【桜花賞2020】追い切り/抜群の動きを見せたのは

桜花賞2020 追い切り

桜花賞2020の追い切り・コメントの記事です。桜花賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2020年4月12日(日) | 2回阪神6日 | 15:40 発走
第80回 桜花賞(GI)芝・右・外 1600m
Oka Sho(Japanese 1000 Guineas) (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2020年・桜花賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
桜花賞は2020年4月12日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬クラシックの1戦目。2020年で第80回を迎え、今年も桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はグランアレグリアが制した。桜花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも阪神牝馬ステークスなどが開催される。
阪神牝馬ステークスは2020年4月11日に阪神競馬場で行われる古馬牝馬限定のG2戦。阪神牝馬ステークスは2020年で第63回を迎え、昨年はミッキーチャームが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。
ニュージーランドトロフィー2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年のNZTの出走予定馬にはオーロラフラッシュやシーズンズギフトなどが名を連ねています。距離を考慮しマイル路線に挑む若駒たち。己の速さを見せてくれ。
スポンサーリンク

桜花賞2020の追い切りをチェック!

桜花賞2020 追い切り

桜花賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
阪神牝馬ステークス2020の追い切り・コメントの記事です。阪神牝馬ステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
インターミッション

1週前追い切り
栗東・CW・重
6F 84.9-68.2-52.9-38.9-12.0(馬也)
外・サラドリーム(馬也)を6Fで1秒1追走・1F併せで併入

手塚調教師
「予定通りの時計で動きは良かった。前走は体が減っていたけど滞在の効果で多少増えている」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 85.4-68.5-53.0-38.8-12.5(馬也)

大村助手
「中間は栗東に滞在して馬体は回復。思い通りに調整ができている。競馬が上手で良馬場ならさらに切れそう」
ウーマンズハート

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.3-65.4-51.2-37.6-12.1(一杯)
外・ブラックムーン(一杯)を6Fで1秒2追走・1F併せで0秒1先着

藤岡康騎手
「前走より折り合いはつきました。ガス抜きができて、使った上積みが見込めると思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.4-40.1-25.5-12.1(仕掛)

西浦調教師
「使ったことで反応は良くなってきた。週末のお天気は良さそうなので、この馬の持ち味が生きれば」
エーポス

1週前追い切り
栗東・坂路・重
800m 54.5-38.8-25.2-12.3(馬也)

北出調教師
「疲労はなく体は戻っている。動きも良かったし順調」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.2-36.9-24.6-12.8(強め)

北出調教師
「気が乗っているので、道中のラップが速く、しまいの時計がかかった。動きは良かったが、ちょっと反動が心配。(ヒルノマリブと)2頭ともいい状態で出せる」
クラヴァシュドール

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.8-65.3-50.8-36.4-11.7(強め)
外・ミッキーメテオ(強め)を6Fで0秒4追走・1F併せで併入

福永助手
「動きに問題はないです。当日、2キロでも4キロでもいいので、増えた状態で出走できれば」

最終追い切り
栗東・CW・良
4F 50.9-38.2-12.1(馬也)

M.デムーロ騎手
「とても良かった。少しイレ込んでたけどフレッシュな感じ」

中内田調教師
「(当初は)水曜に予定していたけど、火曜の朝に軽いザ石があった。昨日(水曜に)無事を確認して、ずらして追い切った。馬は大丈夫だし、脚元も問題ない。状態は良好」

ケープコッド

1週前追い切り
栗東・芝・重
5F 66.6-51.0-37.1-12.2(強め)

岩田望騎手
「馬場が重たかったけどフットワークが良くて、スピードがある。乗りやすくていい馬ですよ」

最終追い切り
栗東・芝・良
5F 66.7-51.4-36.5-11.2(馬也)

