【菊花賞2020】追い切り/抜群の動きを見せたのは

菊花賞2020 追い切り

菊花賞2020の追い切り・コメントの記事です。菊花賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2020年10月25日(日) | 4回京都6日 | 15:40 発走
第81回 菊花賞(GI)芝・右・外 3000m
Kikuka Sho(Japanese St. Leger) (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2020年・菊花賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
菊花賞は2020年10月25日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2020年で第81回を迎え、昨年はワールドプレミアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも富士ステークスが開催される。
富士ステークスは2020年10月24日に東京競馬場で行われる秋のマイル路線を占う一戦。富士ステークスは2020年で第23回を迎え、昨年はノームコアが優勝した。富士ステークスの出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

菊花賞2020の追い切りをチェック!

菊花賞2020 追い切り

菊花賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

アリストテレス

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 82.6-66.3-51.9-37.9-12.8(G強め)
外・ヴァーダイト(馬也)を6Fで0秒6追走・1F併せで併入

音無調教師
「前走と動きは変わらず状態もいい。3000メートルはやってみないと分からないがスタミナはある」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.6-67.4-52.2-37.9-12.1(直強め)
外・ヴァーダイト(仕掛)を6Fで0秒7追走・1F併せで併入

音無調教師
「春と体重は変わらないが、実が入ってきた。スタミナはありそうだし、どれだけ折り合って直線までにいかに脚を残しているかだろう」
アンティシペイト

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 65.0-50.2-37.1-12.6(馬也)
内・サトノフラッグ(馬也)に5Fで0秒8先行・1F併せで併入
中・ダノングロワール(馬也)に5Fで0秒4先行・1F併せで併入

国枝調教師
「北海道を使った後も順調。稽古の動きはまずまずだが実戦に行っていいタイプ。スタミナを生かす競馬をしたい」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 68.3-53.3-39.8-12.5(馬也)
内・ダノングロワール(馬也)に5Fで0秒4先行・1F併せで併入

国枝調教師
「追い切りは気分良く走らせた。長い距離への適性は高い。できれば先行したい」
ガロアクリーク

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 69.1-53.8-40.0-12.3(強め)

上原調教師
「前走は休み明けで体に緩さがありながらもそれなりに走ってきた。今回はもう一段階上がっていい状態で臨めそう」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 67.5-52.0-38.9-12.9(馬也)
外・ロザムール(仕掛)を5Fで1秒追走・1F併せで併入

上原調教師
「予定通り。前走は休み明けでだいぶ緩かった。トライアルでも3着に来ているし自信を持って菊花賞へ向かえる。入厩時から馬体や性格を見て長いところがいいという感じがしていた。キンシャサノキセキ産駒で先入観があるが、母の血統が長いところだし、雄大な馬体や首の使い方、スライドの大きさから厩舎としては長いところをと思っていた。素晴らしい強い馬がいる。挑戦する気持ちです。距離は未知数だが、出走させるからにはいい競馬を期待しています」
キメラヴェリテ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.6-39.6-25.5-12.7(G強め)

中竹調教師
「前走後もカイバ食いが旺盛。前走より状態は上向き」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.5-38.2-24.9-12.5(一杯)

中竹調教師
「一杯にやりました。1回使って明らかに状態はいい。今回も行くしかない」
ココロノトウダイ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 67.6-52.1-38.8-12.7(強め)
外・ワーケア(一杯)を5Fで0秒4追走・1F併せで0秒4先着

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 70.3-54.9-40.5-13.1(馬也)
外・ムスコローソ(馬也)を5Fで0秒8追走・1F併せで併入

手塚調教師
「1回使って良くなっている。スローなら距離は持つ。中団くらいから運びたい」
コントレイル

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 84.6-66.9-51.6-37.7-12.1(馬也)
外・タイセイモンストル(一杯)を6Fで0秒7追走・1F併せで0秒5先着

福永騎手
「反応も良かったし、動きも良かった。抜け出しても気を抜く面を見せなかったし、めりはりが利いていた。オン、オフがしっかりして、いい精神状態だと思います」

金羅助手
「1回使っているので目いっぱいではありませんが、1週前としてはいい動きでしたね。在厩(調整)ですが、カイバ食いもいいし大丈夫です」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.5-38.3-25.3-12.9(馬也)

矢作調教師
「今日の坂路は時計のかかる馬場だったし、全体時計を考えても問題はない。神戸新聞杯は抜け出す時の瞬発力が素晴らしかったし最高の形でクリアしてくれた。すべてが順調」
サトノインプレッサ

