【朝日杯フューチュリティステークス2023】追い切り・コメント/動きからレースを紐解く

朝日杯フューチュリティステークス2023 追い切り

朝日杯フューチュリティステークス2023の追い切り・コメントの記事です。朝日杯FSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きからレースを紐解く

2023年12月17日(日) | 5回阪神6日 | 15:40 発走
第75回 朝日杯フューチュリティステークス(GI)芝・右 1600m
Asahi Hai Futurity Stakes (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・朝日杯フューチュリティステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
朝日杯フューチュリティステークスは2023年12月17日に阪神競馬場で行われる二歳マイル王者を決める一戦。朝日杯FSは2023年で第75回を迎え、昨年はドルチェモアが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にもターコイズステークスなどが開催される。
ターコイズステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。ターコイズSは2023年12月16日に中山競馬場で行われるマイルG3戦。2023年で第9回を迎え、昨年はミスニューヨークが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

朝日杯フューチュリティステークス2023の追い切りをチェック!

朝日杯フューチュリティステークス2023 追い切り

朝日杯フューチュリティステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
ターコイズステークス2023の追い切り・コメントの記事です。ターコイズSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アスクワンタイム

前走・最終追い切り(京王杯2歳ステークス・10着)
栗東・坂路・良
800m 54.3-38.7-25.1-12.2(一杯)

梅田調教師
「しまいの反応を確かめた程度。(このレースを選択した理由については)お兄ちゃんのファンタジストが(18年に)勝ったレースだから。スイッチのオンオフの切り替え方はそっくり。現時点では精神的、肉体的に幼いけど」
「調子の変動がなく、いつも力を出せるのが長所。体重も前走と同じくらいで出せそうだし、1ハロン延びるのも心配していない。あとは良馬場で走らせたいね」

1週前追い切り
栗東・CW・良(岩田望)
6F 86.2-70.8-56.1-41.7-14.8(一杯)

梅田調教師
「在厩で調整してきた。1週前は乗り手に反抗したような形で、時計は遅くなったが、体調面は問題ない。気持ちさえもてば1600メートルは問題ないと思う」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.3-38.1-25.2-12.7(一杯)
アスクドンキバック(一杯)を0.7秒追走・0.4秒先着

梅田調教師
「今朝はおつりを残して、まだ余裕があったよ。レースでも集中して走ってくれると思う。(前走は)直前の乗り替わりに出遅れもあり、ちぐはぐな感じだった。改めて期待したい」
「調教は足りているので、競馬にいってどうか。調教に関しては前回より上でしょう」
8枠16番について
梅田調教師
「どこでも良かった。馬は変わりなく元気です。レースに行って集中できれば」
エコロヴァルツ

前走・最終追い切り(コスモス賞・1着)
函館・ウッド・良
5F 69.3-54.1-39.7-12.8(馬なり)

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 81.2-66.9-52.9-38.5-12.1(G前仕掛け)
コンテナジュニア(末強め)の内3.2秒追走・0.1秒先着

牧浦調教師
「前の馬を追いかけて、きっちり先着。動きは良かった。体(前走478キロ)は10キロぐらい増えているが太め感はない。(前走の道中は)抑え切れない手応え。初マイルでも心配していない」

最終追い切り
栗東・坂路・良(武豊)
800m 54.6-39.6-25.3-12.3(馬なり)
タイセイランナー(末強め)を0.8秒追走・0.4秒先着

武豊騎手
「いい動き。能力の高い馬。フットワークがいいし跳びも大きい。マイルはまったく問題ない。楽しみです」

牧浦調教師
「今日は前に馬を行かせて我慢させる内容。反応を確かめていただきました。前進気勢が強いですが、ひと夏を越して体もひと回り大きくなり、気性的にも成長しました。ジョッキーは“いい背中をしているね、この子”と言ってくれました。あれだけ数多くのいい馬に乗って来られたジョッキーが言うんですからね。力をつけてくれば、もっと走れると思います」

1枠1番について
牧浦調教師
「また極端な枠が当たりましたね(と苦笑い)。でも、前走(コスモス賞)も同じ枠で強い勝ち方でしたし、どこからでも競馬ができそうな馬だと思っています。まだまだ子供でこれからもっと良くなると思いますが、リフレッシュを挟んだことで馬がひと回り大きくなり、走りも力強くなっていますからね。あとは百戦錬磨の(武豊)ジョッキーに任せるだけです」
エンヤラヴフェイス

前走・最終追い切り(デイリー杯2歳ステークス・2着)
栗東・坂路・稍重
800m 52.1-37.8-24.8-12.4(一杯)

