【シルクロードステークス2019】結果・動画/ダノンスマッシュが抜け出し重賞連勝

シルクロードステークス2019 ダノンスマッシュ

シルクロードステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のシルクロードステークスの着順は1着:ダノンスマッシュ、2着:エスティタート、3着:ティーハーフとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

父と同じ軌跡をたどれ!2019年のシルクロードステークスはダノンスマッシュが抜け出し重賞連勝

2019年1月27日(日) | 2回京都2日 | 15:35 発走
第24回 シルクロードステークス(GIII)芝・右 1200m
Silk Road Stakes (G3)

スポンサーリンク

2019年・シルクロードステークスの動画

関連記事
昨年のシルクロードステークスはファインニードルが制していた。

「シルクロードステークス 2018」の動画・結果です。シルクロードSの結果は1着:ファインニードル、2着:セイウンコウセイ、3着:フミノムーン。「ファインニードル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・シルクロードステークスの結果

1着:ダノンスマッシュ
2着:エスティタート(1-1/4馬身)
3着:ティーハーフ(クビ)
4着:アンヴァル(クビ)
5着:アレスバローズ(1-1/4馬身)
6着:ダイメイプリンセス
7着:ペイシャフェリシタ
8着:ビップライブリー
9着:リョーノテソーロ
10着:ライトフェアリー
11着:ナインテイルズ
12着:サイタスリーレッド
13着:キングハート
14着:ラインスピリット
15着:セイウンコウセイ
16着:フミノムーン
17着:トウショウピスト
18着:ラブカンプー

勝ちタイム:1.08.3
優勝騎手:北村 友一
馬場:良

関連記事
ダノンスマッシュは前走の京阪杯でも快勝していた。

京阪杯2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の京阪杯の着順は1着:ダノンスマッシュ、2着:ナインテイルズ、3着:ダイアナヘイローとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

1着 ダノンスマッシュ(北村友一騎手)
「前走とは違って負けられない気持ち。本番にいい形で迎えたいと思っていたのでホッとしている。外に切り替えようと思った時に馬が落ち着いていたのが収穫。短距離界で期待が大きい馬で、次も期待を持っていきたい。馬も頑張っているが自身ももっと頑張っていきたい」

2着 エスティタート(浜中俊騎手)
「いい展開になった。4コーナーを回る時にはまったと思ったが。実績馬がいるなかでの2着。非常に頑張った」

3着 ティーハーフ(国分恭介騎手)
「大外枠なので、馬なりで。状態はいいと聞いていたし、具合が良ければこれくらい走れる馬。まだ柔らかいし、若いです」

4着 アンヴァル(松山弘平騎手)
「外枠だったが、中団のいいポジションにつけられました。もう少し脚をためたかったですが、外から早めにこられて…。いい馬ですね」

5着 アレスバローズ(川田将雅騎手)
「斤量も枠もきつかったですが、近走を思えばよく頑張ってくれています。これが次につながればと思います」

6着 ダイメイプリンセス(秋山真一郎騎手)
「スプリンターズSの時はだいぶ疲れていたが、今回は疲れが抜けていい状態だった。下りでコーナーを回るのが苦手だが、頑張っている。去年の夏みたいに使っていって状態が戻ってくれば」

7着 ペイシャフェリシタ(三浦皇成騎手)
「ゲートを出て寄られて、位置取りが悪くもまれた。開いてからは伸びているし、状態が良かっただけに申し訳ないです」

8着 ビップライブリー(高倉稜騎手)
「ゲートを出て両サイドからぶつけられた。コーナー入り口でだいぶエキサイトしたが、気分よく行ければもう少しやれる」

9着 リョーノテソーロ(坂井瑠星騎手)
「課題のゲートはうまくクリアして道中もリズム良く運べました。手応えはありましたし、進路があれば突き抜けるだけの脚はあったんですが…」

10着 ライトフェアリー(川須栄彦騎手)
「欲しかったポジションより一列後ろになりましたが、7歳牝馬とはいえ、まだまだ活気がありますね」

11着 ナインテイルズ(福永祐一騎手)
「勝ち馬の後ろで脚をためて行ったが、(手綱を)放した時に反応がなかった。勝ち馬について行こうと思ったが、ついて行けなかった」

13着 キングハート(中谷雄太騎手)
「ゲートで座ってしまって出られなかった。直線も前が壁になって何もできず…。外を回して間に合う感じじゃなかったので、イチかバチか内へ行ったが、どこも開かなかった」

14着 ラインスピリット(森一馬騎手)
「スタートが良くて、自分の形で運べましたが、最後でバッタリ止まってしまいました」

15着 セイウンコウセイ(池添謙一騎手)
「だいぶかかってオーバーペースになってしまった。ブリンカーが効きすぎました」

16着 フミノムーン(国分優作騎手)
「ハミをノーマルのものに換えて今までで一番良かったですが、進路を確保できませんでした。何もできず、申し訳ないです」

18着 ラブカンプー(M.デムーロ騎手)
「スタートは良かったし、いいところにいたが、まだコンディションができていなかった感じ。イレ込みがすごかった。耳を絞っていて、本気で走っていなかった」

勝ち馬プロフィール

シルクロードステークス2019 ダノンスマッシュ

ダノンスマッシュ(Danon Smash)牡4/鹿毛 安田 隆行(栗東)
父:ロードカナロア 母:スピニングワイルドキャット 母父:Hard Spun
馬名の由来:冠名+打ち砕く。相手を打ち砕く強烈な走りを期待して