【高松宮記念2019】結果・動画/ミスターメロディが波乱の電撃戦を制す

高松宮記念2019 ミスターメロディ

高松宮記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の高松宮記念の着順は1着:ミスターメロディ、2着:セイウンコウセイ、3着:ショウナンアンセムとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の高松宮記念はミスターメロディが波乱の電撃戦を制す

2019年3月24日(日) | 2回中京6日 | 15:40 発走
第49回 高松宮記念(GI)芝・左 1200m
Takamatsunomiya Kinen (G1)

スポンサーリンク

2019年・高松宮記念の動画

関連記事
昨年の高松宮記念はファインニードルが制していた。

高松宮記念 2018の動画・結果です。高松宮記念の結果は1着:ファインニードル、2着:レッツゴードンキ、3着:ナックビーナス。「ファインニードル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・高松宮記念の結果

1着:ミスターメロディ
2着:セイウンコウセイ(1/2馬身)
3着:ショウナンアンセム(アタマ)
4着:ダノンスマッシュ(1/2馬身)
5着:ティーハーフ(1/2馬身)
6着:レッツゴードンキ
7着:デアレガーロ
8着:ロジクライ
9着:アレスバローズ
10着:ラインスピリット
11着:ダイメイフジ
12着:ペイシャフェリシタ
13着:ヒルノデイバロー
14着:ナックビーナス
15着:モズスーパーフレア
16着:ダイメイプリンセス
17着:スノードラゴン
18着:ラブカンプー

勝ちタイム:1.07.3
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

関連記事
ミスターメロディは3歳時にファルコンステークスを制していた。

ファルコンステークス 2018の動画・結果です。ファルコンステークスの結果は1着:ミスターメロディ、2着:アサクサゲンキ、3着:フロンティア。「ミスターメロディ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント

高松宮記念2019 ミスターメロディ

1着 ミスターメロディ(福永祐一騎手)
「やりたい競馬が出来ましたし、よく頑張ってくれました。初めての1200mで、スタートは良かったのですが、ジッとしていると置かれてしまいそうでしたから、促してポジションを取りに行きました。直線は内を突こうと思っていましたし、前がうまく空いて、慌てずに自分のタイミングで仕掛け、うまくいきました。コンディションはずっと良かったのですが、これまで結果が出ず、今日は何としても結果を出したいと思っていました。初めての1200mでこうやって結果を出せることにセンスを感じます。1400mまでは守備範囲ですし、ダートも走れる馬。選択肢は広がりましたし、これから短距離界を引っ張っていってくれたらと思います」

(藤原英昭調教師)
「条件が合っていて、中京は我々も好きなコースですし、力を発揮出来るコースでもあります。狙っていたところを勝ててうれしいです。(自身GI・10勝目について)数が云々というより、皆さんの大事な馬のパフォーマンスを上げて、牡馬であれば種牡馬に、牝馬であれば繁殖牝馬になるように育てています。皆さんに感謝です。良馬場で内枠を引いたことで、福永騎手と並びを見てイメージがつきました。スタートを切って理想的な順番で上がって来て、これはいけるかな、と思いました。昨日から馬場を見て、今日は若干変わっていました。(2014年の)ストレイトガールの時は大雨が降って泥んこ馬場になって負けてしまいました。馬場は気を使っていました。風が吹いて内も残るだろうと思っていました。ダートも、1400~1600mも走る馬です。オーナーと相談して左回りを狙いました。しっかりした血統の馬を仕上げた結果です。小さい時から見ていたこのレースを勝てて感無量です。(この馬の父Scat Daddyがこの世を去って)残さないといけないと思った血統で、GIを取らないといけないというプレッシャーがありました。ひと安心です」

2着 セイウンコウセイ(幸英明騎手)
「陣営とは、今日は逃げずに少し抑えて行く、と話していました。いつもよりゲートが速かった中、抑えた時に少しハミを噛んだことがもったいなかったですが、もう少しでしたし、惜しかったです。GI馬らしい走りをしてくれました」

