【日経賞2022】追い切り/動きを見極め勝利に近づけ

日経賞2022 追い切り

日経賞2022の追い切り・コメントの記事です。日経賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2022年3月26日(土) | 3回中山1日 | 15:45 発走
第70回 日経賞(GII)芝・右 2500m
Nikkei Sho (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2022年・日経賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
日経賞は2022年3月26日に中山競馬場で行われる天皇賞春の前哨戦。日経賞は2022年で第70回を迎え、昨年はウインマリリンが勝利した。日経賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも高松宮記念などが開催される。
高松宮記念は2022年3月27日に中京競馬場で行われる春のG1戦の始まりを告げる戦い。2022年で第52回を迎え、スピード自慢が集結する。昨年はダノンスマッシュが制した。高松宮記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
毎日杯は2022年3月26日に阪神競馬場で行われる三歳限定の中距離重賞。毎日杯は2022年で第69回を迎え、昨年はシャフリヤールが制した。毎日杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。
マーチステークス2022の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2022年のマーチSの出走予定馬にはブルベアイリーデやアナザートゥルースなどが名を連ねています。注目レースの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

日経賞2022の追い切りをチェック!

日経賞2022 追い切り

日経賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
高松宮記念2022の追い切り・コメントの記事です。高松宮記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
スポンサーリンク

アサマノイタズラ

最終追い切り
美浦・南W・稍重
6F 86.0-69.4-54.6-39.0-11.1(G前仕掛け)
インターミッション(馬なり)の内1.0秒追走・0.1秒先着

横山武騎手
「全体的に良さそうでした。口向きが難しいところ以外は気になりません。しまいもすごくいい脚でした」

ウインキートス

最終追い切り
美浦・南W・稍重
6F 85.9-69.2-52.9-37.5-11.3(馬なり)
ナランフレグ(馬なり)の内0.5秒追走・同入

宗像調教師
「時計は速くないですが整ったと思います。馬体の変動もありません」
「先週よりも動きが良くなり態勢は整った。ジョッキー(丹内)とも、うまくコンタクトが取れたと思う。G1で強敵に、もまれて少しは成長しているはず」

エフェクトオン

最終追い切り
美浦・南W・稍重
6F 83.3-67.2-52.4-37.8-11.6(G前仕掛け)

久保田調教師
「雰囲気が良く、最後までしっかり走り切れるようになった。実力的に足りない部分はあるが、走り慣れた距離でどこまで」

クレッシェンドラヴ

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 68.9-53.5-38.6-12.0(馬なり)
グルアーブ(直一杯)の内0.6秒追走・同入

林調教師
「しまい重点だが、半年ぶりだった前走と比べて動きが素軽くなった。年齢を感じさせないし、何とか前走以上を」

サクラアリュール

最終追い切り
栗東・ポリ・良
6F 78.2-62.9-49.2-37.7-11.8(一杯)
ルクスランページ(馬なり)の外を1.7秒追走・3F併同入

スマイル

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 70.1-53.2-38.6-11.5(馬なり)
グランプレジール(馬なり)の内0.5秒追走・同入

堀調教師
「ノドは鳴っているが、動きはシャープで息もできている。調教で切れが出てきた今なら、ためても脚を使えると思う。距離、コース適性で勝負になっていい」

タイトルホルダー

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.2-52.2-37.6-11.6(馬なり)
ロンドンテソーロ(馬なり)の内0.6秒追走・同入

栗田調教師
「先週と体、気持ちがガラッと変わってきた。先週までは走りたくて仕方がない感じで、なだめるのに苦労したけど、今週はそんな感じじゃないですね。折り合いもよく、ジョッキーの感触も良かった。動きもいい。まだまだよくなる要素はありますけど、このくらいの状態で前哨戦にいければと思います」

ディバインフォース

最終追い切り
栗東・CW・稍重
5F 67.0-51.4-36.9-11.4(一杯)
クロガネ(一杯)の内1.7秒追走・0.3秒先着

寺島調教師
「これまでにないくらい動きましたね。ただ今回は2500メートルで、もう少し距離が欲しい感じ。中山コースの適性は高いので天皇賞・春へ向けていいレースができれば」

トラストケンシン

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 59.2-42.7-28.4-14.2(馬なり)

高橋文調教師
「先週くらいから弾むような感じが出て、いい感じに仕上がった。少しずつ加速していく競馬が理想」
「最後は乗り手が鐙(あぶみ)を滑らせて落馬したけど、現状は問題なさそう」

ハヤヤッコ

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.4-52.1-37.8-11.8(馬なり)
コマンドライン(馬なり)の外0.5秒先行・同入

国枝調教師
「以前は稽古で動かなかったが、最近は動きが良く状態もいい。芝は久々だがデビュー時に走っているので、こなしてくれる」

ヒートオンビート

最終追い切り
栗東・ポリ・良
6F 82.2-67.1-52.5-38.7-11.5(馬なり)

友道調教師
「先週ジョッキーに乗ってもらい、しっかりやっているのでポリトラックでサラッと。距離に関係なく最後に甘くなるのはジョッキーも分かってくれている」

大江助手
「トモに厚みが出て古馬の体つきになってきた。いろいろな競馬ができて鞍上も分かっているので期待している」

ボッケリーニ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 59.5-44.6-28.9-13.8(馬なり)

兼武助手
「月曜に実質追い(CWコース・7F 98.9-67.4-52.4-36.8-11.3(一杯))をしているので木曜は軽く乗った。帰厩時に比べて体も締まってきた」

ラストドラフト

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 65.4-51.5-37.5-11.6(G前仕掛け)
スーパーブレイク(馬なり)の内1.6秒追走・0.1秒先着

斉藤助手
「帰厩時は体に余裕があったが、毎週しっかり追い切って、今週も素軽い走りができた。好結果が出ている条件だし、スムーズなら、まだまだやれる馬です」

ランフォザローゼス

最終追い切り
美浦・芝・稍重
4F 55.4-39.7-12.2(馬なり)
レッドサイオン(馬なり)の内0.2秒追走・同入

蛯名調教師
「いい動きだったと思う。順調そうだね。いい状態をキープしているし、もう少し良くなっているかも」

ワイドエンペラー

最終追い切り
栗東・CW・稍重
6F 83.2-66.5-51.0-35.8-11.3(一杯)
メイショウヒューマ(強め)の内0.8秒追走・アタマ先着

藤岡調教師
「変わらず、いい状態。前走はうまくいかなかったが、勝ってここへ、と思っていたので格上挑戦でも」

2022年・日経賞の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2022年 日経賞|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2022年・日経賞の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は高松宮記念でサンライズオネストに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(10/2)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
大阪杯は2022年4月3日に阪神競馬場で行われる春の中距離王を決める一戦。2022年で第66回を迎え、豪華メンバーが集結。昨年はレイパパレが制した。大阪杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
桜花賞は2022年4月10日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2022年で第82回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はソダシが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

シェアする