【NHKマイルカップ2019】結果・動画/アドマイヤマーズが3歳マイル王に輝く

NHKマイルカップ2019 アドマイヤマーズ

NHKマイルカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のNHKマイルCの着順は1着:アドマイヤマーズ、2着:ケイデンスコール、3着:カテドラルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年のNHKマイルカップはアドマイヤマーズが3歳マイル王に輝く

2019年5月5日(日) | 2回東京6日 | 15:40 発走
第24回 NHKマイルカップ(GI)芝・左 1600m
NHK Mile Cup (G1)

2019年・NHKマイルカップの動画

レース動画

パトロールビデオ

裁決レポート

 最後の直線コースで、7番グランアレグリアが外側に斜行したため、3番ダノンチェイサーの進路が狭くなりました。
 この件について、7番グランアレグリアの騎手C.ルメールは、2019年3月2日(土)にも不注意騎乗による騎乗停止処分を受けたにもかかわらず、短期間に同様の不注意騎乗を繰り返し行ったことを考慮し、2019年5月11日(土)から2019年5月26日(日)まで16日間の騎乗停止としました。

C.ルメール騎手に騎乗停止処分が下りました。2019年5月5日の東京11レース・NHKマイルカップでルメール騎手が騎乗したグランアレグリアが直線で外側に斜行し他馬の進路を妨害。JRAの処分ではルメール騎手に2019年5月11日から5月26日まで開催日6日間(加重制裁)の騎乗停止処分が下りました。
関連記事
昨年のNHKマイルカップはケイアイノーテックが制していた。

NHKマイルカップ 2018の動画・結果です。NHKマイルカップの結果は1着:ケイアイノーテック、2着:ギベオン、3着:レッドヴェイロン。「ケイアイノーテック」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・NHKマイルカップの結果

1着:アドマイヤマーズ
2着:ケイデンスコール(1/2馬身)
3着:カテドラル(ハナ)
4着:ダノンチェイサー(1-1/4馬身+クビ)
5着:グランアレグリア(4着降着)
6着:ヴァルディゼール
7着:ハッピーアワー
8着:トオヤリトセイト
9着:ワイドファラオ
10着:グルーヴィット
11着:マイネルフラップ
12着:プールヴィル
13着:ファンタジスト
14着:クリノガウディー
15着:ヴィッテルスバッハ
16着:イベリス
17着:ミッキーブラック
18着:ロードグラディオ

勝ちタイム:1.32.4
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

関連記事
アドマイヤマーズは2歳マイル王も獲得している。

朝日杯フューチュリティステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:アドマイヤマーズ、2着:クリノガウディー、3着:グランアレグリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

ここからG1連戦する馬はいるのか?

日本ダービーは2019年5月26日に東京競馬場で行われる3歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2019年で第86回を迎える。昨年はワグネリアンが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
安田記念は2019年6月2日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2019年で第69回を迎える。昨年はモズアスコットが連闘策が実り優勝した。出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

同日に行われたケンタッキーダービーでも1着入線馬が降着する事象が起きていた。

ケンタッキーダービー2019の結果・動画です。アメリカで行われたケンタッキーダービーの着順は1着:Country House(カントリーハウス)、2着:Code Of Honor、3着:Tacitusとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント

NHKマイルカップ2019 アドマイヤマーズ

1着 アドマイヤマーズ(M.デムーロ騎手)
「(馬の)勝つ気持ちが強い。本当に頑張った。最近は1800メートルと、2000メートルでちょっとスタートが遅くなっていた。他の馬を見ながら行こうと思っていたけど、思ったより後ろになった。1600メートルでは負けたことがない。さすが、いい馬。(いいところは)負けない気持ち。最後も耳を絞って、もう1回伸びてきた」

2着 ケイデンスコール(石橋脩騎手)
「大外枠だったが、外差しが決まると思っていた。ポジションがどうであれ、リズムよく走らせて最後の2ハロンまで我慢させたが、イメージ通り走ってくれた。本当に力をつけている」

3着 カテドラル(B.アヴドゥラ騎手)
「できるだけリラックスして走るように調教師に言われていた。思っていた通りに運ぶことができた。かかることなくできたし、将来も楽しみな馬」

4着 ダノンチェイサー(川田将雅騎手)
「前走より馬が全体的に良くなっていました。出来はすごくよかったです。4角までスムーズでしたけど…。また改めて頑張りたいです」

5着 グランアレグリア(C.ルメール騎手)
「スタートがあまりよくなかった。道中は行きたがって、それが最後にちょっと疲れてしまった。リラックスして走らないと…」

6着 ヴァルディゼール(北村友一騎手)
「タフな流れになると思っていたので、リラックスして走ろうと思っていた。中団からしまいの脚を使おうと思っていたけど、勝負どころで反応が鈍くなった」

7着 ハッピーアワー(吉田隼人騎手)
「もう少し流れてくれたらよかった。7着だったけど、差はない。まだ頭が浮くところがあるし、よくなる余地がある」

8着 トオヤリトセイト(福永祐一騎手)
「スタートがすごくよかったです。イメージした形と違ったけど、馬はよく頑張ってくれた」

9着 ワイドファラオ(内田博幸騎手)
「いい感じで競馬をしてくれた。ただメンバーがそろっていたからね。いい経験になったと思う」

10着 グルーヴィット(D.レーン騎手)
「いいポジションで流れたので、手応えは良かったけど、直線で壁ができた。このクラスで通用する力はある」

11着 マイネルフラップ(松岡正海騎手)
「コーナーでロスがあった。まだ若いということですね。コーナーリングがうまくなれば」

12着 プールヴィル(秋山真一郎騎手)
「思ったようなレースができました」

13着 ファンタジスト(武豊騎手)
「何の不利もなかった。アドマイヤの後ろでいい感じでした。ただ、皐月賞でピークだったからね」

14着 クリノガウディー(藤岡佑介騎手)
「好位で競馬ができた。ただ詰めて使っているからね。マイルでレースぶりはよくなった。立て直してマイル戦なら」

15着 ヴィッテルスバッハ(戸崎圭太騎手)
「馬はよかった。元気よかったのが、最後の脚につながらなかったのかな。道中は遊ぶくらいの方が良い」

16着 イベリス(浜中俊騎手)
「自分の競馬をしてどこまで粘れるか、と思っていた。初めての東京で返し馬の時から物見していた。馬場も合わなかったですね」

17着 ミッキーブラック(岩田康誠騎手)
「腹をくくって、直線勝負だと思っていた。直線向いてから、反応してくれなかった」

18着 ロードグラディオ(大野拓弥騎手)
「ちょっとスタートがうまく決まらなかった。スムーズさを欠いた」

勝ち馬プロフィール

NHKマイルカップ2019 アドマイヤマーズ

アドマイヤマーズ(Admire Mars)牡3/栗毛 友道 康夫(栗東)
父:ダイワメジャー 母:ヴィアメディチ 母父:Medicean
馬名の由来:冠名+火星