森田調教師
「坂路の併せ馬でしっかりやりました。動きは良かったですね」

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.0-39.6-25.8-12.8(一杯)

森田調教師
「併走馬をもっと突き放すと思ったけどね。今朝はチークピーシーズを着けて追い切った。競馬でも、その効果があれば」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.0-37.9-24.3-12.4(一杯)
ロードラディウス(一杯)を0.8秒追走・0.5秒先着

森田調教師
「CWから坂路へ。相手が強くなるので鍛えないとね。動きは良かった。先週チークを着けて追い切ったらハミを取らなかったので、今週は外したらしっかり動いてくれた」
「モマれ弱いところはあるが、前走でしまいの脚を使えたのは収穫。GⅠでどれだけやれるかだけど、競馬までに気持ちが乗ってくるように調整したい」
8枠15番について
森田調教師
「できれば真ん中が良かったが、練習してもまれるのも慣れている。どんな競馬でもできる馬だし、当たった枠で頑張りたい。体は少し増えるかな。そのぶん、筋肉もついてきたのでは。かぶされたらひるむところはあるが、ジョッキーも分かっているし考えて乗ってくれると思う。相手は強いけど、力を出し切れたら楽しみはある」
オーサムストローク

前走・最終追い切り(ベゴニア賞・1着)
美浦・ウッド・良
5F 67.8-52.3-37.9-12.2(馬なり)

1週前追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 69.9-54.6-39.9-12.3(馬なり)

伊藤圭調教師
「疲れなく、気分良さそうに走れていた。真面目すぎるぐらいの気性なので、そこをコントロールできれば」
「前走は番手でも折り合い良く進められた。コントロールが利けば力を出せる。輸送も問題ない」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(坂井瑠)
5F 69.1-53.9-38.5-11.7(馬なり)
タマモタップダンス(馬なり)の外0.1秒先着

坂井騎手
「イメージ通りで、前進気勢の強い馬。反応は良かったと思います」

伊藤圭調教師
「中2週ですが、状態はいいです。ゴール前はいい伸びでした」

4枠7番について
伊藤圭調教師
「外過ぎずいいんじゃないかな。内で壁を作って、前を射程圏に入れながら運べれば。流れに乗って脚をためたいね」
クリーンエア

前走・最終追い切り(デイリー杯2歳ステークス・8着)
美浦・ウッド・良
6F 85.4-69.0-54.4-39.6-12.5(馬なり)

上原博調教師
「1週前にビシッとやって今週は馬なりで調整程度。ここを目標にリフレッシュしていい状態。輸送も問題ないので京都へ」

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
6F 83.5-66.9-52.4-38.1-11.6(馬なり)
キャットファイト(馬なり)の外0.7秒先行・0.1秒遅れ

上原博調教師
「前走は馬場の掘れた内を通って戸惑った走りをしていた。あれが本来の実力ではない」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(鮫島駿)
5F 66.1-51.2-37.2-11.9(馬なり)
ニシノレヴナント(馬なり)の外0.2秒追走・同入

鮫島駿騎手
「乗りやすくて良かったです。平坦の方が良さそう。良馬場でやりたいですね」

上原博調教師
「前走は内枠でスムーズさを欠き、悪い馬場に脚も取られていたので参考外。新潟2歳Sで差のなかった勝ち馬(アスコリピチェーノ)が阪神JFを勝ったし、うちの馬も力は確か。この相手でも差はないと思っている」

5枠9番について
上原博調教師
「真ん中でいいんじゃないかな。前走は1枠1番に道悪(稍重)と初めて尽くしで、まともに走れなかった。(前日に)雨が降るようだから、内は嫌だったけど、真ん中はいい。馬の状態もいいです」
サトミノキラリ

前走・最終追い切り(2歳1勝クラス・1着)
美浦・ウッド・良
6F 83.3-67.4-53.0-38.0-11.4(馬なり)

1週前追い切り
美浦・ウッド・良(横山武)
5F 68.6-53.3-39.2-12.3(馬なり)
ミツカネヴィーナス(馬なり)の内0.6秒追走・同入

鈴木伸調教師
「半マイルからやって、いい感じ。前走は抑えて競馬ができたし、内容は良かった」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(津村)
6F 82.3-66.6-52.2-37.8-11.6(馬なり)
ニシノアヤカゼ(強め)の内1.5秒追走・同入

