【朝日杯フューチュリティステークス2020】追い切り/抜群の動きを見せたのは

朝日杯フューチュリティステークス2020 追い切り

朝日杯フューチュリティステークス2020の追い切り・コメントの記事です。朝日杯フューチュリティステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2020年12月20日(日) | 6回阪神6日 | 15:40 発走
第72回 朝日杯フューチュリティステークス(GI)芝・右・外 1600m
Asahi Hai Futurity Stakes (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2020年・朝日杯フューチュリティステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
朝日杯フューチュリティステークスは2021年12月19日に阪神競馬場で行われる二歳マイル王者を決める一戦。朝日杯FSは2021年で第73回を迎え、昨年はグレナディアガーズが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にもターコイズステークスが開催される。
ターコイズステークス2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年のターコイズステークスの出走予定馬にはトロワゼトワルやスマイルカナなどが名を連ねています。ターコイズは「天の神が宿る石」として勇気と幸福をもたらしてくれる天然石。どの馬に幸運が訪れるのか?
スポンサーリンク

朝日杯フューチュリティステークス2020の追い切りをチェック!

朝日杯フューチュリティステークス2020 追い切り

朝日杯フューチュリティステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
ターコイズステークス2020の追い切り・コメントの記事です。ターコイズステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アスコルターレ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.5-37.8-24.4-11.9(一杯)

北村友騎手
「状態は良さそう。反応の良さは感じました」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.2-39.4-25.3-12.2(馬なり)

三藤助手
「ラストが一番速くなるようにという指示。周りに馬がいると根性を出すので、オーバーワークにならないように一番乗りしました。いい追い切りができました」
カイザーノヴァ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.9-38.7-25.4-12.7(一杯)
ペガサスハーツ(馬なり)を0.6秒追走・0.4秒遅れ

矢作調教師
「いつも通りで好調。難しいところはあるけど、能力は高い」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.2-39.1-25.4-12.9(一杯)
タイセイモンストル(馬なり)を0.4秒追走同入

宮内助手
「この馬なりに時計が出て状態は悪くない。脚をためて運べる馬ではないので、前めの競馬になると思います」
グレナディアガーズ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 84.0-68.0-52.5-38.3-11.8(馬なり)
ブルースピリット(馬なり)の内0.4秒追走同入

片山助手
「稽古の感じからすると、ためが利けば、もっとはじけそうな雰囲気」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.4-37.8-24.7-12.6(馬なり)
サルファーコスモス(一杯)を1.0秒追走・0.1秒先着

片山助手
「スピード感十分。あらゆる面で状態が上向いた。G1でもやれそうな雰囲気はある。(距離延長に関しては)融通が利かないというほどでもない。上手に対応してくれると思う」

福永助手
「調教の良さが競馬につながってきた。気になるのは若さ。マイルは競馬がしやすい」

ショックアクション

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 82.7-67.1-53.0-38.9-12.2(一杯)
チュウワノキセキ(稍一杯)の内1.0秒追走・0.4秒先着

戸崎騎手
「久々でも軽い動きで、しっかり反応してくれました。落ち着きもありますよ。元々完成度が高いし、力もつけています。順調にいってほしいですね」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.8-38.0-24.3-11.9(馬なり)

大久保調教師
「動きは良かった。思ったよりブランクを感じさせない。ここを目標に調整してきた。阪神コースも使っているし問題ない」
ジュンブルースカイ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 84.2-68.1-53.1-38.9-12.4(馬なり)
レイオブウォーター(馬なり)の内0.8秒追走同入

友道調教師
「間隔は詰まっているけど状態は問題ない。輸送で減った体も戻っている。1600メートルの方がいい」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.8-68.6-52.8-38.4-12.5(馬なり)
メラーキ(強め)の内1.5秒追走クビ遅れ

友道調教師
「(中3週と)間隔が詰まっているし、(岩田康)ジョッキーに感触をつかんでもらう程度。前走で減った体(マイナス10キロ)を戻しつつの調整だけど、いい感じできています」
スーパーホープ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.8-38.7-25.0-12.5(一杯)
ワイドエンペラー(一杯)に0.1秒先行・0.6秒先着

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.0-66.8-52.5-38.8-12.8(一杯)
ライデンバローズ(叩一杯)の内1.0秒追走・0.2秒先着

藤岡調教師
「抜け出す脚も良かったし、最後も良かったです。思い通りの調整ができました」
ステラヴェローチェ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 84.5-67.0-51.7-37.8-12.2(稍一杯)

須貝調教師
「無理せずラストもいい時計が出ているし、すごく具合はいい」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.8-38.5-24.7-12.0(馬なり)

須貝調教師
「思い通りの調教ができたし、今日は追っていませんが、これ以上ない動き。仕上がりはばっちりですよ」
テーオーダヴィンチ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 85.5-69.6-55.2-40.7-12.9(直強め)
メイショウイナホ(馬なり)の内を0.3秒追走3F併同入

岡田調教師
「引っ掛からないし、上手に競馬をする。潜在能力は高いですね」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.7-38.1-24.5-12.1(強め)
テーオービクトリー(馬なり)を0.5秒追走同入

横井助手
「少し気合をつける程度でしたが、いい感じでした。GIで力試しの一戦ですが、自分のペースで運んでどこまでやれるか」
ドゥラモンド

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 69.7-53.8-39.6-12.2(強め)
ライル(馬なり)の内1.0秒追走・0.2秒先着

手塚調教師
「動きは良かった。体つきもいい。ただ、ゲートはまだ課題。もう少し時間が欲しい」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 68.5-54.0-40.4-12.8(馬なり)
シュネルマイスター(馬なり)の外0.6秒先行同入

