【ニュージーランドトロフィー2020】出走予定馬・予想オッズ/マイルに本腰

ニュージーランドトロフィー2019 ワイドファラオ

ニュージーランドトロフィー2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年のNZTの出走予定馬にはオーロラフラッシュやシーズンズギフトなどが名を連ねています。距離を考慮しマイル路線に挑む若駒たち。己の速さを見せてくれ。

マイルに本腰

2020年4月11日(土) | 3回中山5日 | 15:45 発走
第38回 ニュージーランドトロフィー(GII)芝・右 1600m
New Zealand Trophy(NHK Mile Cup Trial) (G2)

スポンサーリンク

2020年・ニュージーランドトロフィーの出走予定馬たち

出走予定馬(4月6日)

オーロラフラッシュ

2020年のニュージーランドトロフィーの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

出走可能賞金馬
  • アブソルティスモ(北村宏司)
  • ウイングレイテスト(横山武史)
  • オーロラフラッシュ(C.ルメール
  • カリオストロ(L.ヒューイットソン)
  • シャチ(未定)
  • シーズンズギフト(津村明秀)
  • ソウルトレイン(田辺裕信)
  • ソングオブザハート(川又賢治)
  • ハーモニーマゼラン(大野拓弥)
  • ペールエール(北村友一)
  • マイネルグリット(国分優作)
  • ルフトシュトローム(石橋脩)
抽選対象馬(6頭中4頭が出走可能)
  • オーロアドーネ(三浦皇成)
  • カフェサンドリヨン(内田博幸)
  • グレイトホーン(野中悠太郎)
  • コウソクスピード(丸山元気)
  • フルートフルデイズ(木幡巧也)
  • ロードベイリーフ(未定)
関連記事
武豊騎手は阪神牝馬ステークスでブランノワールに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/6・6/7)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
桜花賞は2020年4月12日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬クラシックの1戦目。2020年で第80回を迎え、今年も桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はグランアレグリアが制した。桜花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。
阪神牝馬ステークスは2020年4月11日に阪神競馬場で行われる古馬牝馬限定のG2戦。阪神牝馬ステークスは2020年で第63回を迎え、昨年はミッキーチャームが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

出走予定馬・ピックアップ

シーズンズギフト

中山競馬場で行われるG2「ニュージーランドトロフィー」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

オーロラフラッシュ(Aurora Flash)

オーロラフラッシュ・3歳牝馬
6戦2勝 [2-1-1-2]
父:Frankel
母:Squeeze
母父:Danehill Dancer
馬名の由来:オーロラがきれいに見える瞬間
前走:3歳1勝クラス・1着(2番人気)
(鞍上予定:C.ルメール

あえて挑むいばらの道「オーロラフラッシュ」

牝馬のオーロラフラッシュが牡馬混合G2戦にあえて挑む。
タレントぞろいの藤沢きゅう舎&お手馬多数のルメール騎手を考慮してのレース選択なのだろうが、馬券圏内を外していないマイル戦ならその壁を越えてくれそうな気配を感じる。

この週から復帰するルメール騎手とお祝い勝利だ。

ピックアップレース
東京スポーツ杯2歳ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の東スポ杯2歳ステークスの着順は1着:コントレイル、2着:アルジャンナ、3着:ラインベックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
シーズンズギフト(Season’s Gift)

シーズンズギフト・3歳牝馬
3戦2勝 [2-0-1-0]
父:エピファネイア
母:シーズンズベスト
母父:ゼンノロブロイ
馬名の由来:季節の贈り物。母名より連想
前走:フラワーカップ・3着(1番人気)
(鞍上予定:津村明秀)

是が非でも賞金加算を「シーズンズギフト」

2戦2勝で挑んだフラワーカップでは流れに乗れたものの4コーナーで窮屈になる不運もあり3着。
惜しくも賞金加算できなかった。

レース間隔が詰まるが、今後のレース選択の幅を広げるためにも結果が欲しい。

ピックアップレース
フラワーカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のフラワーカップの着順は1着:アブレイズ、2着:レッドルレーヴ、3着:シーズンズギフトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ルフトシュトローム(Luftstrom)