鈴木助手
「ジョッキーの感触も良かったし、反応は良くなっています。1600メートルでどんな競馬をしてくれるか」
サンクテュエール

1週前追い切り
美浦・南W・良
6F 82.6-67.3-52.6-39.3-12.7(馬也)
外・レッドサイオン(馬也)を6Fで1秒2追走・1F併せで併入

藤沢和調教師
「まだ1週前だけど順調。前走も輸送する前は体も増えて成長していた。今も戻っている」

最終追い切り
美浦・坂路・良
800m 54.4-39.4-25.5-12.5(馬也)
外・ヴァンランディ(馬也)と併せで0秒5先着

藤沢和調教師
「動きはいつもどおり。気がいい馬ですし、休み明けだけど、順調にきています。昨年は素晴らしい馬で勝たせてもらった。今年もタイプは違うけど、素晴らしい馬」
スマイルカナ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 64.4-49.4-36.4-12.4(直強め)

高橋祥調教師
「順調に来ているし、再度の阪神への輸送も問題ない」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 69.2-53.1-39.5-12.8(馬也)

柴田大騎手
「先週かなり負荷を掛けているので、オーバーワークにならないように乗りました。いい感じですね。馬はリラックスしているし、走りたい気持ちが満々。(作戦については)現時点ではそれ(逃げる形)が一番いい結果が出ている。無理に出していくわけではないけど、抑えすぎず、この馬のリズムを守りながら乗りたい」
チェーンオブラブ

1週前追い切り
栗東・CW・重
6F 80.9-65.3-50.6-37.4-11.6(強め)

小笠調教師
「1週前なのでしっかりやりました。滞在の効果でたくましくなって、カイバも食べています」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.7-38.1-24.8-12.2(一杯)

仲田助手
「動きは良かったし、上積みはあると思います。栗東の環境にも慣れて、攻め馬もしっかりやれています」
デアリングタクト

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.7-66.1-50.9-37.6-13.1(馬也)
中・ベレヌス(一杯)を6Fで0秒6追走・1F併せで0秒3遅れ
外・ミスニューヨーク(一杯)を6Fで1秒2追走・1F併せで0秒2遅れ

杉山晴調教師
「前回の1週前追いのときと同じパターン。体を良く見せていますね」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.9-39.5-25.6-12.6(馬也)

松山騎手
「先週は気負って内へモタれたけど、今朝はそれもなかった。落ち着いて自分のリズムで運べればここでも」

杉山晴師調教師
「馬なりだったが良かった。先週は行きたがったりモタれたりでジョッキーも満足していなかったが、今週は真っすぐ走れていたし、スタート後にすっと収まった(折り合い)。しっかりと仕上がった。あとはキャリアの浅さがどうでるか。勝負根性はある馬なので」

ナイントゥファイブ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.1-39.9-26.2-13.3(馬也)

西園調教師
「やればやるほど動く。稽古はこれで十分。使って良くなっている」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.5-38.1-24.7-12.3(G強め)

松田騎手
「しまいまでしっかり伸びていていい感じでした。1600メートルはギリギリこなしてくれると思います」
ヒルノマリブ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 78.7-63.4-50.0-37.3-13.0(馬也)

北村友騎手
「1週前でびっしりとやりました。動きも良かったですよ」

北出調教師
「ある程度の負荷をかけたかった。前走後に放牧。テンションが高くなっていないのがいいね」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.0-37.8-24.7-12.1(馬也)

北出調教師
「しまいで気を抜くところがあるから、上がり重点で。満足いく動きでいい状態だと思う」
フィオリキアリ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.0-37.8-25.2-13.0(一杯)

藤井騎手
「1週前で強めに。いい雰囲気でした」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.9-39.3-25.6-12.7(強め)

清水久調教師
「指示通りの内容で、順調にきています。脚質的に舞台は合うと思うし、自分の競馬をするだけ」
マジックキャッスル

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 63.8-49.4-36.8-12.2(直一杯)
中・サトノエルドール(馬也)を5Fで3秒3追走・1F併せで0秒4先着
外・デュアルネイチャー(馬也)を5Fで4秒4追走・1F併せで0秒4先着

国枝調教師
「来週は輸送があるのである程度やっておいた。伸びは良かった」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 67.6-52.1-37.3-12.4(馬也)
中・パイネ(馬也)を5Fで0秒4追走・1F併せで併入
外・デュアルネイチャー(馬也)を5Fで0秒8追走・1F併せで併入

国枝調教師
「先週しっかり負荷を掛けているし、今朝は半マイルから前2頭に並ぶ形。掛かることなく、折り合っていた。気になるところはないです。輸送もファンタジーSで問題なかった。ペースが流れてしまいが生きる流れになれば」
マルターズディオサ

