【紫苑ステークス2023】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

紫苑ステークス2023 追い切り

紫苑ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。紫苑Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2023年9月9日(土) | 4回中山1日 | 15:45 発走
第8回 紫苑ステークス(GIII)芝・右 2000m
Shion Stakes(Shuka Sho Trial) (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・紫苑ステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
紫苑ステークスは2023年9月9日に中山競馬場で行われ、関東から秋華賞へ向かう馬にとって重要な一戦。紫苑ステークスは2023年で第8回を迎え、昨年はスタニングローズが制した。紫苑Sの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にもセントウルステークスなどが開催される。
セントウルステークスは2023年9月10日に阪神競馬場で行われる6ハロンの電撃戦。2023年で第37回を迎え、毎年スピード自慢が集う一戦。昨年はメイケイエールが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
京成杯オータムハンデキャップ2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。京成杯AHは2023年9月10日に中山競馬場で行われるマイルG3戦。2023年で第68回を迎え、昨年はファルコニアが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

紫苑ステークス2023の追い切りをチェック!

紫苑ステークス2023 追い切り

紫苑ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
セントウルステークス2023の追い切り・コメントの記事です。セントウルSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
京成杯オータムハンデキャップ2023の追い切り・コメントの記事です。京成杯AHの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アップトゥミー

最終追い切り
美浦・南W・良(田辺)
5F 66.6-51.5-37.2-11.5(G前仕掛け)
シックスペンス(馬なり)の内0.8秒追走・同入

田辺騎手
「稽古は違う馬みたいに落ち着いていた。2000メートルなのでいい方に出てほしい」

国枝調教師
「いい感じで追い切れました。500キロ近くあるが、乗り込んでのもので馬体の成長を感じます」

アマイ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 67.4-51.8-37.2-11.6(馬なり)
ニシノコウフク(馬なり)の外0.4秒先行・0.1秒遅れ

伊藤大調教師
「稽古で動けるようになり、力をつけている。状態は上向き」
「順調に来ています。後ろに脚を使わせる競馬ができれば楽しみです」
エミュー

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 69.2-52.6-38.4-12.6(馬なり)

和田正調教師
「いい動きだったと思います。先週に時計を出してから良くなってきた。今日は最初から馬を落ち着かせて、テンションを上げないようにした。背が伸びて体にも筋肉が付いてきたと思います」
「先週追ってからグンと良化。リラックスして走れていたし、落ち着きが出て成長を感じる」
キミノナハマリア

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 88.8-72.8-57.3-41.2-12.4(馬なり)

千田調教師
「追い切りはいい感じにきています。一回使っての上積みはありますよ。中山の2000メートルはジョッキーの腕が試される舞台だと思うので、(初コンビとなるルメール騎手は)いい鞍上だと思います。気分良く走ってくれれば。このメンバーで走れば、今後が楽しみになります」
グランベルナデット

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 84.3-67.5-51.0-36.2-11.3(馬なり)

大竹調教師
「(今週も)控えるつもりはなかった。気持ちが乗っているので単走にしました。動きは申し分なかったし、春のダメージはありません。緩さがだいぶ解消してきた。休み明けでも力を出せる出来。注文がつかない馬ですし」
シランケド

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 57.2-42.1-27.8-13.5(馬なり)

牧浦調教師
「坂路でサラッとやりました。状態をキープしていければ、と思います。距離は大丈夫でしょう」
「ゲートは遅いですがこの馬なりに出るようになっています」
ソレイユヴィータ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.4-40.0-26.2-12.3(馬なり)

杉山晴調教師
「使うごとに上積みを感じるし言うことないぐらいスムーズに来ている。重賞に挑戦するのにふさわしい状態。坂のあるコースの2000メートルは大きなポイントだが、克服してくれないことには次もないので」
ダルエスサラーム

最終追い切り
栗東・坂路・良(坂井瑠)
800m 53.8-38.7-24.7-12.0(末強め)