ルフトシュトローム・3歳牡馬
2戦2勝 [2-0-0-0]
父:キンシャサノキセキ
母:ハワイアンウインド
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:気流(独)
前走:3歳1勝クラス・1着(1番人気)
(鞍上予定:石橋脩)

無敗の流れに乗って「ルフトシュトローム」

中山マイル戦を連勝してきた期待の無敗馬。
上昇気流に乗って連勝を伸ばせるか。

ハーモニーマゼラン(Harmony Magellan)

ハーモニーマゼラン・3歳牡馬
8戦2勝 [2-2-2-2]
父:ダイワメジャー
母:スターズアラインド
母父:Sea The Stars
馬名の由来:冠名+銀河名より
前走:3歳1勝クラス・1着(1番人気)
(鞍上予定:大野拓弥)

経験を武器に「ハーモニーマゼラン」

キャリア8戦とレース数をこなしてきたハーモニーマゼラン。
芝マイル戦に絞れば【2-1-2-0】と馬券圏内を外しておらず、安定感あり。

ピックアップレース
クロッカスステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のクロッカスステークスの着順は1着:ラウダシオン、2着:ハーモニーマゼラン、3着:ゼンノジャスタとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

他にもニュージーランドトロフィーには白梅賞を制したソウルトレインや小倉2歳ステークスの覇者マイネルグリット、デイリー杯2歳ステークス2着のウイングレイテストなども出走を予定しています。

ニュージーランドトロフィーは2020年4月3日(土)の15時45分発走予定です。

ニュージーランドトロフィー2020の予想オッズ

スポンサーリンク

予想オッズ

2020年・ニュージーランドトロフィーの予想オッズはこのように予想しています。
ルメール騎手とのコンビで重賞初制覇を狙うオーロラフラッシュが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. オーロラフラッシュ(3.0)
  2. シーズンズギフト(3.5)
  3. アブソルティスモ(5.0)
  4. ルフトシュトローム(7.0)
  5. ペールエール(9.0)
  6. カリオストロ(14.0)
  7. ハーモニーマゼラン(17.0)
  8. ウイングレイテスト(25.0)
  9. オーロアドーネ(30.0)
  10. ソウルトレイン(45.0)
  11. マイネルグリット(☆)
  12. シャチ(☆)
  13. グレイトホーン(☆)
  14. ロードベイリーフ(☆)
  15. カフェサンドリヨン(☆)
  16. コウソクスピード(☆)
  17. ソングオブザハート(☆)
  18. フルートフルデイズ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

ニュージーランドトロフィー2020の日程・賞金

ニュージーランドトロフィー 2018 カツジ

ニュージーランドトロフィー

日程・発走予定時刻
2020年4月3日(土)15時45分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・1600m


G2

1着賞金
5,400万円

ニュージーランドトロフィー・プレイバック

ニュージーランドトロフィー2019 ワイドファラオ

2019年・ニュージーランドトロフィー(GII)

1着:ワイドファラオ
2着:メイショウショウブ(クビ)
3着:ヴィッテルスバッハ(1-1/4馬身)
4着:アガラス(1-1/4馬身)
5着:ショーヒデキラ(1-1/4馬身)

勝ちタイム:1.34.2
優勝騎手:内田 博幸
馬場:良

動画・全着順をチェック!
ニュージーランドトロフィー2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のNZTの着順は1着:ワイドファラオ、2着:メイショウショウブ、3着:ヴィッテルスバッハとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
レース後のコメント
1着 ワイドファラオ(内田博幸騎手)
「返し馬からバネがあってスピードがありそうだと思いましたし、そのスピードを生かせました。後ろからくる馬も力があるので気になりましたが、急坂にもいい感じでしのいでくれました。これからも楽しみです」
関連記事
今後も注目のレースが続く!
皐月賞は2020年4月19日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2020年で第80回を迎え、昨年はサートゥルナーリアが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
天皇賞春は2020年5月3日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2020年で第161回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はフィエールマンが制した。天皇賞春の出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。