【秋華賞2021】追い切り/抜群の動きを見せたのは

秋華賞2021 追い切り

秋華賞2021の追い切り・コメントの記事です。秋華賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2017年10月17日(日) | 4回阪神4日 | 15:40 発走
第26回 秋華賞(GI)芝・右 2000m
Shuka Sho (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2021年・秋華賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
秋華賞は2021年10月17日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2021年で第26回を迎え、昨年はデアリングタクトが制した。秋華賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも府中牝馬ステークスが開催される。
府中牝馬ステークスは2021年10月16日に東京競馬場で行われる注目牝馬が集うレース。府中牝馬ステークスは2021年で第69回を迎え、昨年はサラキアが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

秋華賞2021の追い切りをチェック!

秋華賞2021 追い切り

秋華賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
府中牝馬ステークス2021の追い切り・コメントの記事です。府中牝馬ステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アカイトリノムスメ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 64.9-50.8-37.0-11.4(一杯)
ダノングロワール(馬なり)の内0.4秒追走・0.6秒先着

国枝調教師
「1週前なのである程度やった。しまいの反応は良かったし、いいところまで仕上がっている」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 68.6-53.1-38.0-11.8(馬なり)
ドナアトラエンテ(馬なり)の外0.8秒先行・同入

国枝調教師
「先週、圭太(戸崎騎手)が乗って、しまいをしっかりやっているので、だいたい出来ている。輸送もあるので、そんなにやらなかった。いい感じでできたと思う」
6枠12番について
国枝調教師
「(枠は)あまり外すぎない方がいいと思っていたので、いいんじゃないかな。あとは戸崎騎手に任せます。(状態については)順調にこられている。追い切りの後も問題ないし、カイバも食べているよ」
アナザーリリック

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 67.8-52.2-37.1-11.5(G前仕掛け)
ペルラネーラ(馬なり)の内0.6秒追走・同入

津村騎手
「少し重く感じたので気合をつけた。1週前の動きとしては合格点」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 68.1-52.5-37.6-12.3(一杯)
ペルラネーラ(馬なり)の内0.5秒追走・同入

林調教師
「相手は攻め駆けする馬。息遣いも良かったし、いい追い切りができました。前回から引き続きいい状態。春より馬がしっかりして、一段と大人になった感じ。相手が強く楽な競馬ではないが、どこまでやれるか楽しみ」
8枠15番について
林調教師
「枠は内でも外でも、ジョッキーがいいと思ってくれればいいと思っていたので、気にならないですね。追い切った後も順調です。今日は坂路でしまい2ハロン伸ばしました」
アンドヴァラナウト

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.8-38.5-25.2-12.4(馬なり)

池添学調教師
「動きは良かったですね。夏も使っている馬ですし、中間は上積みというよりは、いい状態を維持するように調整しています。いい感じで、体もできています」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.0-38.7-25.0-12.2(馬なり)

池添学調教師
「幼さが抜けて、精神的に少しずつ成長してきた。カイ食いも安定している。前走で2000メートルは少し長いかなと思っていたけど、(福永)ジョッキーが道中でハミを抜きながら、うまく乗ってくれたね」
5枠9番について
池添学調教師
「真ん中くらいで、行く馬(エイシンヒテン)が内にいたらいいなと思っていて、その通りになりました。ゲートの中で悪さをする馬ではないですしし、奇数枠は問題ありません。追い切った後も、変わらずいい状態です」
アールドヴィーヴル

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.6-40.1-26.2-13.2(馬なり)

今野調教師
「使ってから動きがシャープでキビキビしてきて、普段の動きも良くなって気が乗ってきた」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.5-39.3-25.5-12.6(馬なり)

松山騎手
「オーバーワークにならないようリズム重視で。ピリピリすることもなく、逆に落ち着いていた。持ち味が生きる展開になれば」

今野調教師
「中3週は初めて。時計は予定通り。余力を残したまま、うまく調整できた。どんな状況でも、最後は強い気持ちで確実に伸びてくれるのが持ち味。流れが向いてくれたら」

5枠10番について
今野調教師
「特にこだわりはありませんでしたが、外すぎると自然とポジションが1列、2列と後ろになってしまうケースがあるので。(週末の雨予報については)道悪は有利に働くのかなと思っています」
エイシンヒテン

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 82.9-66.1-50.3-36.7-11.7(馬なり)

松若騎手
「楽に馬なりで動けたし、具合は悪くないです。前走のような競馬ができれば」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 85.9-70.7-55.9-41.2-12.7(馬なり)

渡辺調教師
「先週しっかりやっているので直前はサッと。前走を使ったことで落ち着きが出てきた。スピードが持ち味なので(後ろを)離してレースができれば」
3枠5番について
渡辺調教師
「過去に出遅れたことがあるので、できれば偶数が良かったですけど、内めの枠はいいですね。後ろを離し気味の逃げがいいんじゃないかと思いますし、ここならロスなく行けますね」
エンスージアズム