3着 ショウナンアンセム(藤岡康太騎手)
「位置は気にせず、この馬のリズムで行きました。3コーナーで前はゴチャつきましたが、この馬自身はスムースに立ち回ることが出来ました。最後は差を詰めてくれましたし、もう少しでした。よく頑張ってくれました」

4着 ダノンスマッシュ(北村友一騎手)
「イメージしていた形で競馬は運べました。ただ、4コーナーを内を空けずにきれいに回りたかったのですが、内から出てこられて、余計に外を回る形になりました。これまで内をロスなく立ち回って来る競馬が続いていましたが、今日は外から、時計が速い中でもしっかり脚を使ってくれたと思います」

(安田隆行調教師)
「いい枠順だと思いましたが、結果的には災いしたかもしれません」

5着 ティーハーフ(国分優作騎手)
「いい手応えで突き抜けるのではないかというくらいの反応でした。年齢を感じさせない動きをしてくれました。長くこの馬を見ている厩舎の担当者も分かってくれていて、しっかり仕上げてくれました。感謝です」

6着 レッツゴードンキ(岩田康誠騎手)
「インに潜り込めて4コーナーもいい感じで回って来られたんですが、坂のあたりで両サイドから挟まれてブレーキを踏んでしまったことが痛かったです」

7着 デアレガーロ(池添謙一騎手)
「直線、いい脚でしたが、今日は内がいい馬場でした。先週までの馬場なら外枠も有利かと思っていましたが、ロスのないよう内に入って行きました。直線は外に出すしかありませんでしたが、いい脚を使っています。GIでやれるところまで力をつけていることを感じますが、今日は不完全燃焼、悔しいです」

8着 ロジクライ(C.ルメール騎手)
「1200メートルは初めてで、コーナーもスムーズじゃなかった。でも、距離は問題なさそうです」

9着 アレスバローズ(川田将雅騎手)
「(3コーナーで不利があり)あれじゃ競馬になりません。かわいそうでした」

10着 ラインスピリット(森一馬騎手)
「前半はロスなく内でためる形でした。思ったより伸びませんでした。馬は徐々に良くなっています。今日は相手が強かったです。オープンや重賞で頑張りたいです」

11着 ダイメイフジ(丸山元気騎手)
「一生懸命に走ってくれましたが、外枠で内に潜り込めませんでした」

12着 ペイシャフェリシタ(松田大作騎手)
「外枠がこたえました。直線は伸びてくれてるんですが…」

13着 ヒルノデイバロー(横山典弘騎手)
「よく頑張っている。」

14着 ナックビーナス(大野拓弥騎手)
「状態は上がっていましたが、3コーナーでごちゃついてしまいました。走りきれなかったです」

15着 モズスーパーフレア(武豊騎手)
「スタートのタイミングはよかったけど、ダッシュがつかなかった。激走の影響か、少し硬さがあったし、本来の走りではなかった」

(音無秀孝調教師)
「騎手に指摘されるまで分かりませんでしたが、今日は体調面で今ひとつでした。万全ならこんな走りではありません。追い切りをやりすぎたかもしれません」

16着 ダイメイプリンセス(M.デムーロ騎手)
「外枠がきつかったです。状態は前走より良かったです」

17着 スノードラゴン(藤田菜七子騎手)
「出たなりで行きたかったのですが、3コーナーでリズムを崩して危ない場面があり、かわいそうな競馬になってしまいました。(2度目のGI騎乗について)関係者の皆様には感謝の気持ちで一杯ですし、この経験を生かして、また来週から頑張ります」

18着 ラブカンプー(酒井学騎手)
「スタートは速かったですが、集中力が途切れてしまいました」

勝ち馬プロフィール

高松宮記念2019 ミスターメロディ

ミスターメロディ(Mr Melody)牡4/鹿毛 藤原 英昭(栗東)
父:Scat Daddy 母:Trusty Lady 母父:Deputy Minister
馬名の由来:曲名