【弥生賞2019】結果・動画/メイショウテンゲンが差し切り波乱を演出

弥生賞2019 メイショウテンゲン

弥生賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の弥生賞の着順は1着:メイショウテンゲン、2着:シュヴァルツリーゼ、3着:ブレイキングドーンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の弥生賞はメイショウテンゲンが差し切り波乱を演出

2019年3月3日(日) | 2回中山4日 | 15:45 発走
第56回 弥生賞(GII)芝・右 2000m
Yayoi Sho(Japanese 2000 Guineas Trial) (G2)

2019年・弥生賞の動画

関連記事
昨年の弥生賞はダノンプレミアムが制していた。

弥生賞 2018の動画・結果です。弥生賞の結果は1着:ダノンプレミアム、2着:ワグネリアン、3着:ジャンダルム。「ダノンプレミアム」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・弥生賞の結果

1着:メイショウテンゲン
2着:シュヴァルツリーゼ(1-1/2馬身)
3着:ブレイキングドーン(3/4馬身)
4着:ニシノデイジー(アタマ)
5着:カントル(ハナ)
6着:サトノラディウス
7着:ラストドラフト
8着:ナイママ
9着:ヴァンケドミンゴ
10着:ラバストーン

勝ちタイム:2.03.3
優勝騎手:池添 謙一
馬場:重

関連記事
メイショウテンゲンは前走・きさらぎ賞で5着に敗れていた。

きさらぎ賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のきさらぎ賞の着順は1着:ダノンチェイサー、2着:タガノディアマンテ、3着:ランスオブプラーナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

1着 メイショウテンゲン(池添謙一騎手)
「この雨の馬場が味方したのかなと。終始いい形で馬場をあまり気にせず走ってくれましたし、お母さん(メイショウベルーガ)もこういう馬場が得意だった。息子も見せてくれましたね。直線もまだふらふらしてましたし、まだ良くなっている。前走は切れ負けしているので、今日は早め早めで。テンゲンは初めての重賞制覇なので良かった。これからクラシックに向けて順調に本番を迎えて欲しい」

2着 シュヴァルツリーゼ(石橋脩騎手)
「ちょっとスタートが出てくれなくて、思ったような位置を取れなかった。内の馬場が悪いと分かっていたので、3角から勢いをつけたんだけど、他の馬に寄られて、びっくりしてしまった。まだ2戦目だからね。力は出してくれました」

3着 ブレイキングドーン(福永祐一騎手)
「もっとすいすい行くかな、と思っていたけど、全然進まなかった。気持ちの面でね。気ムラな面がある馬。こういう道悪の馬場が上手ですよ」

4着 ニシノデイジー(勝浦正樹騎手)
「馬場が悪いのは覚悟して乗ったんですけどね。決め手がある馬じゃないんで…。トモがまだしっかりしてないところがある。これからまだ良くなってくると思う」

5着 カントル(藤原英昭調教師)
「4角で狙ったスペースに、ニシノデイジーに入られてしまいましたね。それでも力は見せましたし、先々が楽しみです」

6着 サトノラディウス(武豊騎手)
「雨が降ったのはいいと思ってたけど、雨が降り過ぎて、馬場が悪くなった。跳びが大きい馬なので、進んでいかなかった。たた、バテない馬なので、その分は詰めることができました」

7着 ラストドラフト(田辺裕信騎手)
「スタートもいいですし、最初に行ったんですけど、道中はいろんな馬にプレッシャーをかけられてしまった。リズムは悪くなかった。良馬場の方がいいのかもしれない」

8着 ナイママ(柴田大知騎手)
「早めから動いていったんだけど、もたついてしまった。最後は盛り返してくれましたけど…」

9着 ヴァンケドミンゴ(F.ミナリク騎手)
「馬場が合わなかった。良馬場に戻れば普通にできる」

勝ち馬プロフィール

弥生賞2019 メイショウテンゲン

メイショウテンゲン(Meisho Tengen)牡3/芦毛 池添 兼雄(栗東)
父:ディープインパクト 母:メイショウベルーガ 母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:冠名+天元。碁盤の中心点のこと