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 86.6-69.1-52.2-37.9-12.0(馬也)

坂井騎手
「予定通りの調教です。反応も動きも良かった。1度使った上積みはある。3000メートルは折り合いだけだと思う」
サトノフラッグ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 64.2-49.4-36.3-12.6(馬也)
中・ダノングロワール(馬也)を5Fで0秒4追走・1F併せで併入
外・アンティシペイト(馬也)を5Fで0秒8追走・1F併せで併入

国枝調教師
「3頭併せの内を回る形だったがいい動き。菊花賞でもしぶとく走ってくれれば」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 66.2-52.0-38.9-12.8(馬也)
内・アーモンドアイ(馬也)に5Fで1秒1先行・1F併せで0秒2遅れ
外・ロジスカーレット(強め)を5Fで0秒6追走・1F併せで0秒2先着

国枝調教師
「3頭の真ん中で(感触を)確かめてもらったが、反応は良かった。ひと皮むけて自信がついてきた感じ。自分の競馬に徹して、しまいに脚を使えれば」
ターキッシュパレス

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 80.4-65.6-51.6-39.0-13.0(一杯)
内・ヒルノアトラーニ(一杯)に6Fで0秒6先行・4F併せで1秒4先着
中・ヒルノベルモンタ(一杯)に6Fで0秒9先行・4F併せでクビ差遅れ

富田騎手
「少しズブさを見せたが最後の伸びは良かった。状態もいい」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.8-67.3-52.2-38.1-11.9(G強め)
内・ヒルノベルモンタ(馬也)に6Fで0秒4先行・5F併せで0秒1先着

富田騎手
「先週しっかりやれているので、1ハロンだけしっかり伸ばす感じで。先週よりしまいの反応が良かったです」
ダノングロワール

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 64.6-49.8-36.7-12.6(馬也)
内・サトノフラッグ(馬也)に5Fで0秒4先行・1F併せで併入
外・アンティシペイト(馬也)を5Fで0秒4追走・1F併せで併入

国枝調教師
「だんだんと良くなっている状況。前走はしまいの脚が良かった。血統的に距離はこなせる。現状でどこまで通用するか」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 67.9-52.9-39.4-12.5(馬也)
外・アンティシペイト(馬也)を5Fで0秒4追走・1F併せで併入

国枝調教師
「追い切りはいい感じで走れていた。前走はしまいに切れたし、少しずつ変わってきた」
ディープボンド

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 79.7-64.3-50.4-37.2-12.1(一杯)
外・ミッションレール(一杯)を6Fで0秒8追走・1F併せで0秒4先着

和田竜騎手
「叩いて良くなっている。戻ってる。(前哨戦は)アドバンテージを取るために早めの競馬になったがよく粘っている。1回使って集中力も出てくるだろうし、どんな競馬もできる」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.0-38.6-24.9-12.3(馬也)

大久保調教師
「予定通りに来ている。調教の感じもピリッとしている。京都新聞杯のような、しまいが伸びていく感じのレースをしてほしい」
ディアマンミノル

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.3-66.5-51.7-38.3-12.2(馬也)
内・ベルダーイメル(強め)と6F併せで0秒4先着

本田調教師
「間隔が詰まっているので、しまいだけサッと。休養をはさんで、トモ(後肢)がしっかりしてきた」
バビット

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 82.6-67.0-51.8-38.1-11.9(一杯)
外・トモノコテツ(一杯)を6Fで0秒4追走・1F併せで0秒8先着

内田騎手
「「反応が良かったし時計にも満足。やれるだけのことはやった。前走がいい内容だった。3000メートルに延びるがスタミナは豊富。リズム良く運びたい」

浜田調教師
「動きは良かった。今のところは言うことない」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.7-40.6-26.3-13.0(馬也)

浜田調教師
「春はソエ(骨膜炎)があって坂路がメインだったけど、夏を越して脚元の心配がなくなってコース追い切りができるようになった。馬体が成長して脚元がしっかりして筋肉も乗ってきている」
ビターエンダー

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 66.1-51.2-38.2-12.4(一杯)
内・サペラヴィ(一杯)を5Fで0秒4追走・1F併せで1秒先着

津村騎手
「使って良くなるタイプで上積みを感じる。距離は延びても大丈夫。ロスなく立ち回りたい」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 66.9-52.3-39.7-12.3(馬也)
外・サペラヴィ(強め)を5Fで0秒6追走・1F併せで0秒2先着