津村騎手
「体が絞れ、楽に動けていた。気持ちも乗った。以前より心身ともに成長。折り合いに不安なく、マイルでも」

鈴木伸調教師
「以前は掛かり気味に行く馬だったけど、1400メートルの前走は落ち着いて折り合いがつき、内容は良かった。1600メートルでも問題ないと思う。馬も成長してしっかりしてきた。逃げる競馬も控える競馬もできるし、この強いメンバーにどれだけやれるか楽しみ」

2枠4番について
鈴木伸調教師
「いい枠ですね。ロスなくいけるし、ちょうどいいと思う。道中でむきにならずに走れるので、内で脚をためたり、どこでも競馬ができると思う」
ジャンタルマンタル

前走・最終追い切り(デイリー杯2歳ステークス・1着)
栗東・坂路・稍重
800m 54.2-39.8-25.8-12.0(末強め)

高野調教師
「今週はリズム重視でやりました。順調ですね。ゲートセンスが良くて、二の脚も速い。この距離もいいと思います」

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.8-40.2-25.8-12.1(末強め)

高野調教師
「今朝は時計を求めずリズム重視の追い切り。動きは良かったです。気持ちが入っているので、そこを考慮しながら調整を進めていきたいです」
「身体能力の高さが強み。(舞台は)課題とは捉えていません。チャンスはあると思っています」

最終追い切り
栗東・坂路・良(川田)
800m 52.9-37.9-24.0-11.8(馬なり)

高野調教師
「提示していた時計よりも早くなるのは想定内ですし、ジョッキー(川田)も素質を感じてくれて、いいコンタクトでした。センスがあって能力が高い。阪神コースに替わるのは、心配していません。ここは馬のためにも何としても取りたいですね」
2枠3番について
高野調教師
「どこでも大丈夫のように調整してきたつもりですが、内枠で(前2走)成功しているので良かったと思う。今朝の駐立も上手に立って上手に出ていました。精神的にピリピリしたところもないですね。やるべきことをやれたのであとはジョッキーにバトンタッチするだけです」
シュトラウス

前走・最終追い切り(東京スポーツ杯2歳ステークス・1着)
美浦・坂路・良
800m 50.9-37.4-25.1-12.3(末強め)

武井調教師
「能力があるので時計自体は出る。それより2F目のラップが速くなったのに3F目で戻せたことが良かった。コントロールの部分で収穫があった。(前走は)最内枠で引っ掛かってしまったが、ルメール騎手が馬の後ろで我慢してくれた。今後につながる競馬だった」
「ペースが速かったこともあるが、うまく折り合いがつき、調教の形としては成功。レースもリズム良く運べれば」

1週前追い切り
美浦・ウッド・良(黛)
6F 80.7-65.9-51.5-37.6-12.0(馬なり)

武井調教師
「見た目は前走より全然いい。あとは気持ちが上がるのをいかに抑えられるか」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(黛)
800m 50.4-37.2-25.1-12.7(馬なり)
グランシエロ(一杯)を1.1秒追走・0.1秒先着

武井調教師
「時計が速かったね。52秒台でしまい伸ばそうと思ったけど、楽に上がってきたし、やはり能力があります。今回も気持ちのコントロールができればいい結果が出るんじゃないかな」
8枠17番について
武井調教師
「ヤッター!(と歓迎ムード)2走目(サウジアラビアRC3着)が内でモマれて囲まれて気難しいところを出していた。(内枠を)現状クリアできていないので外枠で自分のリズムで行きたいので良かった。輸送で馬体は少し減ったけど、カイバは完食したので戻ると思う。前日に馬場で乗りたいので木曜に栗東へ移動。前走は緩いところがあって仕上げ切っていなかっただけに今回はもう一段上がっている。持っているポテンシャルは高い馬でフルにロスなく発揮できるようにやって少しずつ近づいている。前走よりうまくいくと思う」
ジューンテイク

前走・最終追い切り(こうやまき賞・1着)
栗東・坂路・良
800m 55.2-39.8-25.4-12.5(馬なり)

最終追い切り
栗東・CW・良(M.デムーロ)
5F 69.0-53.7-38.4-12.5(馬なり)
マフティ(稍一杯)の内0.5秒先行・0.7秒先着

吉田助手
「中1週になりますが、いい状態。ジョッキーにいい感触をつかんでもらえました。長くいい脚を使えるし、キャリアを積んできたことが強み」
7枠14番について
荻野助手
「出たなりで運んでくれたら。出遅れもあるので、スタート次第ですね」
セットアップ

前走・最終追い切り(札幌2歳ステークス・1着)
札幌・芝・良
4F 55.3-38.6-11.6(馬なり)

