【桜花賞2019】結果・動画/グランアレグリアが圧勝で桜の女王に輝く

桜花賞2019 グランアレグリア

桜花賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の桜花賞の着順は1着:グランアレグリア、2着:シゲルピンクダイヤ、3着:クロノジェネシスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の桜花賞はグランアレグリアが圧勝で桜の女王に輝く

2019年4月7日(日) | 2回阪神6日 | 15:40 発走
第79回 桜花賞(GI)芝・右・外 1600m
Oka Sho(Japanese 1000 Guineas) (G1)

スポンサーリンク

2019年・桜花賞の動画

関連記事
昨年の桜花賞はアーモンドアイが制していた。

桜花賞 2018の動画・結果です。桜花賞の結果は1着:アーモンドアイ、2着:ラッキーライラック、3着:リリーノーブル。「アーモンドアイ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・桜花賞の結果

1着:グランアレグリア
2着:シゲルピンクダイヤ(2-1/2馬身)
3着:クロノジェネシス(クビ)
4着:ダノンファンタジー(ハナ)
5着:ビーチサンバ(クビ)
6着:プールヴィル
7着:エールヴォア
8着:ジュランビル
9着:シェーングランツ
10着:アウィルアウェイ
11着:ノーワン
12着:メイショウケイメイ
13着:アクアミラビリス
14着:レッドアステル
15着:フィリアプーラ
16着:ホウオウカトリーヌ
17着:ノーブルスコア
18着:ルガールカルム

勝ちタイム:1.32.7(桜花賞レコード)
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

関連記事
グランアレグリアは朝日杯フューチュリティステークス(三着)以来の実戦だった。

朝日杯フューチュリティステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:アドマイヤマーズ、2着:クリノガウディー、3着:グランアレグリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

桜花賞2019 グランアレグリア

1着 グランアレグリア(C.ルメール騎手)
「ありがとうございます。2連覇で桜花賞を取ってすごくうれしいです。きょうは平成の最後の桜花賞でした。クラシックレースはいつも特別な競走です。すごくうれしいです。朝日杯FSから、この馬を勉強しました。前回は速い脚を使えなかった。だから今日は早めに外から競りかけていきました。長い脚でゴールまで頑張ってくれました。馬は心身ともに充実していたので頑張ってくれました。スピードがたくさんあると思います。(オークスの)2400メートルにいけるかどうかまだ分からないけど、スピードを使うので、大変難しそうと思います。でもすごくいい馬です。またG1を絶対勝てる。今年はまたたくさんファンが競馬場に来てくれました。ありがとうございます。また来年。ありがとうございます」

2着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「前走よりテンションはましだった。この馬なりにスタートは出てくれたけど、つまずいてしまったんで腹をくくって。道中はリラックスして走っていたし、ためも利いていた。直線は内がぽっかり空いてくれたし、よく頑張ってくれた」

3着 クロノジェネシス(北村友一騎手)
「スタートは出てくれて、リズムよく運べていましたが、3コーナー手前でぶつけられて後肢を落とす不利がありました。そこでリズムが悪くなったのが痛かったですね。それでもコントロールがきいて上手に走ってくれたんですが…。今日の感じなら距離はもつと思うので次は頑張りたいです」

4着 ダノンファンタジー(川田将雅騎手)
「道中はスムーズに競馬はできました。ただ、勝ち馬に早めに来られて追いかけないといけなくなり、最後は苦しくなってしまいました」

5着 ビーチサンバ(福永祐一騎手)
「いいポジションで競馬ができた。ただ、まだ成長途上でエンジンがかかるまでに時間がかかるぶん、スッと反応できなかった。いい脚は使ってくれているんですが」

6着 プールヴィル(秋山真一郎騎手)
「大外枠だったので、これ(逃げ)しかないと考えていました。いい感じで運べていましたが、勝ち馬に早めに来られてしまって苦しくなりました」

7着 エールヴォア(松山弘平騎手)
「スタートで後肢を滑らせて思っていたポジションで運べませんでした」

8着 ジュランビル(松若風馬騎手)
「マイルは“ギリ”もつと思っていました。思い通りのレースができましたし、改めて走ると感じました」

9着 シェーングランツ(武豊騎手)
「状態はよかったし、思っていたレースもできた。ただ、時計が速すぎてたまるところがなかった。前回よりいい走りはしてくれたんだけど」

10着 アウィルアウェイ(石橋脩騎手)
「力まず走ってくれましたが、勝負どころでごちゃついてしまいました」

11着 ノーワン(坂井瑠星騎手)
「折り合いはついてスムーズに運べました。上位の馬には切れ負けした感じでした」

12着 メイショウケイメイ(古川吉洋騎手)
「2番手からロスなく運べた。マイルは若干長いけど、頑張ってくれた」

13着 アクアミラビリス(M.デムーロ騎手)
「勝ち馬の後ろを取れたけど、最後は伸びてくれなかった」

14着 レッドアステル(戸崎圭太騎手)
「前走より落ち着いていたが、直線はごちゃついてしまった」

15着 フィリアプーラ(丸山元気騎手)
「周りが速くてついていけなかったし、もう少し硬い馬場の方がいいですね」

16着 ホウオウカトリーヌ(大野拓弥騎手)
「手綱を放してからバランスを崩していました。どうも阪神の芝がフィットしないようで…」

17着 ノーブルスコア(岩田康誠騎手)
「3コーナーでごちゃついたときにリズムを崩してしまいました」

18着 ルガールカルム(三浦皇成騎手)
「G1の厳しい流れでしたし、馬群のなかでのレースも経験していませんでしたからね。うまくかみ合いませんでした」

勝ち馬プロフィール

桜花賞2019 グランアレグリア

グランアレグリア(Gran Alegria)牝3/鹿毛 藤沢 和雄(美浦)
父:ディープインパクト 母:タピッツフライ 母父:Tapit
馬名の由来:大歓声(西)