【紫苑ステークス2020】出走予定馬・予想オッズ/花言葉は「君を忘れない」

紫苑ステークス2019 パッシングスルー

紫苑ステークス2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年の紫苑ステークスの出走予定馬にはウインマイティーやシーズンズギフトなどが名を連ねています。紫苑の花言葉は「君を忘れない」。忘れられないインパクトを残すのは。

花言葉は「君を忘れない」

2020年9月12日(土) | 4回中山1日 | 15:45 発走
第5回 紫苑ステークス(GIII)芝・右 2000m
Shion Stakes(Shuka Sho Trial) (G3)

スポンサーリンク

2020年・紫苑ステークスの出走予定馬たち

紫苑ステークスの枠順決定!(9月11日)

紫苑ステークス2020 枠順

2020年・紫苑ステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではウインマイティーが8枠17番、シーズンズギフトは8枠16番、スカイグルーヴは6枠11番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2020年・紫苑ステークスの追い切り・コメントをチェック!
紫苑ステークス2020の追い切り・コメントの記事です。紫苑ステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(9月10日)

忘れな草賞2020 ウインマイティー

2020年の紫苑ステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • ウインマイティー(和田竜二)
  • クロスセル(内田博幸)
  • コトブキテティス(北村宏司)
  • シーズンズギフト(C.ルメール
  • ショウナンハレルヤ(丸山元気)
  • スカイグルーヴ(戸崎圭太)
  • ストリートピアノ(武藤雅)
  • スマートリアン(横山武史)
  • チェーンオブラブ(石橋脩)
  • パラスアテナ(武豊
  • フェルマーテ(吉田豊)
  • ホウオウエミーズ(津村明秀)
  • ホウオウピースフル(池添謙一)
  • マジックキャッスル(浜中俊)
  • マルターズディオサ(田辺裕信)
  • ミスニューヨーク(加藤祥太)
  • ラヴユーライヴ(坂井瑠星)
  • レッドルレーヴ(三浦皇成)
回避馬&除外馬
  • エバーマノ(未定)
  • チャイカ(大野拓弥)
  • デジマノハナ(横山典弘)
  • トラストワージー(M.デムーロ)
  • ナリノクリスティー(未定)
  • フラワリングナイト(未定)
  • ベデザンジュ(未定)
  • マリノソフィア(柴田善臣)
関連記事
武豊騎手はパラスアテナに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(11/28・11/29)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
セントウルステークスは2020年9月13日に中京競馬場で行われる6ハロンの電撃戦。2020年で第34回を迎え、毎年スピード自慢が集う一戦。昨年はタワーオブロンドンが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
京成杯オータムハンデ2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年の京成杯オータムハンデキャップの出走予定馬にはスマイルカナやトロワゼトワルなどが名を連ねています。秋競馬の始まりを告げる伝統のハンデ戦。どの馬が勝ってもおかしくない。

出走予定馬・ピックアップ

シーズンズギフト

中山競馬場で行われるG3「紫苑ステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

ウインマイティー(Win Mighty)

ウインマイティー・3歳牝馬
7戦3勝 [3-1-1-2]
父:ゴールドシップ
母:アオバコリン
母父:カコイーシーズ
馬名の由来:冠名+強大な
前走:オークス・3着(13番人気)
(鞍上予定:和田竜二)

G1・3着を自信に「ウインマイティー」

オークスでは13番人気と低評価を覆し0.2秒差の3着と大健闘を見せた。
1800m以上の距離では【2-1-1-0】と適性十分。
実績の違いを見せられるか。

ピックアップレース
オークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のオークスの着順は1着:デアリングタクト、2着:ウインマリリン、3着:ウインマイティーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
シーズンズギフト(Season’s Gift)

シーズンズギフト・3歳牝馬
4戦2勝 [2-1-1-0]
父:エピファネイア
母:シーズンズベスト
母父:ゼンノロブロイ
馬名の由来:季節の贈り物。母名より連想
前走:ニュージーランドトロフィー・2着(5番人気)
(鞍上予定:C.ルメール

成長した姿を「シーズンズギフト」

ニュージーランドトロフィー2着後に右前脚の骨折が判明し休養していた。
休み明けとなるが1週前の追い切りではウッドコースでいい動きを見せており体制は整った。
ルメール騎手を確保できたのは心強く、復帰初戦からいい走りが見られそうだ。