横山武騎手
「中1週のレース間隔なので速い時計は出さなかった。しまい重点だが、まずまずの動き」

千島助手
「2歳にしてはしっかりしていて、完成度が高い。自分のリズムなら」

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(横山武)
6F 84.2-68.0-53.1-38.6-12.0(G前仕掛け)
ヴィアメント(強め)の外0.5秒先行・同入

横山武騎手
「折り合いに苦労したが、パワーが1段上がった感じ。今の時点ではマイルの方がいいでしょう」

鹿戸調教師
「1週前追い切りは我慢が利いて、動きも問題なかったです。だいぶ力をつけて、体も成長しているので楽しみ」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(木幡育)
6F 85.1-69.2-53.8-38.7-12.0(馬なり)
ヘレンキムゼー(馬なり)の外0.7秒先行・0.2秒先着

鹿戸調教師
「いい稽古ができた。控える競馬を想定して、馬の後ろで我慢させて抜ける形の調教。折り合いは少しきつそうだったが、以前よりだいぶ良くなっている。リズム良く走れるようにこの距離を選択。いい競馬をしてほしい」
3枠6番について
鹿戸調教師
「内の偶数でいい枠だと思います。スタート後はジョッキーの判断だけど競馬はしやすいと思うよ」
タイキヴァンクール

前走・最終追い切り(2歳未勝利・1着)
栗東・CW・良
7F 99.8-68.2-53.5-38.3-12.4(強め)

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 81.4-66.1-51.5-36.6-11.4(一杯)
サジェス(馬なり)の外0.7秒先行・0.3秒先着

中尾調教師
「よく動いていたし順調です。前走で騎乗した浜中騎手も千四からマイルの感じの馬ですね、と言ってくれている。距離は守備範囲だと思います」

最終追い切り
栗東・CW・良(浜中)
6F 83.4-69.0-54.0-38.1-11.6(直強め)
エイシンレジューム(馬なり)の外0.8秒追走・0.1秒先着

浜中騎手
「併せ馬で楽に先着して動きは良かったです。前走は緩さを感じたが(体つきは)しっかりしてきました。コースや距離は全く問題ない。今後、良くなってくる馬だし、これがいい経験になれば、と思います」
6枠11番について
中尾調教師
「真ん中より外が良かったので、いいと思います」
タガノエルピーダ

前走・最終追い切り(2歳新馬・1着)
栗東・坂路・良
800m 52.7-38.3-24.6-12.1(馬なり)

1週前追い切り
栗東・坂路・良(団野)
800m 52.4-38.5-25.3-12.9(馬なり)
ルージュラメンテ(一杯)を0.4秒追走・0.6秒先着

最終追い切り
栗東・坂路・良(団野)
800m 52.9-38.5-24.8-12.4(馬なり)
ルージュラメンテ(馬なり)を0.3秒追走・0.5秒先着

斉藤崇調教師
「先週の時点でもう一段階上がりそうな感じだったので、除外になったことがいいほうに出てくれないかな。スピードがあるし、しまいもしっかり」
3枠5番について
斉藤崇調教師
「どこでもいいと思っていましたが、外過ぎないほうが良かったのでいいんじゃないですかね。スピードがあって真面目。行けと指示すれば行くし、我慢も利きます。良くなるのはこれからでしょうけど、現状でこれが欲しいというのもないですから」
タガノデュード

前走・最終追い切り(2歳未勝利・1着)
栗東・坂路・良
800m 50.8-36.7-23.8-11.9(強め)

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 50.8-37.6-24.5-12.2(末強め)
ウインリベラーレ(一杯)を0.7秒追走・1.0秒先着

宮調教師
「元々、調教は動くけど良かったね。放牧から帰ってきて挫石があったけど1日休んだだけ。日曜にもやっているから。距離は千六が一番、合っている。強い相手にどれだけやれるか」
6枠12番について
宮調教師
「できれば偶数がいいと思っていたからよかった。強い相手の胸を借りて、どこまでやれるかだね」
ダノンマッキンリー

前走・最終追い切り(秋明菊賞・1着)
栗東・CW・良
4F 53.0-37.7-11.9(馬なり)

1週前追い切り
栗東・CW・良(ルメール)
4F 58.4-41.7-13.3(馬なり)

ルメール騎手
「今朝はキャンターで感触を確かめた程度。テンションは高かったが背中の感じはいい」

最終追い切り
栗東・CW・良(調教師)
4F 53.4-37.1-11.2(馬なり)

