【セントウルステークス2023】追い切り・コメント/動きを見極め勝利に近づけ

セントウルステークス2023 追い切り

セントウルステークス2023の追い切り・コメントの記事です。セントウルSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2023年9月10日(日) | 4回阪神2日 | 15:35 発走
第37回 セントウルステークス(GII)芝・右 1200m
Centaur Stakes (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・セントウルステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
セントウルステークスは2023年9月10日に阪神競馬場で行われる6ハロンの電撃戦。2023年で第37回を迎え、毎年スピード自慢が集う一戦。昨年はメイケイエールが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも紫苑ステークスなどが開催される。
紫苑ステークスは2023年9月9日に中山競馬場で行われ、関東から秋華賞へ向かう馬にとって重要な一戦。紫苑ステークスは2023年で第8回を迎え、昨年はスタニングローズが制した。紫苑Sの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
京成杯オータムハンデキャップ2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。京成杯AHは2023年9月10日に中山競馬場で行われるマイルG3戦。2023年で第68回を迎え、昨年はファルコニアが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

セントウルステークス2023の追い切りをチェック!

セントウルステークス2023 追い切り

セントウルステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
紫苑ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。紫苑Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
京成杯オータムハンデキャップ2023の追い切り・コメントの記事です。京成杯AHの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アグリ

最終追い切り
栗東・坂路・良(横山典)
800m 53.9-38.4-24.3-12.0(馬なり)
ケイデンシーマーク(馬なり)を0.9秒追走・クビ遅れ

安田隆調教師
「横山典騎手もいい感触をつかんでくれたようです。先週、しっかりと負荷をかけて追ったので今朝は楽に時計が出ました。阪神では阪急杯を勝っていますし、速い時計の決着となる1200メートルにも対応できると思います」
「海外遠征を経験して内面的な成長を感じます」

安田助手
「以前よりも落ち着きが出て、体も緩い印象だったのがしっかりとしてきました。心身の成長を感じますね。どういったパフォーマンスをしてくれるのか、楽しみです」

ヴァトレニ

最終追い切り
栗東・坂路・良(調教師)
800m 54.4-38.8-24.3-11.9(馬なり)

長谷川調教師
「全体時計はそこまで求めず、しまいは馬の気持ちに任せてやりました。ブリンカーを着けた感じが悪くなかったので、本番でも着けるか考えたい」
「ペースは落ち着くよりも流れてくれた方がいいですね」
エイシンスポッター

最終追い切り
栗東・坂路・良(角田河)
800m 計測エラー(末一杯)
コマンダンテ(一杯)に0.4秒先着

角田河騎手
「動きは良かったですね。行きっぷりが良くて、反応も十分でした。ちょうどいい負荷がかかったと思います」
「自分の脚を生かせる展開になれば」
ジャングロ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.4-37.8-24.3-12.1(強め)
アドバンスドリーム(一杯)を0.4秒追走・0.2秒先着

高野助手
「もともとが使いながら成長を見せた馬ですからね。長期休養明けだった前走よりも好状態で臨めそうです」

村上助手
「体の使い方が良くなって成長を感じます」

スマートクラージュ

最終追い切り
栗東・坂路・良(岩田望)
800m 53.2-38.5-24.4-11.6(馬なり)

池江調教師
「先週しっかりと負荷をかけているのでもう仕上がっています。(前走は)逃げ馬のペースになってしまったからね。阪神の開幕週というのは悪くないです。力を出せれば」
ディヴィナシオン

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.9-38.2-24.3-12.1(一杯)

青木助手
「先週にびっしりやっているので、この時計は予定通り。動きもよかった。ゲートも練習のおかげで改善していますし、いい体になって充実していますからね」
テイエムスパーダ

最終追い切り
栗東・坂路・良(富田)
800m 53.9-39.4-25.1-12.4(馬なり)

木原調教師
「強い調教は必要ないので、直線を伸ばす感じ。カイバを食べているし、状態は変わらないですね」
「自分の形で競馬はしたい」

菅藤助手
「体調はすごくいい。いいスピードは見せているけど、しまいがね。前回、聖奈(今村騎手)がどうもピリッとしないと言うので、今回はメンコ(覆面)を外してみます。ゲート練習では問題ないし、当日に後ろにもたれなければ。復活のきっかけがほしい」

ドルチェモア

最終追い切り
栗東・坂路・良(池添)
800m 50.9-37.5-24.2-12.1(一杯)
シャウビンダー(一杯)を0.4秒追走・アタマ遅れ

河野助手
「時計も出ていますし、問題なく来ています。中間は函館でも乗り込んできましたからね」
ピクシーナイト

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 50.6-36.4-23.6-12.0(一杯)
ソーダズリング(馬なり)を0.2秒追走・0.1秒遅れ

音無調教師
「春とは順調さが違います。ここまで順調に調整することができました。福永君が乗って勝ったスプリンターズS(2021年)のような好位からのレースが理想。トライアルでいい成績を残して本番へ行きたいです」

生野助手
「春に比べれば順調に何の不安もなくここまでこられた」

ビッグシーザー

最終追い切り
栗東・坂路・良(幸)
800m 51.4-36.7-23.8-12.1(馬なり)

西園正調教師
「2週前、先週とCWコース併せ馬で長めからしっかりやったので、坂路でサッと。楽に行ったにしては時計が出たね。(古馬相手でも)体はあるし、潜在能力も高い」
「ひと夏を越して緩さは少しずつ取れてきました」
ブトンドール

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.2-38.5-23.9-11.5(馬なり)

池添調教師
「いい動きだし、いい状態をキープしている。(前走は)小回りの1200メートルで出していく競馬をしたので、その経験を生かせれば。斤量差もあるので」
ボンボヤージ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 50.5-36.5-24.1-12.4(馬なり)

梅田調教師
「間隔が空いていないのに速い時計。動きはいいが、そのあたりがどう出るか」
モリノドリーム

最終追い切り
美浦・ポリ・良(助手)
5F 68.0-52.8-39.3-11.6(馬なり)

鹿戸調教師
「函館では強かった。GⅡ挑戦になるが、どんな競馬をするか楽しみはある」
「早めに美浦へ戻してきた。開幕週の芝にも対応できると思う」
レジェーロ

最終追い切り
栗東・坂路・良(藤岡康)
800m 53.5-38.3-24.6-12.0(末強め)
ポルテーニャ(一杯)を0.8秒追走・0.4秒先着

藤岡康騎手
「軽く反応を確かめる程度。動きは良かったですね。真面目で乗りやすかったです」
ロンドンプラン

最終追い切り
栗東・坂路・良(吉田隼)
800m 53.5-38.4-24.9-12.6(馬なり)

宮本調教師
「前走のプラス16キロは成長分。間隔が詰まっていますし、ほぼ馬なりでやりました。相手は強くなるけど、1回使った効果は大きいと思います」
「吉田隼騎手に感触をつかんでもらって『いい馬』と言ってくれた。動きも良かったね」

2023年・セントウルステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 セントウルステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・セントウルステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はジャングロに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/18・5/19)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
ローズステークスは2023年9月17日に阪神競馬場で行われ、秋華賞の最重要トライアル戦に位置づけされている。ローズSは2023年で第41回を迎え、昨年はアートハウスが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
セントライト記念は2023年9月18日に中山競馬場で行われる菊花賞へつながる一戦。2023年で第77回を迎え、昨年はガイアフォースが制した。セントライト記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。