【皐月賞2019】出走予定馬・予想オッズ/牡馬クラシックの幕開け

皐月賞 2018 エポカドーロ

皐月賞2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の皐月賞の出走予定馬にはサートゥルナーリアやアドマイヤマーズなどが名を連ねています。牡馬クラシックの第一弾。幕開けを飾る馬は。

牡馬クラシックの幕開け

2019年4月14日(日) | 3回中山8日 | 15:40 発走
第79回 皐月賞(GI)芝・右 2000m
Satsuki Sho(Japanese 2000 Guineas) (G1)

スポンサーリンク

2019年・皐月賞の出走予定馬たち

ホープフルステークス2018 サートゥルナーリア

2019年の皐月賞の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

出走予定馬
  • アドマイヤジャスタ(岩田康誠)
  • アドマイヤマーズ(M.デムーロ)
  • ヴェロックス(川田将雅)
  • エメラルファイト(石川裕紀人)
  • クラージュゲリエ(横山典弘)
  • クリノガウディー(藤岡佑介)
  • サートゥルナーリア(C.ルメール)
  • サトノルークス(池添謙一)
  • シュヴァルツリーゼ(石橋脩)
  • タガノディアマンテ(田辺裕信)
  • ダディーズマインド(宮崎北斗)
  • ダノンキングリー(戸崎圭太)
  • ナイママ(柴田大知)
  • ニシノデイジー(勝浦正樹)
  • ファンタジスト(武豊)
  • ブレイキングドーン(福永祐一)
  • メイショウテンゲン(三浦皇成)
  • ラストドラフト(A.シュタルケ)
  • ランスオブプラーナ(松山弘平)
関連記事
同週に行われる他の重賞もチェック!

中山グランドジャンプ2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の中山GJの出走予定馬にはオジュウチョウサンやニホンピロバロンなどが名を連ねています。史上初の4連覇か、それとも春秋制覇か?
アンタレスステークス2019の出走予定馬・騎手の情報です。2019年のアンタレスSの出走予定馬にはウェスタールンドやグリムなどが名を連ねています。多くの名馬を輩出した古馬ダート戦線の出世レース。今年ここから羽ばたいていくのは?
アーリントンカップ2019の出走予定馬・騎手の情報です。2019年のアーリントンCの出走予定馬にはヴァルディゼールやフォッサマグナなどが名を連ねています。関西から三歳マイル王への挑戦権を手にするのは。

出走予定馬・ピックアップ

朝日杯フューチュリティステークス2018 アドマイヤマーズ

中山競馬場で行われるG1「皐月賞」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

サートゥルナーリア(Saturnalia)

サートゥルナーリア・3歳牡馬
3戦3勝 [3-0-0-0]
父:ロードカナロア
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:公現祭での行事の基礎ともなった古代ローマの祭り。母名より連想
前走:ホープフルステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

無敗で二つ目のタイトル取りへ「サートゥルナーリア」

ここまで三戦三勝と無敗街道を突き進む二歳中距離王。
ホープフルステークスでは直線で進路が狭くなるシーンもあったが、最後は他馬と違う脚で抜け出し着差以上の強さを見せつけた。

皐月賞が今年初戦となるが予定通りのローテーション。
一週前の追い切りでもCWコースで併せた相手を2馬身半突き放す軽快な走りを見せており不安はなさそうだ。

規格外れの良血馬。
四連勝でクラシック初戦をもぎ取ってみせる。

ピックアップレース
ホープフルステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。2018年のホープフルステークスの着順は1着:サートゥルナーリア、2着:アドマイヤジャスタ、3着:ニシノデイジーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
アドマイヤマーズ(Admire Mars)

アドマイヤマーズ・3歳牡馬
5戦4勝 [4-1-0-0]
父:ダイワメジャー
母:ヴィアメディチ
母父:Medicean
馬名の由来:冠名+火星
前走:共同通信杯・2着(1番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

マイル王が中距離王の座を狙う「アドマイヤマーズ」

四連勝で朝日杯フューチュリティステークスを制した。
先行抜け出しのスタイルでマイル王に君臨した。

今年初戦となった共同通信杯ではスピードの違いで逃げる展開になり、目標にされて最後は差されて2着と敗れた。
初の敗戦となったが中距離にメドを立てられたのは収穫だった。

血統的にも中山コースの方が合いそう。
敗戦を糧にさらなる成長を見せろ。

ピックアップレース
朝日杯フューチュリティステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:アドマイヤマーズ、2着:クリノガウディー、3着:グランアレグリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ダノンキングリー(Danon Kingly)

ダノンキングリー・3歳牡馬
3戦3勝 [3-0-0-0]
父:ディープインパクト
母:マイグッドネス
母父:Storm Cat
馬名の由来:冠名+王にふさわしい。王位に君臨することを願って
前走:共同通信杯・1着(3番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