手塚調教師
「動きはいいですよ。見た目以上に中身はできている。スタートが遅いので、中間は練習をしている。ワンターンの競馬も合っていると思う。切れるので、良馬場の方がいい」

平塚助手
「気合を入れすぎない程度にしまいだけ。走りのバランスが良くなったし、落ち着きもある」

バスラットレオン

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.7-39.8-25.6-12.5(馬なり)

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.6-39.0-24.6-11.9(一杯)
ラインオブダンス(一杯)を0.5秒追走・0.5秒先着

宮内助手
「動きも良く、状態はいい。前走は(馬体重が)プラス20キロの影響もあったし、距離もギリギリという感じ。今回のマイルの方がいいですね」
ビゾンテノブファロ

最終追い切り
美浦・南W・良
6F 83.4-67.0-51.9-38.4-12.9(一杯)
モリデンアロー(一杯)の外0.8秒追走・0.2秒先着

山田騎手
「今回は前に馬を置いて我慢させました。(折り合いがついたことで)最後にもうひとつギアがありましたね。道中の力みがとれて、もうひと伸びできるようになった。今回の追い切りみたいな競馬ができれば。使うたびに力をつけています」

小桧山調教師
「(調教の動きに)ギアがもう一段あると感じた。山田が笑顔で(馬場から)帰ってきたしね。一戦ごとに体もしっかりして、扱いやすくなってきた。(2走前の)阪神の経験が生かせれば」

ピンクカメハメハ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.0-38.3-25.3-12.7(馬なり)
フォルツァエフ(馬なり)を1.0秒追走・0.1秒遅れ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.8-38.2-25.1-12.9(一杯)
フランスゴデイナ(一杯)に0.5秒先行同入

ブルースピリット

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 84.4-68.3-52.8-38.6-11.8(馬なり)
サヴィ(馬なり)の内0.3秒追走同入

片山助手
「休み明けの前走は収穫の多い競馬でした。上積みがある状態でG1に向かえると思います」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.9-67.4-52.7-39.4-12.4(直強め)
ヴァリアメンテ(強め)の内0.6秒追走クビ遅れ

藤岡佑騎手
「順調です。状態を見る感じ。突かれるほうがいいタイプ。後ろからだったので、うなる感じではなかったけどね。操縦性が高く、折り合いも問題ない。どんな形になっても対応できそうだけど、マイルはギリギリかも」

福永助手
「使ったことで調教では楽に動けている。操作性が良く、スピード競馬への心配はない」

ホウオウアマゾン

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 83.0-67.4-52.9-39.1-12.6(稍一杯)
エントシャイデン(馬なり)の内0.6秒追走・0.1秒遅れ

矢作調教師
「及第点の動き。前走は満足のいく内容。どんな競馬もできるのがいい」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.1-39.3-25.7-12.6(馬なり)
キングオブドラゴン(馬なり)を0.4秒追走同入

宮内助手
「先週にしっかり負荷をかけているので、今週は反応を見る感じ。時計は地味かもしれないけど、動き自体はいい。成長の度合いが速く、デビュー前はこうなるとは思っていなかった」
モントライゼ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.4-38.8-25.3-12.8(一杯)

松永幹調教師
「1週前なので、しっかりやりました。馬場の荒れた時間でも、しっかり動きますね」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.2-66.1-51.9-38.5-12.4(強め)

ルメール騎手
「状態は良さそうです。フットワークも問題ない。マイルは初めてだけど、大丈夫。スピードもパワーもある。ここでもチャンス」

松永幹調教師
「課題は1F延長だが、テンションさえ高くならなければ。今のところ上がっていない」

レッドベルオーブ

1週前追い切り
栗東・CW・良
5F 69.0-53.2-39.2-12.4(直強め)
エイカイファントム(一杯)の内0.4秒追走・0.1秒先着

福永騎手
「ある程度の負荷をかけて予定通り。順調に調整できている」

最終追い切り
栗東・CW・良
5F 65.9-51.2-37.4-12.5(馬なり)
サトノシリウス(一杯)の内0.5秒追走同入

福永騎手
「先週より動ける状態になっている。ここまで非常に順調に来ている。気性に落ちつきがあって、体重がちょっと増えている。それは良い傾向だね。ここでも楽しみ」

藤原英調教師
「前に馬を置いて、折り合いを気にして同入という感じ。最後はやや負かしたかな。チップが重かったようだけど、状態はいいと思う。いつも言うようにこの時期の2歳はまだ子ども。体調管理が重要や。能力は確信しているから、それを生かすには状態だからな」

ロードマックス

1週前追い切り
栗東・CW・良
5F 65.1-51.0-37.4-12.0(一杯)
サトノシリウス(一杯)の外0.6秒追走・0.6秒先着

藤原英調教師
「前走後もいい感じ。じりじりと力をつけている」

最終追い切り
栗東・CW・良
5F 64.8-50.5-37.4-12.3(G前仕掛け)
コラルノクターン(G前追)の外0.9秒追走同入

藤原英調教師
「(最終追いは)前走も極に乗ってもらった。この前と酷似した調教ができた。やってくれそうな雰囲気。この馬は面白い」
関連記事
武豊騎手はドゥラモンドに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(10/30・10/31)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
ホープフルステークスは2020年12月26日に中山競馬場で行われる二歳の中距離G1戦。ホープフルステークスは2020年で37回目を迎え、昨年はコントレイルが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
有馬記念は2021年12月26日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2021年で第66回を迎え、昨年はクロノジェネシスが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。