【共同通信杯2024】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

共同通信杯2024 追い切り

共同通信杯2024追い切り・コメントの記事です。共同通信杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2024年2月11日(日) | 1回東京6日 | 15:45 発走
第58回 共同通信杯(GIII)芝・左 1800m
Kyodo News Hai(G3)

出走予定馬・予想オッズ
2024年・共同通信杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
共同通信杯は2024年2月11日に東京競馬場で行われる期待の三歳馬が集う一戦。共同通信杯は2024年で第58回を迎え、昨年はファントムシーフが制した。共同通信杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも京都記念などが開催される。
京都記念は2024年2月11日に京都競馬場で行われる強豪が多く集う注目のG2戦。京都記念は2024年で第117回を迎え、昨年はドウデュースが制した。京都記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
クイーンカップ2024の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。クイーンSは2024年2月10日に東京競馬場で行われるマイルG3戦。2024年で第59回を迎え、昨年はハーパーが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

共同通信杯2024の追い切りをチェック!

共同通信杯2024 追い切り

共同通信杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
京都記念2024の追い切り・コメントの記事です。京都記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
クイーンカップ2024の追い切り・コメントの記事です。クイーンCの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
エコロヴァルツ

前走・最終追い切り(朝日杯フューチュリティステークス・2着)
栗東・坂路・良
800m 54.6-39.6-25.3-12.3(馬なり)

武豊騎手
「いい動き。能力の高い馬。フットワークがいいし跳びも大きい。マイルはまったく問題ない。楽しみです」

牧浦調教師
「今日は前に馬を行かせて我慢させる内容。反応を確かめていただきました。前進気勢が強いですが、ひと夏を越して体もひと回り大きくなり、気性的にも成長しました。ジョッキーは“いい背中をしているね、この子”と言ってくれました。あれだけ数多くのいい馬に乗って来られたジョッキーが言うんですからね。力をつけてくれば、もっと走れると思います」

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 54.7-39.7-25.7-12.4(馬なり)
グッジョブ(馬なり)を0.5秒追走・0.1秒先着

牧浦調教師
「先週(武豊)ジョッキーにしっかりやってもらったので、今週は最後も無理せずに反応を見た。前走は道中で不利を受けて後ろからだったが、レースの幅は広がった。広いコースは合っているし、これからのためにも東京を使っておきたい。まだ伸びしろはある」
「前走は先々につながるような内容だった。ストライドが大きくてフットワークがいいので条件も良さそう」
エンヤラヴフェイス

前走・最終追い切り(朝日杯フューチュリティステークス・13着)
栗東・坂路・良
800m 53.0-37.9-24.3-12.4(一杯)

森田調教師
「CWから坂路へ。相手が強くなるので鍛えないとね。動きは良かった。先週チークを着けて追い切ったらハミを取らなかったので、今週は外したらしっかり動いてくれた」
「モマれ弱いところはあるが、前走でしまいの脚を使えたのは収穫。GⅠでどれだけやれるかだけど、競馬までに気持ちが乗ってくるように調整したい」

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 50.7-36.7-24.3-12.7(一杯)

森田調教師
「今朝の時計が良かった。いい状態で臨めるので、もまれることなくスムーズに運べれば」
ジャスティンミラノ

前走・最終追い切り(2歳新馬・1着)
栗東・芝・稍重
6F 83.8-66.8-51.1-36.9-12.0(馬なり)

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 55.7-40.3-25.6-12.0(馬なり)

大江助手
「道中リラックスして仕掛けての反応も良かった。2週続けて、いい動き。今朝は整える程度でいい稽古ができました」
「初戦はいい勝ち方でポテンシャルは高い。跳びが大きいのでゆったり走れるコースは合いそう」
ジャンタルマンタル

前走・最終追い切り(朝日杯フューチュリティステークス・1着)
栗東・坂路・良
800m 52.9-37.9-24.0-11.8(馬なり)

高野調教師
「提示していた時計よりも早くなるのは想定内ですし、ジョッキー(川田)も素質を感じてくれて、いいコンタクトでした。センスがあって能力が高い。阪神コースに替わるのは、心配していません。ここは馬のためにも何としても取りたいですね」

