【マリーンカップ2020】結果・動画/サルサディオーネが鮮やかに逃げ切りV

マリーンカップ2020 サルサディオーネ

マリーンカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のマリーンカップの着順は1着:サルサディオーネ、2着:メモリーコウ、3着:スマートフルーレとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のマリーンカップはサルサディオーネが鮮やかに逃げ切りV

2020年4月2日(木)船橋 第11競走
ダート1600m(左)20:05発走

第24回 マリーンカップ・Marine Cup(JpnIII)
(サラブレッド系 3歳以上 別定)賞金:1着 25,000,000円

スポンサーリンク

2020年・マリーンカップの動画

関連記事

昨年のマリーンカップはラーゴブルーが制していた。

マリーンカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のマリーンCの着順は1着:ラーゴブルー、2着:アイアンテーラー、3着:リエノテソーロとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・マリーンカップの結果

スポンサーリンク

1着:サルサディオーネ
2着:メモリーコウ(2馬身)
3着:スマートフルーレ(1-1/2馬身)
4着:ストロングハート(6馬身)
5着:ラビットラン(1-1/2馬身)
6着:ラインカリーナ
7着:ナムラメルシー
8着:スターレーン
9着:パッシングスルー
10着:グランモナハート
11着:ゼットパッション
12着:アークヴィグラス
13着:チークス
14着:ナラ

勝ちタイム:1.40.1
優勝騎手:矢野 貴之
馬場:重

レース後のコメント

マリーンカップ2020 サルサディオーネ

1着 サルサディオーネ(矢野貴之騎手)
「(勝てて)ほっとしてます。(初騎乗だった)前走(エンプレス杯11着)と一緒で、またがって、非常にいい感じだなと思いました。その前走でずいぶんせかしすぎて、折り合いを欠いてしまっていたので、きょうはハナでも、好位でも、前めで気分よく行かせることだけを心がけていました。道中もいいペースだったので、3コーナーあたりで、これならと思いましたが、よく踏ん張ってくれました。(自身も初の交流重賞制覇)もちろん非常にうれしいですが、レースとしてはどのレースも一緒なので、一生懸命に乗るだけです。こういう環境(無観客競馬)ですが、ひとりひとりができることをやっていって、頑張りたいと思いますので、応援をよろしくお願いします」

2着 メモリーコウ(的場文男騎手)
「ペースが落ち着いたからね」

3着 スマートフルーレ(武豊騎手)
「元々癖のある馬で初めてのナイター、初めての地方など、初ものづくしに戸惑ってはいましたが、初めての左回りはこなしてくれていて、むしろ右回りよりも上手でした。堅実に走ってくれますが、もうワンパンチつけば重賞でもやれます」

4着 ストロングハート(町田直希騎手)
「前残りの馬場に助けられました。マイルでしたから無理せず2番手からの競馬でした。レース間隔が空いていた分最後は脚があがっていましたが、一度使って次はさらに良くなるでしょう。次走は浦和のしらさぎ賞を予定していて、浦和コースも合うと思います」

5着 ラビットラン(森泰斗騎手)
「スタートはあまり出てくれませんでした。距離が延びればもっとやれると思います」

勝ち馬プロフィール

マリーンカップ2020 サルサディオーネ

サルサディオーネ(Salsa Dione)牝6/栗毛 堀 千亜樹(大井)
父:ゴールドアリュール 母:サルサクイーン 母父:リンドシェーバー
馬名の由来:母名の一部+ギリシャ神話の天空の女神

関連記事
サルサディオーネはこれまで交流重賞では2019年のスパーキングレディーカップでの2着などが最高着順だった。
スパーキングレディーカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のスパーキングレディーCの着順は1着:ファッショニスタ、2着:サルサディオーネ、3着:ローレライとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。