【秋華賞2022】結果・動画/スタニングローズが鮮やかに抜け出す

秋華賞2022 スタニングローズ

秋華賞2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の秋華賞の着順は1着:スタニングローズ、2着:ナミュール、3着:スターズオンアースとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の秋華賞はスタニングローズが鮮やかに抜け出す

2022年10月16日(日) | 4回阪神5日 | 15:40 発走
第27回 秋華賞(GI)芝・右 2000m
Shuka Sho (G1)

スポンサーリンク

2022年・秋華賞の動画

関連記事
昨年の秋華賞はアカイトリノムスメが制していた。
秋華賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の秋華賞の着順は1着:アカイトリノムスメ、2着:ファインルージュ、3着:アンドヴァラナウトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・秋華賞の結果

スポンサーリンク

1着:スタニングローズ
2着:ナミュール(1/2馬身)
3着:スターズオンアース(ハナ)
4着:メモリーレゾン(2馬身)
5着:アートハウス(ハナ)
6着:エグランタイン
7着:サウンドビバーチェ
8着:ストーリア
9着:プレサージュリフト
10着:ライラック
11着:ウインエクレール
12着:ウォーターナビレラ
13着:エリカヴィータ
14着:ラブパイロー
15着:タガノフィナーレ
16着:ブライトオンベイス

勝ちタイム:1:58.6
優勝騎手:坂井 瑠星
馬場:良

関連記事
G1・エリザベス女王杯をにぎわす馬は?
エリザベス女王杯は2022年11月13日に阪神競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2022年で第47回を迎え、昨年はアカイイトが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

秋華賞2022 スタニングローズ

1着 スタニングローズ(坂井瑠星騎手)
「うれしいというのが一番ですが、乗せていただいた馬主さん、高野先生、関係者の皆さん、師匠の矢作先生に感謝したいです。前走で乗せていただいた時に操縦性は確認していましたし、後ろになりすぎないようにポジションを取って乗りました。前走(紫苑S1着)に比べて、これで負けては仕方ないかなという反応でしたし、(スターズオンアースが)内からきましたけど、しっかりと伸びていたので問題はなかったです」

2着 ナミュール(横山武史騎手)
「プラス20キロは成長分だと思います。重い感じはなかったし、折り合いとか雰囲気は良かったです。左にもたれてしまったのがもったいなかった。馬の成長を感じられたのは良かったです」

3着 スターズオンアース(C.ルメール騎手)
「ゲートの一歩目が遅かったので、後ろの方になりました。直線はいい脚を使ってくれたけど、前に届かなかった。状態は良かったし、良く走ってくれました。スタートだけが残念ですね」

4着 メモリーレゾン(古川吉洋騎手)
「上位3頭は強かったですね。狭いところをよく頑張ってくれましたが。前回より状態も上がっていていい競馬はしてくれました。これからの馬ですからね」

5着 アートハウス(川田将雅騎手)
「とても具合良く競馬を迎えられて、精いっぱいの走りをできました」

6着 エグランタイン(池添謙一騎手)
「スタートの反応も良くポジションのいいところを取れそうでしたが、勝ち馬にアートハウスの後ろを取られたのが痛かった。これからの成長に期待したい」

7着 サウンドビバーチェ(岩田望来騎手)
「放馬は申しわけありませんでした。レースは先行する形で道中はスムーズでした。最後の反応も良かったです。負けてしまいましたけど、内容は良かったと思います。後は精神的に安定してくれればですね」

8着 ストーリア(松山弘平騎手)
「力のあるところを見せてくれましたが、1角での不利が痛かったです」

9着 プレサージュリフト(戸崎圭太騎手)
「スタートをうまく出せなかったので最後の脚にかける競馬をしました。ペースが落ち着いて厳しかったですね。広いコースのワンターンがいいのかな」

10着 ライラック(M.デムーロ騎手)
「うまく乗れませんでした。スタートは出たけどかんでしまい、少し(手綱を)引いたら後ろになりすぎてしまった。一生懸命頑張ってくれたが、前の馬に届きませんでした」

11着 ウインエクレール(松岡正海騎手)
「イレ込んでいたのと経験不足ですね。まだ調子も上がりそうなので」

12着 ウォーターナビレラ(武豊騎手)
「やりたいことはできたんだけど、距離が長いのかな」

13着 エリカヴィータ(福永祐一騎手)
「思ったより(ペースが)流れなかった。ペースアップした時について行けなかった。(後方待機策の)こういうチャレンジをしたが、結果に結びつけられず申し訳ない」

14着 ラブパイロー(酒井学騎手)
「もともと蹴り癖があるが、蹴った時にゲートが開いてしまった。逃げたかったけどスピード不足でしたね。切れる脚がないのでこういう形は厳しい」

15着 タガノフィナーレ(鮫島克駿騎手)
「逃げ馬じゃなければベストポジションですが、この馬は逃げ馬なので…。4角は手応えがあったので力はつけているなと感じました」

16着 ブライトオンベイス(秋山真一郎騎手)
「4角までリズム良く行けました。これまでは短い距離に合わせていたので、今回2000メートルという距離に使ったことで、1400メートル、1600メートルに戻した時にもっと楽に運べると思います。今日の挑戦は良かったと思います」

勝ち馬プロフィール

秋華賞2022 スタニングローズ

スタニングローズ(Stunning Rose)牝3/鹿毛 高野 友和(栗東)
父:キングカメハメハ 母:ローザブランカ 母父:クロフネ
馬名の由来:魅力的な薔薇

関連記事
スタニングローズは2022年の紫苑ステークス勝ち馬
紫苑ステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の紫苑Sの着順は1着:スタニングローズ、2着:サウンドビバーチェ、3着:ライラックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。