馬名のように王位に君臨「ダノンキングリー」

共同通信杯を制し一躍クラシック候補に名乗りを上げたのはディープ産駒のダノンキングリー。
前走は上がり3ハロンを32.9秒で駆け抜けるなど高いポテンシャルを見せてくれた。

まだまだ成長途上ながら無限の可能性を感じさせる走り。
一気にG1を制し、この世代の王位に君臨だ。

ピックアップレース
共同通信杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の共同通信杯の着順は1着:ダノンキングリー、2着:アドマイヤマーズ、3着:クラージュゲリエとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ヴェロックス(Velox)

ヴェロックス・3歳牡馬
5戦3勝 [3-1-0-1]
父:ジャスタウェイ
母:セルキス
母父:Monsun
馬名の由来:素早い(ラテン語)
前走:若葉ステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

止まらぬ連勝街道「ヴェロックス」

若駒ステークス、若葉ステークスを連勝しクラシックの舞台に上がってきた。
この連勝中は2、3番手から上がり最速タイムで抜け出す安定した内容で勝利中。

「もっとも速い馬が勝つ」と言われる皐月賞。
素早いという意味を持つ馬名のヴェロックスが勝つ流れになっているのでは?

ピックアップレース
若葉ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の若葉ステークスの着順は1着:ヴェロックス、2着:ワールドプレミア、3着:シフルマンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
メイショウテンゲン(Meisho Tengen)

メイショウテンゲン・3歳牡馬
6戦2勝 [2-2-1-1]
父:ディープインパクト
母:メイショウベルーガ
母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:冠名+天元。碁盤の中心点のこと
前走:弥生賞・1着(8番人気)
(鞍上予定:三浦皇成)

前哨戦を制した勢いで「メイショウテンゲン」

雨が降り重馬場で行われた弥生賞を制したメイショウテンゲン。
8番人気と決して評価は高くなかったがしぶとく伸び重賞初制覇を果たした。

速い上がりが使えるタイプではないだけに本番でも馬場が渋ったほうがいいだろう。
母のメイショウベルーガが手にできなかったG1タイトルを是が非でも取りに行く。

ピックアップレース
弥生賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の弥生賞の着順は1着:メイショウテンゲン、2着:シュヴァルツリーゼ、3着:ブレイキングドーンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

他にも皐月賞には重賞を二勝しているニシノデイジーやスプリングステークス勝ち馬のエメラルファイト、三連勝ですみれステークスを制したサトノルークスなども出走を予定しています。

皐月賞は2019年4月14日(日)の15時40分発走予定です。

皐月賞2019の予想オッズ

予想オッズ

2019年・皐月賞の予想オッズはこのように予想しています。
ホープフルステークス以来の実戦となる超良血馬・サートゥルナーリアが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. サートゥルナーリア(2.5)
  2. ダノンキングリー(5.0)
  3. アドマイヤマーズ(5.5)
  4. ヴェロックス(7.0)
  5. ニシノデイジー(17.0)
  6. アドマイヤジャスタ(20.0)
  7. サトノルークス(23.0)
  8. ファンタジスト(25.0)
  9. メイショウテンゲン(35.0)
  10. シュヴァルツリーゼ(45.0)
  11. ブレイキングドーン(☆)
  12. ランスオブプラーナ(☆)
  13. クラージュゲリエ(☆)
  14. クリノガウディー(☆)
  15. エメラルファイト(☆)
  16. タガノディアマンテ(☆)
  17. ラストドラフト(☆)
  18. ナイママ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

皐月賞2019の日程・賞金

皐月賞 2017 アルアイン

皐月賞

日程・発走予定時刻
2019年4月14日(日)15時40分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・2000m


G1

1着賞金
1億1,000万円

プレイバック

皐月賞 2018 エポカドーロ

2018年4月15日(日)皐月賞(GI)

1着:エポカドーロ
2着:サンリヴァル(2馬身)
3着:ジェネラーレウーノ(1-3/4馬身)
4着:ステルヴィオ(クビ)
5着:キタノコマンドール(ハナ)

勝ちタイム:2.00.8
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:稍重

皐月賞
皐月賞 2018の動画・結果です。皐月賞の結果は1着:エポカドーロ、2着:サンリヴァル、3着:ジェネラーレウーノ。「エポカドーロ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。
レース後のコメント
1着 エポカドーロ(戸崎圭太騎手)
「行く馬がいたので、自分のポジションで行ければ、と思っていた。落ち着いて走ってくれた。きょうは返し馬から違っていたし、強い競馬を見せてくれましたね。一戦ごとに充実、成長している。距離は心配だったけど、こなしてくれたので次も楽しみ」