【AJCC 2021】結果・動画/アリストテレスが人気に応え快勝

AJCC 2021 アリストテレス

アメリカジョッキークラブカップ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のAJCCの着順は1着:アリストテレス、2着:ヴェルトライゼンデ、3着:ラストドラフトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のアメリカジョッキークラブカップはアリストテレスが人気に応え快勝

2021年1月24日(日) | 1回中山8日 | 15:45 発走
第62回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)芝・右・外 2200m
American Jockey Club Cup (G2)

スポンサーリンク

2021年・アメリカジョッキークラブカップの動画

関連記事
昨年のアメリカジョッキークラブカップはブラストワンピースが制していた。
アメリカジョッキークラブカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のAJCCの着順は1着:ブラストワンピース、2着:ステイフーリッシュ、3着:ラストドラフトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・アメリカジョッキークラブカップの結果

スポンサーリンク

1着:アリストテレス
2着:ヴェルトライゼンデ(1/2馬身)
3着:ラストドラフト(クビ)
4着:ステイフーリッシュ(1-1/2馬身)
5着:モズベッロ(ハナ)
6着:ウインマリリン
7着:ジャコマル
8着:ナイママ
9着:タガノディアマンテ
10着:サンアップルトン
11着:サトノフラッグ
12着:ベストアプローチ
13着:ノーブルマーズ
14着:マイネルハニー
15着:ジェネラーレウーノ
16着:ソッサスブレイ
17着:ランフォザローゼス

勝ちタイム:2.17.9
優勝騎手:C.ルメール
馬場:不良

関連記事
G1・大阪杯をにぎわす馬は?
大阪杯は2021年4月4日に阪神競馬場で行われる春の中距離王を決める一戦。2021年で第65回を迎え、豪華メンバーが集結。昨年はラッキーライラックが制した。大阪杯の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

AJCC 2021 アリストテレス

1着 アリストテレス(C.ルメール騎手)
「馬場のコンディションは難しかった。やっぱり重い馬場は、血統が大事でしたね。アリストテレスの手応えは良かったので、4コーナーで勝つ自信はあったが、この馬場では直線が長く感じました。今日はトップコンディションではなくても、G2を勝つことができた。また良くなれば、G1で勝つことができると思う」

(音無秀孝調教師)
「ジョッキーは先週乗った時に太かったと心配していましたし、今日もそんな感じだったと言っていました。自信はありませんでしたが、今日は地力の高さで勝ってくれました。目標の春の天皇賞まで日もありますから、次は阪神大賞典か日経賞になると思います」

2着 ヴェルトライゼンデ(池添謙一騎手)
「だいぶ馬場に脚を取られた。ハミをかけながらの追走になって、勝ち馬とは4コーナーでの手応えが違ったが、底力でここまで走ってくれた。改めて、力があると感じた」

3着 ラストドラフト(三浦皇成騎手)
「強敵相手なうえに、馬場が合わない中でも一生懸命走っていた。良馬場なら、どうだったか」

4着 ステイフーリッシュ(石橋脩騎手)
「返し馬からいい感じだった。勝負とこどでしぶくなったが、また盛り返してくれた」

5着 モズベッロ(北村宏司騎手)
「馬のリズムに合わせようを思った。1、2着馬と変わりない勢いで伸びたし、差のないところまできた。状態は戻りつつある」

6着 ウインマリリン(横山武史騎手)
「思い通りのレースはできた。大きく負けてはいないが、2200メートルは少し長いのかも」

7着 ジャコマル(田中勝春騎手)
「4コーナーでの手応えは良かったし、馬場は気にしなかった。これから力を付けそう。先が楽しみ」

8着 ナイママ(柴田大知騎手)
「このメンバーを相手に自分の競馬はできたし、最後まで良く頑張った」

9着 タガノディアマンテ(津村明秀騎手)
「位置取りは良かったが、ペースがゆっくりになって掛かってしまった。ハミをかむと頭が下がるタイプなので、苦しい走りになった」

10着 サンアップルトン(柴田善臣騎手)
「仕上がりが良かったので、レースを楽しみにしていた。道悪はこなせるが、きょうほどになると対応できない面がある」

11着 サトノフラッグ(戸崎圭太騎手)
「最内枠なのでポジションを取っていければと思っていたが、あまりいい位置にいけなかったので、リズム重視で。勝負どころで仕掛けたが、直線で止まった。休み明けを叩いて、良くなりそう」

12着 ベストアプローチ(江田照男騎手)
「この馬場では、かかえるだけで精一杯」

13着 ノーブルマーズ(高倉稜騎手)
「道中は出して行かずにリズムを保ったが、3コーナーで手応えがなくなった」

14着 マイネルハニー(宮崎北斗騎手)
「馬場は気にしていなかった。頑張っていたが、年齢的なものもあるかも」

15着 ジェネラーレウーノ(武藤雅騎手)
「馬場が緩くて走りにくそうだった。終始手応えがつかめず運ぶ形になった」

16着 ソッサスブレイ(木幡巧也騎手)
「メンバーが強かったし、のめって、この馬場に対応できなかった」

17着 ランフォザローゼス(杉原誠人騎手)
「位置は悪くなかったが、この馬場で踏ん張りが利かなかった」

勝ち馬プロフィール

AJCC 2021 アリストテレス

アリストテレス(Aristoteles)牡4/鹿毛 音無 秀孝(栗東)
父:エピファネイア 母:ブルーダイアモンド 母父:ディープインパクト
馬名の由来:人名より

関連記事
アリストテレスは前走の菊花賞で2着に敗れていた。
菊花賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の菊花賞の着順は1着:コントレイル、2着:アリストテレス、3着:サトノフラッグとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。