【京成杯オータムハンデ2023】出走馬・予想オッズ・枠順/秋競馬の幕開け

京成杯オータムハンデ2022 ファルコニア

京成杯オータムハンデキャップ2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。京成杯AHは2023年9月10日に中山競馬場で行われるマイルG3戦。2023年で第68回を迎え、昨年はファルコニアが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

秋競馬の幕開け

2023年9月10日(日) | 4回中山2日 | 15:45 発走
第68回 京成杯オータムハンデキャップ(GIII)芝・右 1600m
Keisei Hai Autumn Handicap (G3)

2023年・京成杯オータムハンデの出走予定馬たち

京成杯オータムハンデの枠順決定!(9月8日)

京成杯オータムハンデ2023 枠順

2023年・京成杯オータムハンデの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではソウルラッシュが2枠2番、インダストリアは5枠5番、アスクコンナモンダは7枠8番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2023年・京成杯オータムハンデの追い切り・コメントをチェック!
京成杯オータムハンデキャップ2023の追い切り・コメントの記事です。京成杯AHの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(9月7日)

マイラーズカップ2022 ソウルラッシュ

2023年の京成杯オータムハンデの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • アスクコンナモンダ(西村淳也)
  • インダストリア(C.ルメール
  • ウイングレイテスト(松岡正海)
  • グラニット(嶋田純次)
  • シャイニーロック(酒井学)
  • ソウルラッシュ(松山弘平)
  • トーセンローリエ(菅原明良)
  • ミスニューヨーク(M.デムーロ)
  • ミッキーブリランテ(津村明秀)
  • メイショウシンタケ(浜中俊)
  • ラインベック(石橋脩)
関連記事
武豊騎手はセントウルステークスでジャングロに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/15・6/16)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
紫苑ステークスは2023年9月9日に中山競馬場で行われ、関東から秋華賞へ向かう馬にとって重要な一戦。紫苑ステークスは2023年で第8回を迎え、昨年はスタニングローズが制した。紫苑Sの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
セントウルステークスは2024年9月8日に中京競馬場で行われる6ハロンの電撃戦。2024年で第38回を迎え、毎年スピード自慢が集う一戦。昨年はテイエムスパーダが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

ダービー卿CT 2023 インダストリア

中山競馬場で行われるG3「京成杯オータムハンデ」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

インダストリア(Industria)

インダストリア・4歳牡馬
父:リオンディーズ
母:インダクティ
母父:ハーツクライ
主な勝鞍:2023年・ダービー卿チャレンジトロフィー
馬名の由来:物語に登場する架空の地名

中山のマイル戦は3戦3勝と相性バッチリの舞台。
ダービー卿チャレンジトロフィーに続く2つ目の重賞タイトル取りを狙う。

ソウルラッシュ(Soul Rush)

ソウルラッシュ・5歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:エターナルブーケ
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2022年・マイラーズカップ
馬名の由来:魂の突進

2022年のマイラーズカップ覇者でマイルチャンピオンシップ4着などマイルでの実績は十分。
勝ち星からは遠ざかっているが、G3戦に戻れば力は上。

ミスニューヨーク(Miss New York)

ミスニューヨーク・6歳牝馬
父:キングズベスト
母:マンハッタンミート
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2022年・ターコイズステークス
馬名の由来:女性+ニューヨーク。母名より連想

ターコイズステークス連覇など中山コースは得意で、昨年の京成杯オータムハンデでも0.1秒差の4着と好走している。
流れさえ向けば。

ラインベック(Rhinebeck)

ラインベック・6歳せん馬
父:ディープインパクト
母:アパパネ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2023年・東風ステークス
馬名の由来:ニューヨーク州の田舎町

昨年の新潟大賞典後に去勢し、復帰後はマイル前後の距離を中心に使われ、近走は安定した成績を残している。
超良血馬が中山マイルコースで花開くか。

他にも京成杯オータムハンデには京都金杯2着のエアロロノアや条件クラス連勝中のアスクコンナモンダ、米子ステークス覇者のメイショウシンタケなども出走を予定しています。

京成杯オータムハンデは2023年9月10日(日)の15時45分発走予定です。

京成杯オータムハンデ2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・京成杯オータムハンデの予想オッズはこのように予想しています。
中山実績があり、G2でも勝利経験があるソウルラッシュが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ソウルラッシュ(3.0)
  2. インダストリア(4.0)
  3. ラインベック(7.0)
  4. アスクコンナモンダ(7.5)
  5. ウイングレイテスト(9.0)
  6. ミスニューヨーク(13.0)
  7. トーセンローリエ(14.5)
  8. グラニット(18.0)
  9. メイショウシンタケ(20.0)
  10. ミッキーブリランテ(40.0)
  11. シャイニーロック(48.0)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

京成杯オータムハンデ2023の日程・賞金

京成杯オータムハンデ

京成杯オータムハンデ2021 カテドラル

日程・発走予定時刻
2023年9月10日(日)15時45分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・1600m


G3

1着賞金
4,100万円

京成杯オータムハンデ・プレイバック

京成杯オータムハンデ2022 ファルコニア

2022年・京成杯オータムハンデ(GIII)

1着:ファルコニア
2着:ミッキーブリランテ(クビ)
3着:クリノプレミアム(1/2馬身)
4着:ミスニューヨーク(クビ)
5着:ベレヌス(クビ)

勝ちタイム:1:33.6
優勝騎手:吉田 隼人
馬場:良

動画・全着順をチェック!
京成杯オータムハンデ2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の京成杯AHの着順は1着:ファルコニア、2着:ミッキーブリランテ、3着:クリノプレミアムとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

京成杯オータムハンデ2022 ファルコニア

レース後のコメント
1着 ファルコニア(吉田隼人騎手)
「ハンデ戦らしく最後はぎりぎりだったんですけど、良く勝ってくれました。やっぱり内枠をほしいなと思っていたんですが、外枠で昨日(10日)から前、内を通った馬が好走しているのでスタートだけきれいにうまくだそうと思っていました。以前はムキになってハミをとるところもあったんですが、だいぶ競馬を覚えてくれて、流れが変わっても3番手で息が入っていたので特に問題なかったです。馬もふっくらしてきたんですけど、気持ちの面で若さが抜けたというか、調教も乗りやすくなっているので成長を感じますね。前半は思ったよりゆったり行けたので直線は前にプレシャーをかけつつ、早めに先頭にたちましたが、良く踏ん張ってくれました。古馬になってきてから、どんどん成長してくれているので、これからマイルくらいの距離で頑張ってくれると思います」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
ローズステークスは2024年9月15日に中京競馬場で行われ、秋華賞の最重要トライアル戦に位置づけされている。ローズSは2024年で第42回を迎え、昨年はマスクトディーヴァが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
セントライト記念は2023年9月18日に中山競馬場で行われる菊花賞へつながる一戦。2023年で第77回を迎え、昨年はガイアフォースが制した。セントライト記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。