてきましたが、冷静にいつも通り馬のベストパフォーマンスを出せるように」

田村調教師
「中2週で強い稽古はいらないので調整程度で十分。メンバーは強いですが、左回りの1200メートル、力のいる馬場と条件的には申し分ありません」

5枠10番について
高木助手
「前走(GⅢオーシャンS=6着)はたまたま出遅れたけど、もともとスタートセンスはいい馬。極端な枠ではなくて丁度いいのかなと思います」

クリノガウディー

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.4-37.6-23.8-11.6(強め)

藤沢調教師
「真っすぐ走れていたし、いい頃に戻った感じ。年齢的な衰えはない」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 54.2-38.8-24.7-11.9(末強め)

藤沢調教師
「いい動きでしたね。しまい重点でしっかり動けていたと思います。前回より状態は上向いています」
6枠11番について
藤沢調教師
「前走ではまだできていなかったところが、ようやくここへきて体が戻ってきた感じに。状態は上向いているので、この枠から上手く脚をタメる形で直線は脚を伸ばせるようならですね」

グレナディアガーズ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.6-66.1-51.3-36.1-10.8(強め)
アラジンバローズ(一杯)の内0.8秒追走・0.5秒先着

福永騎手
「先週より一段、状態が上がって、いいフォームになった。レベルが高く、さすがの動き。G1だとペースが違うし、簡単なレースではない。ただ、うまく走れば勝てるだけの力はある」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.8-37.5-24.0-11.9(馬なり)

中内田調教師
「先週、先々週としっかり追っているので、きょうは整える程度。しまいを伸ばしましたが、いい雰囲気でした。1200メートルは初めてですが、スピードはありますから。前半の速い流れに対応できれば」

福永助手
「前走はうまく折り合いがついたことで切れる脚を使えた。今度はさらに1ハロン短くなってGⅠ。速い流れにどれだけ対応できるかだが、おそらくスピード負けすることはない」

8枠18番について
福永騎手
「この枠が良かったと言えるように頑張りたい。あとは馬場状態がどうかだね。最後入れとなれば出遅れる心配は少なくなると思うし、これから陣営とも話して作戦を考えたい」

サリオス

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 64.1-49.4-35.5-11.0(直一杯)
スマイル(直一杯)の内0.4秒追走・0.2秒先着

堀調教師
「終始手応えが良くて、フルスピードに入りました。息遣いは荒かったですが、しっかりやったことで心肺機能は向上するでしょう。調教後の馬体重は561キロ(前走時は542キロ)。今回は短距離戦なので、無理に体を絞るつもりはありません」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 65.6-50.4-36.3-11.0(馬なり)
ルーカス(馬なり)の内0.5秒追走・同入

堀調教師
「今日はブリンカーをしてジョッキーの方に感触、反応を確かめてもらいましたが、スムーズにスピードに乗れていますし、十分な仕上がりにあると思います」

サンライズオネスト

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 50.9-36.6-24.1-12.0(一杯)

河内調教師
「動きは良かったし、時計も十分。しっかりカイバを食べて、状態はキープしている」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 50.9-36.3-23.9-12.3(一杯)

河内調教師
「いい時計が出ている。前走は少し太かったかもしれないけど、そのあたりも解消している。千二が一番合うと思う。強い馬がそろっているけど、状態の良さでどこまで頑張れるか」
「いい動きだったね。いかにもスプリンターという体つきになってきたし、GⅠでも楽しみだよ」
3枠6番について
河内調教師
「できれば内の方が良かったし、馬混みも苦にしないからね」

シャインガーネット

1週前追い切り
美浦・南W・良
6F 82.1-65.9-51.3-37.0-11.6(馬なり)

栗田調教師
「暖かくなって動きに柔らかみがある。こちらの要求通りのメニューを消化してくれている。左回り6Fは最高の条件」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
6F 82.4-65.7-51.2-37.2-11.4(馬なり)

栗田調教師
「時計を出そうと思えば出せてしまう。それよりも折り合い面に進境があり、思うような調教ができました。相手強化だが、うまく立ち回ってほしい」
2枠3番について
栗田調教師
「極端な外よりいい。条件はベスト。時計がかかるのいい」

ジャンダルム

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.6-38.3-24.8-12.0(馬なり)

岩崎助手
「いい動きでした。馬場は重たくなっているように感じましたが、その中でこれだけ時計が出るんですから調子がいいんでしょうね。中間もすごく順調ですし、ゲート練習もジョッキーが乗って、おとなしくできていましたよ」

