【セントウルステークス2018】出走予定馬・騎手/夏のスプリント王者が決まる

セントウルステークス 2017 ファインニードル

セントウルステークス2018出走予定馬・想定騎手の情報です。16頭が出走登録を済ませています。出走予定馬にはファインニードルやダイメイプリンセスなどが名を連ねています。サマースプリントシリーズ最終戦。夏のスプリント王者は誰だ。

夏のスプリント王者が決まる

2018年9月9日(日) | 4回阪神2日 | 15:35 発走
第32回 セントウルステークス(GIII)芝・右 1200m
Centaur Stakes (G2)

セントウルステークス・出走予定馬

2018年のセントウルステークスに16頭が登録を済ませております。
フルゲートは16頭となっています。

賞金上位馬
  • ファインニードル(川田将雅)58.0kg
  • ネロ(未定)56.0kg
  • ダイアナヘイロー(武豊)54.0kg
  • ラインスピリット(森一馬)56.0kg
  • ラブカンプー(M.デムーロ)52.0kg
  • ウインソワレ(未定)54.0kg
  • レジーナフォルテ(杉原誠人)54.0kg
  • グレイトチャーター(幸英明)56.0kg
  • フミノムーン(国分優作)56.0kg
  • アサクサゲンキ(松山弘平)54.0kg
  • アンヴァル(未定)52.0kg
  • アクティブミノル(酒井学)56.0kg
  • アドマイヤゴッド(北村友一)56.0kg
  • コウエイタケル(未定)56.0kg
  • マッチレスヒーロー(未定)56.0kg
  • ブラヴィッシモ(未定)56.0kg

出走予定馬・ピックアップ

阪神競馬場で行われる芝G2「セントウルステークス」。
今年は16頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

ファインニードル(Fine Needle)

高松宮記念2018

ファインニードル・5歳牡馬
25戦8勝 [8-2-2-13]
父:アドマイヤムーン
母:ニードルクラフト
母父:Mark of Esteem
馬名の由来:細針
前走:チェアマンズスプリントプライズ・4着(6番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

充実期を迎える「ファインニードル」が秋初戦に挑む。

昨年のセントウルステークスでは1番人気に応え重賞初制覇を果たした。
今年初戦のシルクロードステークスを快勝し、勢いそのままに挑んだG1・高松宮記念ではレッツゴードンキとのハナ差の大接戦を制し、ゴドルフィンにうれしい日本でのG1初制覇をもたらした。

その後の香港遠征では4着に敗れるも、地元馬相手に健闘。
悲観する内容ではなかった。

今回は帰国初戦となる。
休み明けを苦にしないタイプなだけに心配はなさそう。
春秋スプリントG1制覇へ向けいいスタートを切りたい。

ネロ(Nero)

京阪杯 2017 ネロ

ネロ・7歳牡馬
42戦8勝 [8-9-2-23]
父:ヨハネスブルグ
母:ニシノタカラヅカ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:ローマ皇帝名より
前走:クラスターカップ・2着(4番人気)
(鞍上予定:未定)

ダートから路線変更してくるのは古豪「ネロ」。
4戦ぶりの芝レースとなる。

近年は芝・ダート問わず活躍しており、久々の芝でも戸惑わないだろう。
セントウルステークスは2016年に2着に入っているように相性のいいレース。

開幕週の馬場を最大限に生かすためにも是が非でも逃げてくれ。

ラブカンプー(Love Kampf)

ラブカンプー

ラブカンプー・3歳牝馬
11戦2勝 [2-6-1-2]
父:ショウナンカンプ
母:ラブハート
母父:マイネルラヴ
馬名の由来:冠名+父名より
前走:北九州記念・3着(7番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