1週前追い切り
栗東・CW・重
6F 80.1-65.0-50.2-37.2-12.1(馬也)
外・ライバーバード(馬也)を6Fで1秒5追走・1F併せで併入

手塚調教師
「1週前でこれくらいやれればね。1回使っているし、調教で目立つタイプでもないから、もう少し時計は遅くてもよかったかな。どっしり落ち着いているので、滞在していても変わりない。地味でインパクトのない馬っぷりでも、内に秘めたポテンシャルは管理してきた牝馬のなかでも高い」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.4-66.3-52.1-38.4-12.2(G強め)

大村助手
「時計的にもだいたい予定通りで、反応も良かったです。チューリップ賞が相当良かったので、維持できればと思っていましたが、いい意味で変わりないですね。環境の変化にも物おじせず、今のところ落ち着いています」
ミヤマザクラ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 82.0-65.2-50.5-37.3-11.8(仕掛)
外・マテンロウヴァモス(一杯)を6Fで0秒5追走・1F併せで0秒4先着

福永騎手
「動きは良かった。阪神は問題ありません。いい脚を長く使える馬。まだ若い馬ですし、決めつけずに乗りたい」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.8-38.3-24.4-12.0(馬也)
外・マジカルスペル(G強め)と併せで0秒1遅れ

藤原英調教師
「先週、栗東・CWコースでしっかりやって、今週はいつものパターン。前に馬を置いて、最後の1ハロンはやれば走るので、任せてやった。様子を見ていい調子を維持していい動きだった」
ヤマカツマーメイド

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 82.0-66.2-51.4-38.0-12.2(馬也)
内・リリーモントルー(馬也)を6Fで0秒5追走・3F併せで併入

池添兼調教師
「動きは良かったし、カイ食いもいい。順調に調整できている」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.7-37.8-24.1-11.9(G強め)

池添騎手
「今朝はしまいを伸ばしつつという内容。時計も出ているし、動きもすごくいい。前走時(フィリーズR=2着)に比べてかなり上積みはあると思います」
リアアメリア

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.4-66.1-51.6-37.7-11.4(一杯)
内・カペラ(一杯)を6Fで0秒5追走・1F併せで0秒5先着

片山助手
「けさは川田騎手に感触を確かめてもらいました。順調ですし、いい感じです」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 81.4-66.2-51.5-37.4-11.9(馬也)
中・マックス(馬也)を6Fで0秒5追走・1F併せで0秒5先着
外・リーガルマナー(馬也)を6Fで1秒追走・1F併せで併入

片山助手
「前走(阪神JF=6着)の敗戦も踏まえ、今までよりハードに調整しています。休み明けを心配することなく、いい感じでレースへ臨めそうですね」
レシステンシア

1週前追い切り
栗東・坂路・重
800m 56.0-40.8-26.3-13.0(馬也)

武豊騎手
「先週が速い時計(51秒7)だったし、やりすぎないように。55秒くらいの感じで行ったが、時計のかかる(重)馬場で56秒になった。動きはすごく良くて、さすがという感じ」

松下調教師
「動きは良かったですね。ジョッキーも『(新馬当時よりも)体を使えるようになっている』と言ってくれました。前走後の放牧で疲れは取れています」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 49.5-36.2-23.8-12.1(仕掛)

武豊騎手
「思ったよりタイムは速かったですね。タイムの指示はなく、ある程度(しまいを)伸ばしてという指示でした。それでいてあれだけ伸びて、改めてポテンシャルが高いと感じた」

松下調教師
「どこも不安がなく、ユタカさん(武豊騎手)には『乗った感触で』と任せていました。無理して出した時計ではなく、いい動きでしたね。一度使って動きが良くなっています。ハナにはこだわりませんが、阪神JFのような、後ろに脚を使わせる競馬をしたい」

関連記事
武豊騎手はレシステンシアに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/11・7/12)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
皐月賞は2020年4月19日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2020年で第80回を迎え、昨年はサートゥルナーリアが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
天皇賞春は2020年5月3日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2020年で第161回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はフィエールマンが制した。天皇賞春の出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。