【フェアリーステークス2022】出走予定馬・予想オッズ・騎手/妖精たちが舞い踊る

フェアリーステークス2021 ファインルージュ

フェアリーステークス2022の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2022年のフェアリーSの出走予定馬にはエリカヴィータやスターズオンアースなどが名を連ねています。注目レースの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

妖精たちが舞い踊る

2022年1月10日(月) | 1回中山4日 | 15:35 発走
第38回 フェアリーステークス(GIII)芝・右 1600m
Fairy Stakes (G3)

スポンサーリンク

2022年・フェアリーステークスの出走予定馬たち

フェアリーステークスの枠順決定!(1月8日)

フェアリーステークス2022 枠順

2022年・フェアリーステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではエリカヴィータが5枠9番、スターズオンアースは2枠3番、エバーシャドネーは1枠1番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2022年・フェアリーステークスの追い切り・コメントをチェック!
フェアリーステークス2022の追い切り・コメントの記事です。フェアリーSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(1月6日)

エリカヴィータ

2022年のフェアリーステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

出走馬
  • ヴァンルーラー(戸崎圭太)
  • ウラカワノキセキ(津村明秀)
  • エバーシャドネー(藤岡佑介)
  • エリカヴィータ(C.ルメール
  • スクルトゥーラ(横山武史
  • スターズオンアース(石橋脩)
  • スピードグラマー(木幡育也)
  • スプリットザシー(丸山元気)
  • テーオーシャルマン(横山和生)
  • ニシノラブウインク(三浦皇成)
  • ビジュノワール(大野拓弥)
  • フィールシンパシー(田辺裕信)
  • ブルトンクール(菅原明良)
  • ポケットシンデレラ(菱田裕二)
  • ユキヤナギ(勝浦正樹)
  • ライラック(M.デムーロ)
除外馬&回避馬
  • サウンドビバーチェ(鮫島克駿)
  • シーズアクイーン(未定)
  • ピンクマクフィー(斎藤新)
  • モズゴールドバレル(坂井瑠星)
関連記事
武豊騎手はシンザン記念でデルマグレムリンに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(10/8・10/9・10/10)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
シンザン記念は2022年1月9日に中京競馬場で行われる3歳限定のマイル重賞。シンザン記念は2022年で第56回を迎え、昨年はピクシーナイトが優勝した。シンザン記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

スターズオンアース

中山競馬場で行われるG3「フェアリーステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

エリカヴィータ(Erika Vita)

エリカヴィータ・3歳牝馬
1戦1勝 [1-0-0-0]
父:キングカメハメハ
母:マルシアーノ
母父:フジキセキ
馬名の由来:冠名+命(伊)
前走:2歳新馬・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

1歳セレクトセールで1億7000万円の値が付いた注目の良血馬。
新馬戦でも楽に加速して人気に応える走りを見せた。
引き続きルメール騎手とのコンビで重賞のタイトルを狙う。

スターズオンアース(Stars on Earth)

スターズオンアース・3歳牝馬
3戦1勝 [1-1-1-0]
父:ドゥラメンテ
母:サザンスターズ
母父:Smart Strike
馬名の由来:地球上の星
前走:赤松賞・3着(1番人気)
(鞍上予定:石橋脩)

前走の赤松賞では3着に敗れるも、勝ち馬は後の阪神ジュベナイルフィリーズ4着のナミュールということを考慮すればそれほど悲観する内容ではなかった。
先行力が生かせる中山コースなら見直し必須。

ライラック(Lilac)

ライラック・3歳牝馬
2戦1勝 [1-0-0-1]
父:オルフェーヴル
母:ヴィーヴァブーケ
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:北海道の代表的な花の名
前走:京都2歳ステークス・8着(4番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

前走の京都2歳ステークスでは新馬戦の内容を買われ4番人気に支持されるも、-10kgの影響もあってか8着に沈んだ。
牝馬同士ならもっとやれていい。

スクルトゥーラ(Scultura)