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 83.6-66.5-51.3-38.0-12.2(一杯)

最終追い切り
栗東・CW・良
4F 52.8-38.6-12.7(馬なり)

安田翔調教師
「1週前追いでしっかり負荷をかけたので、今週は半マイルでサッと。落ち着きがあります。前走(7着)は直線、伸び切れなかった。条件は心配していないし、強敵相手にどこまで」
4枠8番について
安田翔調教師
「他の馬との並び、レース当日の馬場状態も踏まえてジョッキーと作戦を考えます」
クールキャット

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 64.5-50.1-36.6-11.8(一杯)
エイムアンドエンド(一杯)の内0.8秒追走・0.4秒先着

奥村武調教師
「若干重いけどこれでどう変わってくるか。春より丈夫になったので攻めは強化できている」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 68.6-52.8-38.1-11.7(馬なり)
レリスタット(馬なり)の内1.2秒追走・0.4秒先着

和田竜騎手
「競馬では燃えるイメージだったけど、落ち着いていて扱いやすかった。反応も良いし、折り合いも問題なかった」

奥村武調教師
「いろいろと難しい面があるので(和田騎手に調教騎乗を)リクエストした。動く馬なのでやりすぎないように。思い通りの調整ができた」

2枠3番について
奥村武調教師
「与えられた枠でやるしかないですね。(阪神2000メートルで3番が直近10年の重賞で7勝は)それを味方につけていければいいですね。隣を走る馬(4番のソダシ)がいるので、内にいても進路ができそうなのはいいですね」
サルファーコスモス

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 84.1-67.4-53.2-39.2-12.0(馬なり)
ロックユー(直強め)の内0.6秒追走・同入

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 86.9-69.4-53.7-39.3-12.9(直強め)

福永助手
「川田騎手に感触を確かめてもらいました。骨折休養明けの前走(2着)を使った後は在厩で調整。楽しみな仕上がりです」
ステラリア

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 84.7-69.0-53.3-38.4-11.8(馬なり)
ソフトフルート(馬なり)の内1.8秒追走・同入

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 84.7-68.4-53.0-38.7-11.9(馬なり)
キラーアビリティ(末強め)の内1.9秒追走・同入

登藤助手
「ある程度、仕上がっていたので最終追いは確認ぐらい。状態に関しては問題ないと思うし、長所の末脚を生かせる展開なら」
1枠2番について
登藤助手
「少し内すぎる感じだが距離はこれくらいがいい。長所の末脚が生きる展開になれば」
スライリー

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 68.5-52.9-38.3-11.6(G前仕掛け)
ヘイワノツカイ(強め)の外0.9秒先行・0.3秒先着

相沢調教師
「折り合いを重視して馬の後ろで脚をため、しまい重点でやった。我慢できていたし、動きも良かったね。やはり、後ろでためて、一発を狙うほうがいいタイプ」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
6F 85.7-69.0-54.3-40.0-12.9(馬なり)

相沢調教師
「体が増えていていい感じ。輸送して前走と同じぐらいで出せそうなのはいい傾向。道中引っかからずに走れるかどうかだけ。G1でペースが速くなって折り合ってくれれば」
3枠6番について
相沢調教師
「いいところを引いたと思います。内枠希望だったので良かった。落ち着いていて毛ヅヤもいい。前に行く馬の後ろにつけて、折り合っていければ」
スルーセブンシーズ

1週前追い切り
美浦・南W・良
6F 83.3-67.1-52.1-37.1-11.2(馬なり)

尾関調教師
「順調に思い通りにこれた。比較的短い間隔で使うのは初めて。そのへんがどうかだが、小回りの阪神は合うはず」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
6F 83.3-66.5-52.1-38.2-12.0(馬なり)

尾関調教師
「予定より速くなったのは状態のいい証拠。ただ、輸送もあるのでしっかりとケアしていきたい。コーナー4つの舞台はいいと思う」
1枠1番について
尾関調教師
「前回1番枠で競馬を経験しているので、そこを生かせれば。距離は一番短く、ロスがないので。体もキープできているし、だいぶ元気は良さそうです。体は(攻め馬を)やって維持できているから、いい方向に持っていければ」
ソダシ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 50.2-37.2-24.7-12.6(馬なり)

吉田隼騎手
「前の馬を目標にしての追い切り。いつでも使えるくらい、仕上がっています。先週、追い切って、さらに上がって、ピリピリもしてきているので、あとは落ち着きと折り合いだけですね」

須貝調教師
「理想通りの攻め馬。めりはりが出てきて、筋肉が浮き出ている。距離は経験しているし、坂路であれだけの時計が出る馬だから、坂も問題ない」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.0-40.0-25.5-12.2(馬なり)
シャウビンダー(一杯)を0.6秒追走・0.4秒先着

