【秋華賞2021】結果・動画/アカイトリノムスメが最後の一冠をつかみ取る

秋華賞2021 アカイトリノムスメ

秋華賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の秋華賞の着順は1着:アカイトリノムスメ、2着:ファインルージュ、3着:アンドヴァラナウトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の秋華賞はアカイトリノムスメが最後の一冠をつかみ取る

2017年10月17日(日) | 4回阪神4日 | 15:40 発走
第26回 秋華賞(GI)芝・右 2000m
Shuka Sho (G1)

スポンサーリンク

2021年・秋華賞の動画

関連記事
昨年の秋華賞はデアリングタクトが制していた。
秋華賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の秋華賞の着順は1着:デアリングタクト、2着:マジックキャッスル、3着:ソフトフルート となりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・秋華賞の結果

スポンサーリンク

1着:アカイトリノムスメ
2着:ファインルージュ(1/2馬身)
3着:アンドヴァラナウト(1/2馬身)
4着:エイシンヒテン(1-1/2馬身)
5着:スライリー(クビ)
6着:ステラリア
7着同着:アールドヴィーヴル
7着同着:アナザーリリック
9着:ミスフィガロ
10着:ソダシ
11着:スルーセブンシーズ
12着:サルファーコスモス
13着:ユーバーレーベン
14着:エンスージアズム
15着:クールキャット
16着:ホウオウイクセル

勝ちタイム:2.01.2
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:良

関連記事
G1・エリザベス女王杯をにぎわす馬は?
エリザベス女王杯は2021年11月14日に阪神競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2021年で第46回を迎え、昨年はラッキーライラックが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

秋華賞2021 アカイトリノムスメ

1着 アカイトリノムスメ(戸崎圭太騎手)
「今日はアイドルホースの強い馬がいましたけども、最後の1冠でこの馬に乗せていただいてうれしかったですし、勝つことができてよかったです。ある程度いい位置を取ろうと思っていました。それに応えてスタートもよく、二の脚もついたので、いいリズムでいけました。直線では前の1頭を見る形。反応よく伸びてくれて、強い競馬でした。今日の雰囲気を見ても、もう一段階今までよりも上がったと感じました。この血統で何頭か乗せていただいて結果が出なかったが、G1を勝つことができてうれしいです。まだまだ成長すると思うし、非常に今後が楽しみです」

2着 ファインルージュ(C.ルメール騎手)
「精一杯走ってくれました。直線はよく伸びて勝つと思ったけど、坂を登ったところで疲れました。2000メートルがマックスかな。ただ、G1を勝つことができる馬です」

3着 アンドヴァラナウト(福永祐一騎手)
「イメージ通りにできた。ソダシをかわす脚もよかったし、一瞬勝ったかなと。夏使ってきて難しい調整だったが、うまく調整してくれた。ギリギリだったと思うけどよく頑張った。成長途上でもG1でやれるところを見せてくれた。来年が楽しみ」

4着 エイシンヒテン(松若風馬騎手)
「スタートが決まりました。右回りはスムーズでした。マイペースでプレッシャー無く自分のペースで競馬を運べました。最後はバッタリ止まっていません。よく辛抱してくれています。前走より具合の良さは伝わっていました。このメンバーで好走できました。今後が楽しみだと思います」

5着 スライリー(石川裕紀人騎手)
「すごく良い競馬、とにかくいい競馬でした。初めての阪神にも冷静に対応してくれました。こういう競馬を重ねてくればもっと色々な競馬が出来るようになると思います。今日はムキにならなかったことも良かったです」

6着 ステラリア(武豊騎手)
「少しスタートが良くなく、すぐ切り替えました。ラストは良い脚を使っていますが、良くなるのは先だと思います」

7着同着 アールドヴィーヴル(松山弘平騎手)
「スタート良く、リズム良く、運べて、折り合いもつきました。いつもより位置は前になりましたが、リズムは良くリズムを大事に乗りました。良い形かと思いましたが速い馬場に最後は苦しくなってしまいました。もう少し渋ってくれた方が良かったです。3冠レース全てに出走して馬は頑張ってくれました」

9着 ミスフィガロ(藤岡康太騎手)
「ゲートで落ち着いていて、練習の効果はありました。ただ、この枠(16番)で外を回りたくなかったので下げました。そのぶん最後は伸びています」

10着 ソダシ(吉田隼人騎手)
「ファンの皆さんの気持ちに応えられず、申し訳ない気持ちです。レース前からポケットを出たがらなかったり、ゲートに入らなかったり。競馬が嫌というそぶりを見せていました。イメージの競馬はできましたけど。普段から写真を撮られたり、周りのプレッシャーもあったと思います。決して速いペースではなかったけど、いつもの感じではなかったです」

(須貝尚介調教師)
「分析してみないと分かりません。今後に関しては、もともとレース前から次のことを考えていませんでした。馬を確認して、分析して、無事なら次のことを考えてということになります。結果を出せなかったけど、多くのファンの皆様に応援してもらって感謝しています。次のソダシを応援してもらいたいです。上がりの歩様を確認しましたが、脚元に異常は特に見られませんでした。厩舎に帰ったら歯がグラグラして血が出ていました。ゲートでぶつけたのだと思います。それが影響したのではないかと思います」

11着 スルーセブンシーズ(大野拓弥騎手)
「なし崩しに脚を使う形になってしまった」

12着 サルファーコスモス(川田将雅騎手)
「体の左右差がある現状ですから、右回りが良くないですね。コーナーを上手に回れませんでした」

13着 ユーバーレーベン(M.デムーロ騎手)
「スタートして少し行きっぷりが悪く、展開も速くて。馬場も硬かった。それで大変でした。3、4コーナーも反応がなかった。直線を向いては馬がバラバラでした」 

14着 エンスージアズム(岩田望来騎手)
「現状は我慢する競馬を教えている段階で、今回も我慢ができました。自己条件に戻れば力は上位だと思いますし、来年もっと良くなると思います。今後の成長に期待します」

15着 クールキャット(和田竜二騎手)
「ゲートは出たけど、内でひしめき合っていて。折り合いはついていたが、3コーナーぐらいから内にもたれ出した。まだ先なのかな」

16着 ホウオウイクセル(丸田恭介騎手)
「ゲートに気をつけなければと思っていたけど、出ませんでした」

勝ち馬プロフィール

秋華賞2021 アカイトリノムスメ

アカイトリノムスメ(Akaitorino Musume)牝3/黒鹿毛 国枝 栄(美浦)
父:ディープインパクト 母:アパパネ 母父:キングカメハメハ
馬名の由来:赤い鳥(アパパネ)の娘

関連記事
アカイトリノムスメはオークスで2着に入っていた
オークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のオークスの着順は1着:ユーバーレーベン、2着:アカイトリノムスメ、3着:ハギノピリナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。