【シルクロードステークス2019】出走予定馬・予想オッズ/自慢の速さを競う

シルクロードステークス 2018 ファインニードル

シルクロードステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のシルクロードステークスの出走予定馬にはダノンスマッシュやラブカンプーなどが名を連ねています。G1で活躍した馬や将来性豊かな若駒たちが集結。自慢のスピードで勝利を勝ち取れ。

自慢の速さを競う

2019年1月27日(日) | 2回京都2日 | 15:35 発走
第24回 シルクロードステークス(GIII)芝・右 1200m
Silk Road Stakes (G3)

2019年・シルクロードステークスの出走予定馬たち

ダノンスマッシュ

2019年のシルクロードステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。
赤文字の馬・騎手は24日にJRAが発表した出走が確定した馬と騎手です。

出走予定馬
  • アレスバローズ(川田将雅)
  • アンヴァル(松山弘平)
  • エスティタート(浜中俊)
  • カラクレナイ(未定)
  • キングハート(中谷雄太)
  • コウエイタケル(未定)
  • コスモドーム(未定)
  • サイタスリーレッド(田中健)
  • ストーミーシー(未定)
  • セイウンコウセイ(池添謙一)
  • ダイメイプリンセス(秋山真一郎)
  • ダノンスマッシュ(北村友一)
  • ティーハーフ(国分恭介)
  • トウショウピスト(古川吉洋)
  • ナインテイルズ(福永祐一)
  • ノボバカラ(未定)
  • ビップライブリー(高倉稜)
  • フミノムーン(国分優作)
  • ペイシャフェリシタ(三浦皇成)
  • ユキノアイオロス(未定)
  • ライトフェアリー(川須栄彦)
  • ラインスピリット(森一馬)
  • ラブカンプー(M.デムーロ)
  • リョーノテソーロ(坂井瑠星)
関連記事
同週に行われる他の重賞もチェック!

愛知杯2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の愛知杯の出走予定馬にはレッドジェノヴァやノームコアなどが名を連ねています。10年で3連単10万越えが6回と荒れるハンデ重賞。今年も荒れるのか。
根岸ステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の根岸ステークスの出走予定馬にはコパノキッキングやマテラスカイなどが名を連ねています。G1に向かう馬にとって重要な前哨戦。陣営の思惑を読み取れ。

出走予定馬・ピックアップ

ラブカンプー

京都競馬場で行われる芝G3「シルクロードステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

ダノンスマッシュ(Danon Smash)

ダノンスマッシュ・4歳牡馬
10戦4勝 [4-2-0-4]
父:ロードカナロア
母:スピニングワイルドキャット
母父:ハードスパン
馬名の由来:冠名+打ち砕く。相手を打ち砕く強烈な走りを期待して
前走:京阪杯・1着(1番人気)
(鞍上予定:北村友一)

ライバルたちを打ち砕け「ダノンスマッシュ」

前走の京阪杯では前目のポジションから楽に抜け出し後続に1-3/4馬身の差をつけ快勝し、重賞初勝利を挙げた。
これは奇しくも父のロードカナロアと同じだった。

ダノンスマッシュも父と同じローテーションを進む。
父は京阪杯→シルクロードステークスを連勝し、高松宮記念で3着。
2世代揃って世界で活躍する短距離馬に成長してほしいところだ。

ピックアップレース
京阪杯2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の京阪杯の着順は1着:ダノンスマッシュ、2着:ナインテイルズ、3着:ダイアナヘイローとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ラブカンプー(Love Kampf)

ラブカンプー・4歳牝馬
13戦2勝 [2-8-1-2]
父:ショウナンカンプ
母:ラブハート
母父:マイネルラヴ
馬名の由来:冠名+父名より
前走:スプリンターズステークス・2着(11番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

G1で見せたスピード再び「ラブカンプー」

ここまでわずか2勝ながらファンに残したインパクトは十分だ。
重賞で2着4回、3着1回と勝ち切れてはいないものの、いいスピードを見せている。
前走のスプリンターズステークスでも11番人気と戦前の評価は高くなかったが、ファインニードルとクビ差の大接戦を演じて見せた。

短距離王者が引退したスプリント界。
快速乙女が短距離女王の座を狙う。

ピックアップレース
スプリンターズステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:ファインニードル、2着:ラブカンプー、3着:ラインスピリットとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
アレスバローズ(Ares Barows)

アレスバローズ・7歳牡馬
29戦7勝 [7-4-4-14]
父:ディープインパクト
母:タイセイエトワール
母父:トニービン
馬名の由来:戦を司る神+冠名
前走:京阪杯・10着(3番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

昨年夏の勢いを取り戻せば「アレスバローズ」

昨年のサマーシリーズにはCBC賞と北九州記念を制しサマースプリント王者に輝いた。
秋の活躍も期待されたがスプリンターズステークス14着、京阪杯10着と大敗。
目に見えない疲れがあったのか結果が出なかった。

