【フラワーカップ2022】結果・動画/スタニングローズが差し切り重賞初V

フラワーカップ2022 スタニングローズ

フラワーカップ2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のフラワーCの着順は1着:スタニングローズ、2着:ニシノラブウインク、3着:シンティレーションとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のフラワーカップはスタニングローズが差し切り重賞初V

2022年3月21日(月) | 2回中山8日 | 15:45発走
第36回 フラワーカップ(GIII)芝・右 1800m
Flower Cup (G3)

スポンサーリンク

2022年・フラワーカップの動画

関連記事
昨年のフラワーカップはホウオウイクセルが制していた。
フラワーカップ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のフラワーカップの着順は1着:ホウオウイクセル、2着:エンスージアズム、3着:ユーバーレーベンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・フラワーカップの結果

スポンサーリンク

1着:スタニングローズ
2着:ニシノラブウインク(1/2馬身)
3着:シンティレーション(2馬身)
4着:ダイム(1/2馬身)
5着:デインティハート(3/4馬身)
6着:パーソナルハイ
7着:キタサンシュガー
8着:モカフラワー
9着:ティズグロリアス
10着:コルベイユ
11着:アポロルタ
12着:アプサラー

勝ちタイム:1.48.5
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

関連記事
G1・桜花賞をにぎわす馬は?
桜花賞は2022年4月10日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2022年で第82回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はソダシが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

フラワーカップ2022 スタニングローズ

1着 スタニングローズ(川田将雅騎手)
「あまりいいスタートを切ることができなくて、そのわりには枠もよかったですし、すぐにリカバリーできたので、その後はよく我慢していい内容で運べていたと思います。雰囲気はよかったですし、いい形で直線を向くことができたと思います。(直線は)まだちょっと動けなかったので、動きをつくりながら、動き切ってしまってからは大丈夫な雰囲気が出ましたので、無事に勝てて何よりです。馬体が良くなっていまして、パドックでまたがった瞬間から成長を感じる体になっていました。未勝利を勝った時でも、重賞クラスにたどり着く馬だと感じていましたし、こうして重賞を勝てましたし、この後も彼女のペースで成長がともなってくればと思います」

(高野友和調教師)
「ゲートの駐立が悪かったけど、(川田)ジョッキーに任せておけばこうなるという競馬でした。さすがのポジションでした。まだ本当に適性はつかみ切っていませんが、1800メートルはこなしたと思います。ここを勝ちに来たので今後は未定ですが、状態が良ければ春にもう一戦使うことになると思います」

2着 ニシノラブウインク(三浦皇成騎手)
「今までで一番体を使えて走れていました。自分のリズムで運んでそれもうまくいきました。距離もこれなら延ばしてもよさそう。いい状態に戻ってくれて良かったです」

(小手川準調教師)
「競馬を覚えて来てくれています。一つ一つ段階を踏んで教えてきましたが、今のところこちらの思い通りに成長しています。夢は繋げられたでしょうか。次走はオーナーと相談し、馬の状態も見ながら決めて行きたいと思います」

3着 シンティレーション(横山武史騎手)
「馬場が合わなかったですね。3、4角で外を回っていいところに出すとジリジリと伸びてくれました。さらに成長してくれればいいですね」

4着 ダイム(横山和生騎手)
「今日はゲートを気をつけて出さないといけないと思っていました。勝ち馬のもう1列前で競馬をしていればもっと違った結果になったかも知れません。こういう馬場は得意そうだと思っていました」

5着 デインティハート(菅原明良騎手)
「スタートが出れば前目につけようと思っていましたが、出なかったので後ろからになりました。スタミナが他の馬よりもあると思ったので、向正面で早目に動いて行きました。ラストの脚比べでは苦しくなりましたがよく頑張っています」

6着 パーソナルハイ(藤岡康太騎手)
「今日はゲートが全てです。ちょうど横を向いたタイミングでスタートを切られてしまいました。その中でも、前回の経験が生きて馬込みで脚を使っているのですが・・・。馬場や展開を考えると上手くスタートを出せなかったのが悔やまれます」

7着 キタサンシュガー(坂井瑠星騎手)
「ゲートやテンションが課題でしたが何とか我慢してくれました。2戦目で道中の力みも強かったですし、初めての経験だらけだったので、これが良い経験になってくれればいいと思います」

8着 モカフラワー(石川裕紀人騎手)
「この馬本来の走りができなかった。仕上がりは悪くなかった」

9着 ティズグロリアス(C.ルメール騎手)
「まだ背中が柔らかいです。跳びが大きいので広い競馬場の方が良いと思います。これから良くなってくる馬です」

10着 コルベイユ(勝浦正樹騎手)
「現時点でやれることはやりました。まだ体は華奢だけど、可能性を信じました。まだパワーアップしてくる馬。出直したい」

11着 アポロルタ(吉田豊騎手)
「内枠をひいて馬の後で運ぶ形をとれればよかったけど、初めての距離で外、外を運んだことを思えば、よく頑張ってくれました」

12着 アプサラー(津村明秀騎手)
「思ったより行くことができたけど、力のいる芝は現状は厳しかった。ダートの1400、1600メートルくらいなら自己条件で頑張れると思います」

勝ち馬プロフィール

フラワーカップ2022 スタニングローズ

スタニングローズ(Stunning Rose)牝3/鹿毛 高野 友和(栗東)
父:キングカメハメハ 母:ローザブランカ 母父:クロフネ
馬名の由来:魅力的な薔薇

関連記事
スタニングローズはこれまでに重賞ではサウジアラビアロイヤルカップで3着などの実績があった
サウジアラビアロイヤルカップ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のサウジアラビアRCの着順は1着:コマンドライン、2着:ステルナティーア、3着:スタニングローズとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。