ダイアトニック

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.0-37.6-24.0-11.7(強め)

安田隆調教師
「いい動き。まだ緩いけど時計は出た」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 53.7-38.4-24.5-12.1(末強め)

安田隆調教師
「54秒くらいと思っていたので予定どおり。馬場が悪くてもラスト1ハロン12秒1と状態は良さそうだ。道悪もこなせると思う」
「岩田(康)さんは阪急杯の時、まだ7割と言っていました。今回の方がいいです」
7枠14番について
安田隆調教師
「できれば真ん中あたりがいいと思っていたんですが、14番は(昨年のダノンスマッシュと同じで)縁起がいいですね。あとは雨の影響がどれだけ残るかでしょうか」

ダイメイフジ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 53.6-38.6-24.9-12.6(一杯)

小沢騎手
「遅い時間帯で馬場も悪かったけどパワーのある力強い走り。最後もスッと反応してくれた。(G1初騎乗なので)悔いの残らないレースを」

トゥラヴェスーラ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.1-36.5-23.6-12.0(強め)

鮫島駿騎手
「無理せず、いい時計。体のバランスが良くなって充実しています」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 56.8-41.0-26.3-12.8(馬なり)

高橋康調教師
「阪急杯の時と同じような追い切りをしたが手応えは今回の方がいい。毛づやが良くなり、調子が良くなっている。道悪は苦にしないし、左回りの方が走りやすい馬です」

岩倉厩務員
「充実していて今が完成形。7歳でも馬は若いね。右手前のほうが好きな馬だから左回りの方がよりいい。雨馬場も時計が速くなるよりはいいでしょう」

7枠13番について
高橋康調教師
「枠に関しては当日の馬場状況を見て、相性のいいジョッキーがうまく考えてくれると思います。馬体の張りは前走以上に良くみせていますし、左右の筋肉のつき方のバランスが良くなりました」

ナランフレグ

1週前追い切り
美浦・坂路・良
800m 57.2-41.8-27.5-13.9(馬なり)

宗像調教師
「前走の疲れも取れて馬は元気いっぱい。競馬が上手になってきた。左回りの方がより走るので舞台(中京)も合っている」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 69.7-53.2-37.9-11.4(馬なり)
ウインキートス(馬なり)の外0.5秒先行・同入

丸田騎手
「今週はサッとしまい重点で。今回も変わらずいいですね。以前よりも3~4角でハミをしっかり取って、いい感じで直線に向かえるようになった。それが充実の証しでしょう。相手は強いけど、この馬の個性を生かしたい」

宗像調教師
「変わりなく順調にきています。今は右回りも左回りも変わらず安定して走ってくれる。G1に挑戦させてもらうので、何とか頑張ってもらいたいと思います」

1枠2番について
宗像調教師
「(前に)行けないので外よりはいいんじゃいかな。向正面で経済コースを通れるし、直線でうまくさばかないといけませんが、そんなイメージです」

ファストフォース

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.9-40.7-26.7-13.3(馬なり)

西村調教師
「動きは悪くない。前走も体調は良かったが、引き続きいい状態」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 54.8-39.5-24.9-12.3(強め)

柴山騎手
「ずぶといところがあるので、それを確かめてほしいとの指示。状態は悪くないですし、この馬のいいところを引き出したいですね」
7枠15番について
下川助手
「かぶされない位置で運びたい」

メイケイエール

1週前追い切り
栗東・CW・良
4F 51.5-36.0-11.6(直強め)

池添騎手
「しまいをしっかり伸ばした。落ち着きがあるし、雰囲気もいい」

最終追い切り
栗東・CW・稍重
4F 52.1-36.0-11.3(馬なり)

池添騎手
「先週よりよかったです。雰囲気も落ち着いていて、体もパンプアップしています。天性のスピードがあって、すごくいいフォームで走る。G1を取れる器だと思っています」

武英調教師
「馬はもう出来ているので、ジョッキーに感触と手応えを確かめてもらう程度の追い切りだった。道中の折り合いも良く、時計は速いけど、ジョッキーはまだ余裕があると言っていた。いい動きだった」

8枠17番について
武英調教師
「枠はどこでもいいと思っていたけど、土曜の雨の影響で内が荒れることも考えられるし、恵みの雨となってくることを願いたいですね。落ち着きがあって馬の雰囲気はすごくいいですよ」