高野調教師
「いい動きだった。体にも張りがあって具合はいい。前走の内容だけ見ると2000メートルの方がレースはしやすそう」
ニシノコウフク

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 83.3-66.9-51.4-37.0-11.4(馬なり)
アマイ(馬なり)の内0.4秒追走・0.1秒先着

伊藤大調教師
「前走は状態がもうひとつで度外視。フラワーCで善戦したときの状態にある」
ヒップホップソウル

最終追い切り
美浦・南W・良(横山武)
5F 66.7-51.6-37.1-11.3(馬なり)
ゴールデンシロップ(馬なり)の外0.4秒先行・0.2秒先着

横山武騎手
「いい馬。だけど難しいところがある印象。バランスも(左右)対称じゃないし、口向きも難しい。動きはなかなかいいですけどね」

木村調教師
「まだ左右のバランスが良くないけど、馬体は大きくなっています。馬は元気そうですし、ポテンシャルの高さを感じていますよ。(レースでは)スタートしてからコーナーまで距離があるので折り合いはつきそう。いかに自分のリズムで走れるかが鍵。うまく脚をためたいです」

フィールザオーラ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 65.6-50.8-36.9-12.1(強め)

武井調教師
「ダート向きだが、馬はすごくパワーアップした」
「パワーアップしています。逃げにはこだわらない。戦法はジョッキー(三浦)に任せます」
フルール

最終追い切り
美浦・南W・良(石橋脩)
6F 85.2-69.0-54.6-39.7-12.7(一杯)

上原佑調教師
「元々、調教で動く馬ではないので気にしていない。体はいいですね。伸びしろを感じるし、コーナー4つの中山なら問題ないでしょう」
マーゴットミニモ

最終追い切り
美浦・芝・良(助手)
5F 64.1-49.4-36.1-11.7(馬なり)
トロピカルタウン(馬なり)の外0.6秒追走・0.1秒先着

伊坂調教師
「1勝馬で格上挑戦になるが、状態は右肩上がり」
「前走後、放牧に出しましたが、順調に乗り込めています。台風で馬場が渋れば面白い」
ミシシッピテソーロ

最終追い切り
美浦・南W・良(石川裕)
5F 68.5-53.2-38.6-11.8(馬なり)
ヒットザシーン(馬なり)の内0.7秒追走・0.2秒遅れ

石川騎手
「馬のリズム重視の競馬になりそう。かみ合えば勝ち負けできる能力はある」

畠山調教師
「先週それなりに追ったので今週は馬なりで。体が大きくなって出来はいいです」

ミタマ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 56.3-40.3-25.8-12.6(馬なり)
ジーティースピカ(馬なり)を0.4秒追走・同入

上村調教師
「休み明けなので、しっかりと乗り込んできた。本来は広いコース向きだと思うので中山に対応できれば」
モリアーナ

最終追い切り
美浦・南W・良(武藤)
6F 83.5-67.1-52.1-37.8-11.6(馬なり)

武藤調教師
「テンの入りが良かったしラストも伸び伸び走れていました。イメージ通りの調整ができました」
「道中リラックスして実にいい感じ。イメージ通り動けていた。2000メートルの距離を念頭にラップの刻み方も満足いくもの。4つコーナーも経験済み。折り合い面に不安はなく、距離は問題ないはず」
ワイズゴールド

最終追い切り
大井・不良
5F 66.1-51.5-37.0-11.2(馬なり)

市村調教師
「輸送は問題ないし、芝も向きそう」

2023年・紫苑ステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 紫苑ステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・紫苑ステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はセントウルステークスでジャングロに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(4/27・4/28)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
ローズステークスは2023年9月17日に阪神競馬場で行われ、秋華賞の最重要トライアル戦に位置づけされている。ローズSは2023年で第41回を迎え、昨年はアートハウスが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
セントライト記念は2023年9月18日に中山競馬場で行われる菊花賞へつながる一戦。2023年で第77回を迎え、昨年はガイアフォースが制した。セントライト記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。