吉田隼騎手
「先週と先々週に時計を出しているので、きょうは2歳のお手本になるような調教を。本番に向けて、いい感じで調整できました。いつものルーチンできています」

須貝調教師
「先週、先々週と時計を出したので、息を整える程度。2歳馬の教育係みたいなイメージでやった。想定どおりの攻め馬ができ、(吉田)隼人とも『完璧。理想的だ』と話した。(週末の雨予報に関しては)洋芝が得意だし、パンパンの良馬場より、他馬が気にするようならいいかも」

2枠4番について
北村助手
「どの枠でもプレッシャーはあるので偶数、奇数など気にしてませんでしたが、桜花賞と一緒で良かったと思います。「追い切り後も大丈夫」
ファインルージュ

1週前追い切り
美浦・南W・良
6F 85.4-69.8-54.5-39.1-11.9(馬なり)
スカイグルーヴ(馬なり)の内0.2秒追走・同入

ルメール騎手
「軽い動きでコントロールも大丈夫。パワーアップして大人になりました」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 68.7-53.6-38.4-11.5(馬なり)
グランパラディーゾ(馬なり)の外0.3秒先行・同入

楠助手
「先週はルメール騎手に乗ってもらって、成長していることを確認してもらいました。今朝は目いっぱい追ってはいませんが、後ろから馬がきたらファイトしてくれれば、と。体はできているので、気持ちの面をはかるために併せ馬を行いましたが、良かったと思います」
7枠14番について
太田有助手
「どの枠に入るかよりも、この馬にとって大事なのはスムーズにスタートが切れるかどうか。ゲートに多少の不安が残っているので、ちゃんと出られるように当日までしっかり準備していきたい」
ホウオウイクセル

1週前追い切り
美浦・南W・良
6F 84.0-67.0-52.0-37.5-11.9(馬なり)
パラスアテナ(強め)の内0.8秒追走・0.2秒先着

丸田騎手
「残り1ハロン過ぎから反応させた。右にモタれながらでも(動きは)良かったと思う」

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 54.0-39.7-25.3-12.5(馬なり)
アサクサマヤ(馬なり)を0.9秒追走・同入

丸田騎手
「ビシッという感じではないが、ハミをしっかり取って息遣いも良かった。前走より状態は上がっている。前走の前はうるさい面を見せたが、今回は落ち着いている。体のサイズも大きくなった」
7枠13番について
丸田騎手
「決まった枠でやるだけですね。いろんな競馬をしているので大丈夫。ゲートを出るときのタイミングで落ち着けるかですね」
ミスフィガロ

1週前追い切り
栗東・ポリ・良
5F 66.8-51.3-37.7-11.2(馬なり)
オヌール(馬なり)の内0.6秒追走・同入

友道調教師
「(藤岡)康太の感触も良かった。前走は力を示してくれたと思うし、遠征で体が減っていないのは大きい」

最終追い切り
栗東・ポリ・良
4F 58.1-42.4-13.1(馬なり)

友道調教師
「間隔も詰まっているし、リズム良く走っていたし問題ない。(レースのポイントについては)ゲートと位置取りだけ。一歩目が遅く、ゲートは練習している。後ろからじゃ厳しい」
8枠16番について
友道調教師
「内めの方が良かったけど偶数なら悪くない。スムーズにゲートを出て、持ち味の末脚をうまく生かせれば」
ユーバーレーベン

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 71.1-55.2-39.4-11.4(G前仕掛け)
ココロノトウダイ(強め)の外0.6秒先行・同入

手塚調教師
「時計が遅い。もうちょいやりたかった。(体調は)先週のひと追いでだいぶしっかりした。春と違って腹痛もない」

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.8-52.5-38.1-11.9(馬なり)
インターミッション(強め)の内0.4秒追走・0.2秒先着

津村騎手(レースはデムーロ騎手)
「追い切りに3週乗って、1週ごとに良くなっている。もともと攻め駆けする馬ではないけど、今朝は楽に動けていた。息遣いも良くなって素軽さも出てきた」

手塚調教師
「今日は満足行く動きだったと思います。先週、2週前と比べても馬がやる気になっていますね。追い切りを重ねるごとに思った以上に良化していますし、十分整ったと思います」

6枠11番について
手塚調教師
「奇数偶数も関係ないし、ユーバーレーベンよりも外の馬が前にいきそうなので、馬群がばらけてくれれば。後は雨がじゃんじゃん降ってくれれば」

2021年・秋華賞の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2021年 秋華賞|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2021年・秋華賞の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はステラリアに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(10/16・10/17)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
菊花賞は2021年10月24日に阪神競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2021年で第82回を迎え、昨年はコントレイルが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
天皇賞秋は2021年10月31日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2021年で第164回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

シェアする