仕切り直しの一戦となる今回は、重賞初制覇を果たした時のパートナー・川田騎手に手綱を握る。
復活のきっかけをつかめるか。

ピックアップレース
CBC賞 2018の動画・結果です。CBC賞の結果は1着:アレスバローズ、2着:ナガラフラワー、3着:セカンドテーブル。「アレスバローズ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。
北九州記念 2018の結果・動画です。北九州記念の結果は1着:アレスバローズ、2着:ダイメイプリンセス、3着:ラブカンプー。「アレスバローズ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。
セイウンコウセイ(Seiun Kosei)

セイウンコウセイ・6歳牡馬
25戦7勝 [7-6-0-12]
父:アドマイヤムーン
母:オブザーヴァント
母父:Capote
馬名の由来:冠名+恒星
前走:JBCスプリント・14着(7番人気)
(鞍上予定:池添謙一)

2年連続2着の悔しさをバネに「セイウンコウセイ」

2017年に高松宮記念を制し、昨年も函館スプリントステークスを制すなどまだまだ力があるところを見せている。
前走は久々のダート戦に挑んだが14着と大敗、ダートの壁は高かった。

シルクロードステークスでは2017年、2018年で2着と連続で涙を呑んだ。
3度目の正直となるか、それとも…。

ピックアップレース
函館スプリントステークス 2018の動画・結果です。函館スプリントステークスの結果は1着:セイウンコウセイ、2着:ヒルノデイバロー、3着:ナックビーナス。「セイウンコウセイ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

他にもシルクロードステークスにはスプリンターズステークス3着のラインスピリットや4着のダイメイプリンセス、淀短距離ステークスを制した8歳馬ナインテイルズなども出走を予定しています。

シルクロードステークスは2019年1月27日(日)の15時35分発走予定です。

見出しタイトル
今週行われるレースの追い切り記事もチェック!

シルクロードステークス2019の追い切り・コメントの記事です。シルクロードステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
根岸ステークス2019の追い切り・コメントの記事です。根岸ステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
愛知杯2019の追い切り・コメントの記事です。愛知杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

シルクロードステークス2019の予想オッズ

アンヴァル

2019年・シルクロードステークスの予想オッズはこのように予想しています。
前走京阪杯で重賞初制覇を果たしたダノンスマッシュが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ダノンスマッシュ(2.0)
  2. ラブカンプー(3.0)
  3. アンヴァル(7.0)
  4. ダイメイプリンセス(9.0)
  5. セイウンコウセイ(12.0)
  6. アレスバローズ(15.0)
  7. ナインテイルズ(18.5)
  8. ラインスピリット(35.0)
  9. リョーノテソーロ(☆)
  10. エスティタート(☆)
  11. ティーハーフ(☆)
  12. ビップライブリー(☆)
  13. ペイシャフェリシタ(☆)
  14. キングハート(☆)
  15. フミノムーン(☆)
  16. サイタスリーレッド(☆)
  17. ライトフェアリー(☆)
  18. トウショウピスト(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

シルクロードステークス2019の日程・賞金

シルクロードステークス 2017 ダンスディレクター

シルクロードステークス

日程・発走予定時刻
2019年1月27日(日)15時35分発走予定

場所・距離
京都競馬場・芝・1200m


G3

1着賞金
3,900万円

プレイバック

2018年1月28日(日)シルクロードステークス(GIII)

1着:ファインニードル
2着:セイウンコウセイ(2馬身)
3着:フミノムーン(クビ)
4着:カラクレナイ(ハナ)
5着:ナックビーナス(クビ)

勝ちタイム:1.08.3
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

シルクロードステークス

シルクロードステークス 2018 ファインニードル

「シルクロードステークス 2018」の動画・結果です。シルクロードSの結果は1着:ファインニードル、2着:セイウンコウセイ、3着:フミノムーン。「ファインニードル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

「シルクロードステークス 2018」の動画・結果です。シルクロードSの結果は1着:ファインニードル、2着:セイウンコウセイ、3着:フミノムーン。「ファインニードル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント
1着 ファインニードル(川田将雅騎手)
「強くなったと思いました。重賞を勝った時のイメージで乗りました。内でリズムが良かったですし、理想的な流れで進められました。4コーナーの手応えも良かったです。いい形で進路を作れました。終いも動いてくれましたし、まだもうひとつ動けそうに思います。これを使ってさらに強くなりそうです。以前よりコントロールが良くなりました。今日を勝つことが出来ましたから、この先もいいレースが出来ればと思っています。(川田騎手自身は)1月に重賞を勝ててうれしいです。ファンの皆さんの期待に応えられるように頑張ります」