ピックアップレース
ニュージーランドトロフィー2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のNZTの着順は1着:ルフトシュトローム、2着:シーズンズギフト、3着:ウイングレイテストとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
スカイグルーヴ(Sky Groove)

スカイグルーヴ・3歳牝馬
3戦1勝 [1-1-0-1]
父:エピファネイア
母:アドマイヤセプター
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:空に響かせる。母母名、母母母名より連想
前走:フローラステークス・5着(1番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

反撃の秋に「スカイグルーヴ」

デビュー戦を圧勝し、その後の重賞での大きな期待が寄せられたが勝ち切れないまま春シーズンが終わってしまった。
初コンビとなる戸崎騎手を背に反撃の秋へとしようじゃないか。

ピックアップレース
京成杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の京成杯の着順は1着:クリスタルブラック、2着:スカイグルーヴ、3着:ディアスティマとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
パラスアテナ(Pallas Athena)

パラスアテナ・3歳牝馬
5戦2勝 [2-1-0-2]
父:ルーラーシップ
母:ステラリード
母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:トランプのスペードのクイーンのモデル。父名のRulerより連想
前走:ラジオNIKKEI賞・4着(1番人気)
(鞍上予定:武豊

前走のリベンジへ「パラスアテナ」

重賞初挑戦となった前走のラジオNIKKEI賞では1番人気に支持されるも前をとらえきれず4着に敗れた。
牝馬同士の一戦ならもっとやれるはず。

ピックアップレース
ラジオNIKKEI賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のラジオNIKKEI賞の着順は1着:バビット、2着:パンサラッサ、3着:ディープキングとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

他にも紫苑ステークスにはチューリップ賞勝ち馬のマルターズディオサやフローラステークス2着のホウオウピースフルなども出走を予定しています。

紫苑ステークスは2020年9月12日(土)の15時45分発走予定です。

紫苑ステークス2020の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2020年・紫苑ステークスの予想オッズはこのように予想しています。
オークス3着の実績が光るウインマイティーが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ウインマイティー(3.0)
  2. スカイグルーヴ(3.5)
  3. シーズンズギフト(4.5)
  4. ホウオウピースフル(7.0)
  5. マルターズディオサ(8.5)
  6. マジックキャッスル(12.0)
  7. パラスアテナ(16.0)
  8. レッドルレーヴ(23.0)
  9. ラヴユーライヴ(35.0)
  10. ミスニューヨーク(40.0)
  11. チェーンオブラブ(☆)
  12. ショウナンハレルヤ(☆)
  13. クロスセル(☆)
  14. スマートリアン(☆)
  15. デジマノハナ(☆)
  16. ストリートピアノ(☆)
  17. ホウオウエミーズ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

紫苑ステークス2020の日程・賞金

紫苑ステークス

紫苑ステークス 2018 ノームコア

日程・発走予定時刻
2020年9月12日(土)15時45分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・2000m


G3

1着賞金
3,500万円

紫苑ステークス・プレイバック

紫苑ステークス2019

2019年・紫苑ステークス(GIII)

1着:パッシングスルー
2着:フェアリーポルカ(ハナ)
3着:カレンブーケドール(1/2馬身)
4着:レッドベルディエス(1-1/4馬身)
5着:フィリアプーラ(3/4馬身)

勝ちタイム:1.58.3
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:良

動画・全着順をチェック!
紫苑ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の紫苑ステークスの着順は1着:パッシングスルー、2着:フェアリーポルカ、3着:カレンブーケドールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
レース後のコメント
1着 パッシングスルー(戸崎圭太騎手)
「レースが終わってから勝ったかなと思っていたけど、上がってきてレース映像を見たら、冷や冷やものでした。大外でしたので、どういう形になるかなと思ったけど、スタートもよく二の足もついたし、スムーズな競馬だった。終始手応えも良かったし、馬の仕掛けどころを間違えなければ、と思っていた。すごく乗りやすくて、牝馬の割にはパワーもある馬。(今後が)楽しみですね。期待してもらいたい」
関連記事
今後も注目のレースが続く!
スプリンターズステークスは2020年10月4日に中山競馬場で行われる電撃のスプリント戦。スプリンターズSは2020年で第54回を迎え、昨年はタワーオブロンドンが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。
凱旋門賞は2020年10月4日にフランス・ロンシャン競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦。凱旋門賞は2020年で第99回を迎え、昨年はヴァルトガイストが制した。出走予定馬・オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。