【若駒ステークス2019】結果・動画/ヴェロックスが早め先頭から押し切る

若駒ステークス2019 ヴェロックス

若駒ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の若駒ステークスの着順は1着:ヴェロックス、2着:サトノウィザード、3着:フェアリーポルカとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の若駒ステークスはヴェロックスが早め先頭から押し切る

2019年1月19日(土) | 1回京都6日 | 15:01発走
若駒ステークス 芝・右 2000m
Wakagoma Stakes

スポンサーリンク

2019年・若駒ステークスの動画

関連記事
昨年の若駒ステークスはケイティクレバーが制していた。

「若駒ステークス 2018」の動画・結果です。若駒ステークスの結果は1着:ケイティクレバー、2着:マイハートビート、3着:テイエムディラン。「ケイティクレバー」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・若駒ステークスの結果

1着:ヴェロックス
2着:サトノウィザード(1-3/4馬身)
3着:フェアリーポルカ(2馬身)
4着:ショウリュウイクゾ(クビ)
5着:リオンリオン(2馬身)
6着:ロードマイウェイ
7着:キングリスティア
8着:ブラヴァス

勝ちタイム:2.00.7
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

関連記事
ヴェロックスは前走・東京スポーツ杯2歳ステークスで4着に敗れていた。

東京スポーツ杯2歳ステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の東スポ杯2歳Sの着順は1着:ニシノデイジー、2着:アガラス、3着:ヴァンドギャルドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

1着 ヴェロックス(川田将雅騎手)
「いい経験ができたレースだったと思います。本当に良くなるには、まだ時間がかかりそうな気がするし、一戦ごとに良くなってくれれば」

(中内田充正調教師)
「1コーナーまでハミをかむ所がありましたが、途中から自分のリズムを取って、良い形でレースを運べました。4コーナーで雑な所もありますし、まだ成長の余地を残しています。次走は様子を見て考えます」

2着 サトノウィザード(C.ルメール騎手)
「勝ち馬を前に置いてレースを進めました。直線も伸びて良い競馬でしたが、まだ子供です。それでも2度目のレースで、レースごとに良くなっています」

4着 ショウリュウイクゾ(浜中俊騎手)
「ブリンカーの効果がありました。まっすぐ走っていました。距離が伸びても大丈夫です」

7着 キングリスティア(岩田康誠騎手)
「自分の形でレースを運びましたが、最後は一杯になりました」

8着 ブラヴァス(武豊騎手)
「先行して、感じは悪くありませんでしたが、4コーナーではもう抵抗できませんでした」

勝ち馬プロフィール

ヴェロックス(Velox)牡3/鹿毛 中内田 充正(栗東)
父:ジャスタウェイ 母:セルキス 母父:Monsun
馬名の由来:素早い(ラテン語)