藤原調教師
「いいよ。速いところはいらないので、リラックスさせて折り合い重視で。スピードと勢いがある分(前半は)ああいう感じになるだけで、決して乗り難しい馬ではない。だからマイルでも走れると思っている」

田代助手
「前走で脚をためる競馬ができたのは収穫。あの内容ならマイルにも対応できると思う。ここでも素質はヒケを取らない」

4枠8番について
藤原調教師
「いい枠なんじゃないか。問題ないと思うし、ジョッキーがうまく乗ってくれるやろう」
ナムラフッカー

前走・最終追い切り(デイリー杯2歳ステークス・3着)
栗東・CW・稍重
6F 83.7-67.6-53.2-38.0-11.4(馬なり)

村山調教師
「状態は変わりない。重賞で相手が強くなるけど、スムーズに流れに乗れれば」

1週前追い切り
栗東・CW・良(松山)
6F 82.5-66.1-50.9-36.2-11.2(一杯)
ケイアイドリー(強め)の内0.5秒追走・0.3秒遅れ

村山調教師
「いい動きができている。前走は最後いい脚で来てたし次も(乗り方は)ジョッキーに任せます」
「前走は後ろからの競馬でも最後にいい脚を使ってくれました。初めての距離にも対応できましたからね。在厩調整で順調にきています。どんな競馬ができるか」

最終追い切り
栗東・坂路・良(松山)
800m 55.0-40.5-26.0-12.8(馬なり)

松山騎手
「今朝もいいフットワークで動けていました。ずっと調教に乗せてもらっているが、前走より具合は良くなっています。長距離のイメージはなく、マイルでちょうどいいと思います」
7枠13番について
村山調教師
「極端な内でなければいいと思っていたので、良かったです。あとは(松山)ジョッキーにお任せします」
バンドシェル

前走・最終追い切り(京王杯2歳ステークス・4着)
栗東・坂路・良
800m 52.1-37.2-24.2-12.3(強め)

1週前追い切り
栗東・坂路・良(池添)
800m 51.5-37.0-24.0-11.9(強め)

三藤助手
「今朝の調教に騎乗した池添騎手が前進気勢は強いが、コントロールが利いて乗りやすいと言ってくれました。追うごとに順調に上向いています」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.8-39.1-25.0-12.2(末強め)

三藤助手
「先週、池添騎手に乗ってもらって、しっかり追い切ったので今朝はしまい重点。指示通りのいい動きでした。(1ハロン延長については)稽古通りリラックスして走れば距離はこなせると思います」

梛木助手
「しまいを伸ばす感じでやりました。稽古通りにリラックスして実戦でも走れれば」

5枠10番について
三藤助手
「外めの枠がほしいと思っていたので、良かったです。かぶされずに自分のリズムで行きたいですね」
ミルテンベルク

前走・最終追い切り(京王杯2歳ステークス・5着)
栗東・CW・良
6F 86.6-69.7-53.4-37.6-11.8(強め)

日比野助手
「しまいをしっかりと伸ばした。成長しているのも感じられる。体力的に1F延びた方がいいと思うし、調教も工夫して我慢を覚えさせてきた」

1週前追い切り
栗東・CW・良(助手)
計測不能(一杯)

武英調教師
「順調ですよ。テンションが高く、折り合いが鍵だけどマイルまでは問題ない」
「前走は控える競馬をしてもらったが、それが今回に生きてほしい。阪神マイルの方が合いそうな感じはあるのでうまく流れに乗れれば」

最終追い切り
栗東・CW・良(ムルザバエフ)
6F 86.4-70.1-53.9-38.0-12.1(直強め)
ペプチドナイル(末強め)の内0.7秒追走・同入

ムルザバエフ騎手
「並んだ時に少しハミをかんだが、抑えたら楽だった。軽い走りで先週、乗った時より馬の状態は上がっている」

荻野助手
「前走でモレイラ騎手が苦戦した部分を想定した併せ馬」

1枠2番について
荻野助手
「枠は気にしていません。行く馬がいれば、それを見ながらリズムよく運べれば」
created by Rinker
¥2,090 (2024/07/21 10:47:15時点 楽天市場調べ-詳細)

2023年・朝日杯フューチュリティステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 朝日杯フューチュリティステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・朝日杯フューチュリティステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はエコロヴァルツに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/27・7/28)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
有馬記念は2024年12月22日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2024年で第69回を迎え、昨年はドウデュースが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
ホープフルステークスは2023年12月28日に中山競馬場で行われる二歳の中距離G1戦。ホープフルSは2023年で40回目を迎え、昨年はドゥラエレーデが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。