ライトオンキュー

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 49.6-36.6-23.7-12.1(末強め)
ダンケシェーン(一杯)を0.7秒追走・同入

昆調教師
「久々の方がいいタイプ。この馬なりにいい動き」
「攻めすぎないようにもっていきたい」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 53.5-38.9-24.8-12.3(馬なり)
ダンケシェーン(馬なり)を0.9秒追走・0.1秒先着

昆調教師
「久々でフレッシュなほうが力を出せるタイプ。昨年のように馬場が渋ったほうがいいので、雨は歓迎」
2枠4番について
昆調教師
「内めの枠が良かった。自分で体をつくるタイプなので状態に関しては問題ない。休み明けの方がパフォーマンスがいいし一発を狙う」

レイハリア

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 68.3-52.2-37.9-11.2(G前仕掛け)
トルヴァルツァー(一杯)の外0.8秒追走・0.4秒先着

田島調教師
「しまい強めにやりたかった。気持ちは安定しているので力を出せれば」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.6-52.3-37.8-11.3(馬なり)
ウラカワノキセキ(馬なり)の外0.7秒追走・0.6秒先着

亀田騎手
「反応がすごく良かった。調教での騎乗は北海道以来でしたが、その時は角馬場やキャンターで力んで走っていましたが、きょうは折り合って、テンションも落ち着いていた。おとなしくなって成長を感じます」

田島調教師
「動き自体は良かったですよ。長く厩舎にいて、いい調整ができている。テンションも落ち着いていました」

3枠5番について
田島調教師
「前回外枠がよろしくなかったので内でよかった。ジョッキーも言っていたが、思い切ってハナに行ってもいいと思う」

レシステンシア

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 50.1-36.1-23.4-11.7(一杯)

横山武騎手
「1週前なので、しっかり動かしました。想像以上に体が大きく、ダイナミックに体を使えています。スピードは一級品。特に癖もなく、いい感触をつかむことができました」

金浜厩務員
「動きは良かった。先週はゲートの駐立も確認。(馬は)競馬モードになってきた」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.7-37.9-24.6-12.1(末一杯)

松下調教師
「いつもと変わらず動いています。今日も動きは良かった。最後はしっかりやりました。コース相性はいいし、去年も外枠でしたけど、最後はよく追い詰めてくれました。(2着続きで)悔しいけれど成績は立派。もうひとつタイトルを取りたいです」

河北助手
「けさは疲労が残らないようにテンを15・0秒で入ってラスト1ハロン12・0秒くらいの予定だった。思っている時計で最高の仕上がりだと思う。海外遠征帰りになるけど、今回は大幅に馬体が増えてパワーアップしている。週末は雨予報だけど、道悪もこなしている馬でとくには心配していない。今の状態なら負ける要素は見当たらない」

4枠7番について
河北助手
「とくに枠順は気にしていなかったけど、去年(16番)よりはいい枠が当たったかな。体が大きくなってパワーアップした感じだし、フットワークもダイナミックになって、最高の状態でレースへ向かえると思う」

ロータスランド

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 80.5-64.9-50.7-36.0-11.1(一杯)
ワイドファラオ(一杯)の内0.6秒追走・0.5秒先着

辻野調教師
「前走と比べると動きが軽くなっている。スタートセンスが良く、スピードもあるし、初の1200メートルでも楽しみ」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.8-37.9-24.6-12.4(馬なり)

辻野調教師
「前にいた他厩舎の馬が目標になる形になり、思っていたより時計が出ましたね。それでもその馬をかわしてからフワッとする面もあったので、明日、あさってでそのあたりを確認したいと思います。週末の雨予報でソフトな馬場になったほうがよりパフォーマンスを発揮できると思いますよ」
5枠9番について
辻野調教師
「週中に話してジョッキーは真ん中あたりの枠がいいと言っていたんですが、彼は持ってますね(笑)。有力馬を内外に見ながらレースを進められそうです。道悪になっても大丈夫なので」

2022年・高松宮記念の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2022年 高松宮記念|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2022年・高松宮記念の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はサンライズオネストに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(10/2)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
大阪杯は2022年4月3日に阪神競馬場で行われる春の中距離王を決める一戦。2022年で第66回を迎え、豪華メンバーが集結。昨年はレイパパレが制した。大阪杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
桜花賞は2022年4月10日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2022年で第82回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はソダシが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

シェアする