【AJCC 2023】追い切り/抜群の動きを見せたのは

AJCC 2023 追い切り

AJCC 2023の追い切り・コメントの記事です。アメリカジョッキークラブカップの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2023年1月22日(日) | 1回中山8日 | 15:45 発走
第64回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)芝・右・外 2200m
American Jockey Club Cup (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・AJCCの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
アメリカジョッキークラブカップは2023年1月22日に中山競馬場で行われる冬の中距離G2戦。AJCCは2023年で第64回を迎え、昨年はキングオブコージが優勝した。AJCCの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも東海ステークスが開催される。
東海ステークスは2023年1月22日に中京競馬場で行われる年始初のダート重賞。東海ステークスは2023年で第40回を迎え、昨年はスワーヴアラミスが優勝した。東海ステークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

アメリカジョッキークラブカップ2023の追い切りをチェック!

AJCC 2023 追い切り

アメリカジョッキークラブカップに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
東海ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。東海Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アリストテレス

最終追い切り
栗東・坂路・良(松若)
800m 53.5-39.2-25.7-13.0(末強め追う)
ラインオブソウル(一杯)に0.4秒先着

音無調教師
「間隔が詰まっているので、この調整でいいと思う。(間隔を)詰めて使うことがいい方に出れば。ブリンカーは外します」
エヒト

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 49.7-36.6-24.1-11.9(一杯)
アドバンスファラオ(馬なり)を0.6秒追走・0.2秒先着

森調教師
「いつも通り動いていた。前回も仕上がりは悪くなかったけど、ジョッキー(田中勝春騎手)は『福島で(七夕賞を)勝った時ほどではなかった』と言っていた。その時と比べてもいいと思う。距離はもつ。馬場も先週みたいに悪くならないだろうから」
エピファニー

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 64.9-50.2-36.5-11.7(馬なり)

宮田調教師
「毛づやに波があるタイプだが、今は見るからにいい。1戦ごとに競馬が上手になっているし、ジョッキーとも手が合う。前走は昇級戦だったけど折り合って強い内容。距離はチャレンジになるが、持久力はあるタイプだと思う。折り合いは鍵だけどこなしてくれると思う」
オウケンムーン

最終追い切り
美浦・坂路・稍重(助手)
800m 54.2-39.1-25.3-12.7(馬なり)
リュウノステルス(一杯)を0.4秒追走・0.2秒先着

岩戸調教師
「年齢を感じさせず馬は若いですね。長休明けで楽ではありませんが、やれるだけのことはやってきたので」
ガイアフォース

最終追い切り
栗東・坂路・良(長岡)
800m 54.0-38.7-24.8-12.0(馬なり)

長岡騎手
「5日の追い切りも乗せてもらったのですが、その時よりしまい1ハロンの体の使い方が良くなっていました。体全体のつながりもいいですね」

杉山晴調教師
「今回は長距離輸送があるので、2週前と1週前にしっかりやって、今週は調整程度。1週前にルメール騎手に乗ってもらってから、馬の動きがさらに大きくなりました。すごくいい状態です」

小川厩務員
「普段触っている感じから体にメリハリが出て、ここ3週調教をするごとに上向いている感じ。運動中の歩様もいいし、この状態で出せるのは楽しみですね」

シャムロックヒル

最終追い切り
栗東・CW・良(藤懸)
6F 82.1-66.8-52.0-37.2-11.6(一杯)

佐々木調教師
「体に余裕があるのでビッシリ。動きは良かったよ。今回はゲート裏でメンコを外します」
スタッドリー

最終追い切り
栗東・CW・良(坂井瑠)
5F 70.2-54.5-38.4-11.9(馬なり)
フォーサイドナイン(馬なり)の内0.3秒追走・同入

奥村豊調教師
「ジョッキー(坂井)によると体調は良さそう、とのこと。順調に来ています」
ノースブリッジ

最終追い切り
美浦・南W・稍重(岩田康)
6F 84.2-67.4-52.2-37.7-11.6(馬なり)
シュマンドロワ(馬なり)の内1.4秒追走・同入

奥村武調教師
「今日はオーバーワークにならないように前の馬に追いついただけ。体のキレがいいですね。前走はG1だったし、改めて仕切り直し。今年が楽しみになるような競馬を」
バビット

最終追い切り
栗東・坂路・良(横山典)
800m 52.3-38.2-24.7-12.5(馬なり)

横山典騎手
「休み明けでもオールカマーの時とは全然違う。やっと本来の姿に戻ってきた感じじゃないかな。体も引き締まった」

浜田調教師
「馬場の悪い時間でも見た目以上の時計。コーナーの加速も良かった。楽しみです」
「いい感じの追い切り。状態はいいと思う。前走を使った後に、もっと良くなると思っていた。思いどおりに良化している。中山2200メートルは相性がいいので、いい競馬をしたい」

ブラックマジック

最終追い切り
美浦・ポリ・良(助手)
5F 63.4-49.5-36.9-12.0(強め)
キュン(馬なり)の内1.9秒追走・1.2秒先着

斎藤助手
「ここ2戦、力んで走っていたので、馬の後ろで我慢させた。落ち着いていたし状態はいい。リラックスして走れれば、もう少しやれる」
ユーバーレーベン

最終追い切り
美浦・南W・稍重(津村)
5F 70.1-54.2-39.0-11.2(馬なり)
ヤングローゼス(馬なり)の内1.0秒追走・同入

手塚調教師
「体調はいいですよ。調教もやる気がある。中山2200メートルは外回りだし、時計のかかるタフな馬場もいいと思う」
ラーゴム

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 85.0-68.9-52.7-37.5-11.8(強め)
セッション(馬なり)の外1.7秒先行・0.2秒遅れ

斉藤崇調教師
「動きは悪くなかったです。前走は芝でもやれるところを見せてくれました。以前と比べて力むところはマシになっています」
レインカルナティオ

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 67.1-51.5-36.9-11.5(馬なり)

小西調教師
「中2週なので馬なりで十分。前走は不利があって不完全燃焼。いい感じで来ているし、実績ある中山で改めて」
レッドガラン

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.2-39.6-25.5-12.4(馬なり)

藤巻助手
「反応を確かめる程度。去年も冬場に勝っているし、その時の行きっぷりの良さが戻ってきました」

2023年・アメリカジョッキークラブカップの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 アメリカジョッキークラブカップ|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・アメリカジョッキークラブカップの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は東海ステークスでクリノドラゴンに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/11・2/12)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
シルクロードステークスは2023年1月29日に中京競馬場で行われる短距離重賞。シルクロードステークスは2023年で第28回を迎え、昨年はメイケイエールが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
東京新聞杯は2023年2月5日に東京競馬場で行われるマイル重賞。東京新聞杯は2023年で第73回を迎え、昨年はイルーシヴパンサーが優勝した。東京新聞杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。