スピード全開の元気娘「ラブカンプー」が初重賞制覇を狙う。
デビューからほぼ休みなくコンスタントに使われてきているが、疲れは見せていない。

前走の北九州記念では前半3ハロンを32.4秒のハイペースを先行して最後まで踏ん張って3着に粘りこんだ。

ここで勝利すると逆転でサマースプリントチャンピオンに輝く。
ラブカンプーにとってG1級に力が入る一戦となりそう。

ダイアナヘイロー(Diana Halo)

北九州記念 2017 ダイアナヘイロー

ダイアナヘイロー・5歳牝馬
22戦7勝 [7-4-1-10]
父:キングヘイロー
母:ヤマカツセイレーン
母父:グラスワンダー
馬名の由来:曲名+父名の一部
前走:北九州記念・7着(1番人気)
(鞍上予定:武豊)

連覇を狙った北九州記念で7着だった「ダイアナヘイロー」。
このところスタートが決まらず本来の走りができていない。
発馬が決まればまだまだやれるはず。

アサクサゲンキ(Asakusa Genki)

小倉2歳ステークス 2017 アサクサゲンキ

アサクサゲンキ・3歳牡馬
10戦2勝 [2-2-1-5]
父:Stormy Atlantic
母:Amelia
母父:Dixieland Band
馬名の由来:冠名+元気
前走:北九州記念・6着(2番人気)
(鞍上予定:松山弘平)

昨年の小倉2歳王者の「アサクサゲンキ」。
ここ3戦は5着前後の結果と伸び悩んでいる。
前につけられればもっとやれそうなのだが…。

他にも2015年のセントウルステークス覇者の「アクティブミノル」やアイビスサマーダッシュ4着の「レジーナフォルテ」、斤量52kgが魅力的な「アンヴァル」も出走を予定しています。

セントウルステークスは2018年9月9日(日)の15時35分発走予定です。

日程・賞金

【セントウルステークス 2016】動画・結果/ビッグアーサーがスピードの違いで逃げ切る

セントウルステークス

日程・発走予定時刻
2018年9月9日(日)15時35分発走予定

場所・距離
阪神競馬場・芝・1200m


G2

1着賞金
5,900万円

プレイバック

2017年9月10日(日)セントウルステークス(GII)

1着:ファインニードル
2着:ラインミーティア(1-1/4馬身)
3着:ダンスディレクター(クビ)
4着:メラグラーナ(アタマ)
5着:アドマイヤゴッド(ハナ)

勝ちタイム:1.07.5
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

2017年・セントウルステークス

セントウルステークス 2017 ファインニードル

【セントウルステークス 2017】動画・結果/ファインニードルが抜け出し重賞初制覇

「セントウルステークス 2017」の動画・結果です。セントウルSの結果は1着:ファインニードル、2着:ラインミーティア、3着:ダンスディレクター。「ファインニードル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2017年のセントウルステークスは14頭での争いとなった。
前評判では2走前の水無月ステークスを好タイムで制し、前走の北九州記念で5着に入ったファインニードルが1番人気に支持された。

レースは、好位で進めた1番人気ファインニードルが、直線で前を交わして抜け出し、内の馬群の間から脚を伸ばしてきた6番人気ラインミーティアに1-1/4馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着に4番人気ダンスディレクターが入った。

勝ったファインニードルは1番人気で5着に敗れた北九州記念から見事に巻き返し、初めての重賞タイトルを獲得した。

レース後のコメント
1着 ファインニードル(M.デムーロ騎手)
「前回も勝てるレースでしたが、直線で前が空かず残念なレースでした。今回もいい状態で楽なレースが出来て、直線に向いて勝てる手応えでした。精神面も体力面も力をつけて、次も楽しみです。スタートはいま一つでしたが、2完歩で先頭に立っていました。レースも上手になっています」

注目ジョッキーの予定をチェック!
武豊騎手の騎乗予定・想定をまとめた記事です。武豊騎手はこれまでに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果や今週(11/17・11/18)の想定・騎乗予定など、すべてをチェックしよう。
競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。藤田菜七子騎手の先週の騎乗結果、今週の想定・騎乗予定などをチェックしよう。

シェアする