津村騎手
「折り合いが良かったし、しまいもいい動き。硬さもなく、状態は前走より確実に上向き」
ブラックホール

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 66.7-52.2-38.3-12.5(一杯)
外・リープフラウミルヒ(馬也)を5Fで0秒3追走・4F併せで0秒2遅れ

藤岡佑騎手
「気の悪さを出しましたが、背中の感触はすごく良かった。良さもウイークポイントも感じられたのは良かったです」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 66.3-50.9-37.7-12.3(一杯)
内・バレリオ(馬也)を5Fで0秒4追走・1F併せで0秒4先着

相沢調教師
「気の悪さを見せた先週より真面目に走っていたし、動きも良かった。腹をくくって直線勝負にかけてほしい」
マンオブスピリット

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.6-65.6-52.2-38.7-12.4(一杯)
内・ラーゴム(一杯)を6Fで0秒7追走・4F併せで0秒4遅れ
外・ステラリア(一杯)を6Fで2秒2追走・4F併せで併入

デムーロ騎手
「少しズルさが出ている。スタミナ豊富で距離は大丈夫。京都に替わるのもプラス」

最終追い切り
栗東・CW・良
5F 71.3-55.3-41.0-12.5(馬也)

斉藤崇調教師
「先週にしっかりやっているので、今週は長めに流した。体はしっかりしてきた。引っ掛かる馬ではないので、3000メートルでも問題ない」
レクセランス

1週前追い切り
栗東・CW・良
5F 65.6-51.1-37.0-12.5(一杯)
中・エアファンディタ(一杯)を5Fで0秒4追走・1F併せで0秒2先着
外・バンクショット(一杯)を5Fで0秒8追走・1F併せで0秒2先着

池添学調教師
「動きは良かった。2走目で息の入りが違うし、来週の追い切りでいい状態に仕上がる」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.3-39.7-25.7-12.5(一杯)

松山騎手
「動きは良かったです。残り100メートルで仕掛けて反応して、素軽い動きを見せていた。もともと調教でスッと脚を使うタイプではないけど、反応良く俊敏でした。距離もこなしてくれると思う」
ロバートソンキー

1週前追い切り
美浦・坂路・良
800m 52.2-38.7-25.1-12.7(馬也)
外・グログラン(一杯)と併せで0秒6先着

林調教師
「すごくいい動きでした。距離も問題ないのでは」

最終追い切り
美浦・坂路・良
800m 52.4-38.9-25.6-12.6(馬也)
外・グログラン(一杯)と併せで0秒4先着

林調教師
「いい状態で向かえそうです。馬なりでラストまで走り切れて、いい追い切りでした」
ヴァルコス

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 83.8-67.5-51.9-37.6-12.2(一杯)
内・ユーキャンスマイル(強め)に6Fで1秒先行・1F併せで併入
外・ノーブルカリナン(一杯)を6Fで0秒6追走・1F併せで併入

荻野琢騎手
「前回乗った時よりバランスが良くなっています。手前も替えて最後まで動きはスムーズ。前走(セントライト記念5着)のダメージもないし硬さもない。いいですね」

友道調教師
「前走は枠順に展開、馬場もあった。距離が延びるのも広いコースに替わるのもいいから」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 57.4-41.3-26.6-13.4(一杯)

友道調教師
「(時計は)馬場が悪かったからね。いい状態で来ている。たたいた上積みもある。広いコースで変わってくると思う。持久力を生かせる展開になってほしい」
ヴェルトライゼンデ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 82.2-66.3-51.4-37.5-11.8(強め)
外・コバルトブルー(一杯)を6Fで0秒8追走・1F併せで0秒1先着

池添騎手
「めちゃくちゃ良かったです。躍動感のあるフットワークで、体もメンタルも大人っぽくなっています。今までで一番じゃないですか。以前から3冠のなかでは菊花賞が一番合うと思っていました」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 84.4-67.0-51.8-37.4-11.7(一杯)
外・レースガーデン(強め)を6Fで0秒6追走・1F併せで0秒1遅れ

池添騎手
「先週しっかりやっているので、きょうは5ハロンからという指示でした。馬が自分から手前も替えていました。思ったより相手が動いたので併入になりましたが、使った上積みは先週の時点で感じていました。いい状態に上がっていると感じました。折り合いに何の不安もなく、皐月賞、ダービーより一番舞台が合うと思っていました。しっかり乗りたい」
関連記事
武豊騎手はアンティシペイトに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(11/28・11/29)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
天皇賞秋は2020年11月1日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2020年で第162回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
エリザベス女王杯は2020年11月15日に阪神競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2020年で第45回を迎え、昨年はラッキーライラックが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。