クラウンドマジックが世代最初の新馬戦を制する/動画・結果【2歳新馬戦】

クラウンドマジック

クラウンドマジックが勝利した2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:クラウンドマジック、2着:ラクスバラディー、3着:スズカワールドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

クラウンドマジックが世代最初の新馬戦を制する

2021年6月5日(土) | 4回中京1日 | 12:15発走
2歳新馬戦
芝・左 1600m

スポンサーリンク

動画

関連記事
昨年最初の新馬戦はダディーズビビッドが制していた。
ダディーズビビッドが勝利した2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:ダディーズビビッド、2着:ウインメイユール、3着:ステラリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

結果

スポンサーリンク

1着:クラウンドマジック
2着:ラクスバラディー(クビ)
3着:スズカワールド(2馬身)
4着:ナインティゴット(クビ)
5着:ジャズブルース(3/4馬身)
6着:クロニクルノヴァ
7着:ゴーウィズフェイス
8着:サワーホマレー
9着:プレシャスソウル
10着:トーホウコマンド
11着:セリノーフォス
12着:チャオベッラ

勝ちタイム:1.36.0
優勝騎手:岩田 康誠
馬場:良

スポンサーリンク

レース後のコメント

1着 クラウンドマジック(岩田康誠騎手)
「位置取りは気にせずに、直線だけの競馬で。まだ、モタモタしている面はあるますが、これからいい方向に向いてくれれば」

(加用正調教師)
「直線だけの競馬。(出脚がつかず)これで勝つんだから能力は相当高い。(現2歳世代の新馬勝ち第1号となって)こんなにうれしいことはない」

2着 ラクスバラディー(松山弘平騎手)
「良い馬です。高い素質を持っています。スムーズに正攻法の競馬をして、直線では手応えに余裕がありましたし、最後も伸びていました。しかし、外差しが決まりにくい馬場で、勝ち馬が思った以上に切れる脚を使っていました。この馬自体も良い馬ですが、負けてしまったことは申し訳なかったです」

4着 ナインティゴット(武豊騎手)
「馬の雰囲気は良く、道中の感じも悪くなかったです。しかし、意外と追ってから反応し切れませんでした」

7着 ゴーウィズフェイス(富田暁騎手)
「良いスタートを切って、理想的な競馬ができました。しかし、馬場がこの馬にとって重かったです。一戦経験できたので、二戦目以降はさらに良くなりそうです」

勝ち馬プロフィール

クラウンドマジック

クラウンドマジック(Crowned Magic)牡2/黒鹿毛 加用 正(栗東)
父:エピファネイア 母:クラウンドジャック 母父:ヴィクトワールピサ
馬名の由来:母名の一部+マジック、不思議な力