スクルトゥーラ・3歳牝馬
1戦1勝 [1-0-0-0]
父:ロードカナロア
母:カービングパス
母父:ハービンジャー
馬名の由来:彫刻(伊)
前走:2歳新馬・1着(1番人気)
(鞍上予定:横山武史)

2021年にG1を5勝した横山武史騎手との新コンビで重賞に挑戦するスクルトゥーラ。
新馬戦で騎乗したルメール騎手が「センスが良かった。直線もいいフットワークで、千六は絶対にいける」とコメントしており、いきなりの重賞でもチャンス十分だ。

他にもフェアリーステークスにはシンザン記念と両にらみのモズゴールドバレルや白菊賞2着のサウンドビバーチェ、キャリア5戦のニシノラブウインクなども出走を予定しています。

フェアリーステークスは2022年1月10日(月)の15時35分発走予定です。

フェアリーステークス2022の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2022年・フェアリーステークスの予想オッズはこのように予想しています。
ルメール騎手とのコンビで重賞初制覇を目指す良血馬エリカヴィータが1番人気に支持されると予想します。
上位3頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. エリカヴィータ (2.5)
  2. スクルトゥーラ(4.0)
  3. ライラック(4.5)
  4. ビジュノワール(15.0)
  5. スターズオンアース(16.5)
  6. スプリットザシー(20.0)
  7. モズゴールドバレル(22.0)
  8. ニシノラブウインク(25.5)
  9. フィールシンパシー(33.5)
  10. ポケットシンデレラ(40.0)
  11. ウラカワノキセキ(45.0)
  12. サウンドビバーチェ(☆)
  13. エバーシャドネー(☆)
  14. ユキヤナギ(☆)
  15. ヴァンルーラー(☆)
  16. スピードグラマー(☆)
  17. ブルトンクール(☆)
  18. ピンクマクフィー(☆)
  19. シーズアクイーン(☆)
  20. テーオーシャルマン(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

フェアリーステークス2022の日程・賞金

フェアリーステークス

フェアリーステークス2020 スマイルカナ

日程・発走予定時刻
2022年1月10日(月)15時35分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・1600m


G3

1着賞金
3,700万円

フェアリーステークス・プレイバック

フェアリーステークス2021 ファインルージュ

2021年・フェアリーステークス(GIII)

1着:ファインルージュ
2着:ホウオウイクセル(2-1/2馬身)
3着:ベッラノーヴァ(1馬身)
4着:テンハッピーローズ(1馬身)
5着:ネクストストーリー(1馬身)

勝ちタイム:1.34.4
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

動画・全着順をチェック!
フェアリーステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のフェアリーステークスの着順は1着:ファインルージュ、2着:ホウオウイクセル、3着:ベッラノーヴァとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
レース後のコメント
1着 ファインルージュ(C.ルメール騎手)
「強かったですね。特に直線ではゴールまで伸びてくれた。すごくいい脚を使ったし、一生懸命に走りました。ゲートではちゃかちゃかしていて、スタートはちょっと出遅れて後ろの方になって心配しましたが、ペースがよかったので、だんだんポジションを上げることができたし、楽に勝てました。ポテンシャルが高いし、今日はライバルはいなかった。ゴールの後、あまり疲れていなかったので、もう少し長い距離もいけると思う。賢い馬だと思いますし、この冬で体も大きくなった。G1レベルにありそうですね」
関連記事
今後も注目のレースが続く!
日経新春杯は2022年1月16日に中京競馬場で行われる年明けのG2戦。日経新春杯は2022年で第69回を迎え、昨年はショウリュウイクゾが優勝した。日経新春杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
アメリカジョッキークラブカップは2022年1月23日に中山競馬場で行われる冬の中距離G2戦。AJCCは2022年で第63回を迎え、昨年はアリストテレスが優勝した。AJCCの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。