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 55.6-40.3-25.4-11.9(馬なり)

高野調教師
「無理はしていない。乗っていた人は『めちゃくちゃゆっくりに感じた』と言っていた。状態はいい。仕上がりは全然問題ない」
「同世代に比べると完成度は高いけど、ここが天井とは思っていない。チャンピオンホースとして負けられないという気持ちです」
ショーマンフリート

前走・最終追い切り(シンザン記念・5着)
美浦・ウッド・稍重
6F 85.7-69.0-53.0-37.9-11.3(馬なり)

戸崎騎手
「2週前(同6ハロン82秒2─11秒5)にも乗せてもらいましたが、良くなってきた感じ。馬体に張りが出て、いい意味で落ち着きも出ています。最後は気持ち良く走らせたけど、本当にいい感じ。(スワーヴリチャード産駒は)みんな走ることに素直で真面目な印象。その中でショーマンフリートは筋肉の質の良さであったり、(走る)雰囲気のある馬」

手塚調教師
「時計は速くなかったが、最後は伸ばせた。馬も仕上がってきて、状態はいいですね。あとは輸送と多頭数への対応になってくると思います」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(津村)
6F 83.6-67.7-52.3-37.0-11.5(馬なり)
ツルマウカタチ(末強め)の内1.0秒追走・0.2秒先着

手塚調教師
「追い切りは動きますからね。いい感じだと思います。G1馬に対して、どれくらいやれるのか」
「前走は体重が増えていたが、見た目は太くなく、今回も同じくらいになる。良馬場でどれくらいやれるか」
「体調はすこぶる順調ですよ。1回使って状態は良くなっています。瞬発力より全体的に時計が早い勝負がいいですね。今回は少頭数ですし自分から動いての競馬ができると思います。相手も強いですが、近走で一番楽しみですし、今後の岐路となるレースになると思います」

平塚助手
「体は大きく変わらないけど、一度使った分だけ上積みはありそう。(前走の)戸崎騎手も距離があった方がいいと言っていたので」

ディマイザキッド

前走・最終追い切り(3歳未勝利・1着)
美浦・ウッド・良
5F 70.1-54.4-39.3-11.9(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(キング)
6F 82.7-65.7-51.5-37.3-11.7(馬なり)
ホワイトターフ(馬なり)の内0.4秒追走・同入

キング騎手
「非常に乗りやすい馬。折り合いもよくいい反応でした」

清水英調教師
「前走の時計は同じ舞台だったホープフルSの5着(ミスタージーティ)と同じ。3戦すべてて最速の上がりだし、良さを生かせれば」
「使いながら良化。カリカリしていないし、雰囲気もいい」

パワーホール

前走・最終追い切り(京都2歳ステークス・12着)
栗東・CW・良
6F 82.4-67.1-51.6-36.5-11.4(一杯)

昆調教師
「動きはもうひとつだったけど、この馬はそれだけ求めるものが大きい。京都の軽い馬場の方が合いそう」
「在厩で調整しているが大人しくて素直だね」

最終追い切り
栗東・CW・重(助手)
6F 84.3-68.6-53.3-38.3-11.9(馬なり)

昆助手
「前走後は在厩で調整。今朝は整える程度の稽古でしたが、バランス良く動けていました」
「状態は大きく変わらない。自分の形で運んでどこまでやれるか」
フォスターボンド

前走・最終追い切り(2歳未勝利・1着)
美浦・ウッド・良
5F 67.4-52.5-38.2-12.2(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(宮崎北)
6F 80.8-64.7-51.1-36.3-11.4(強め)
ルークスヘリオス(一杯)の内1.4秒追走・0.2秒先着

中川調教師
「順調ですね。ジョッキーとも話したが、ビュッと切れないけどジワッと伸びていた。長くいい脚を使ってくれる。距離は問題ない。強いメンバーとやって、どこまでやれるかだね」
「馬場が硬いので速い時計が出たけど、動き自体も良かった。トモに緩さがあり二の脚はつかないが、追って味があるし東京なら1ハロン短縮されても大丈夫」
ベラジオボンド

前走・最終追い切り(2歳新馬・1着)
栗東・坂路・良
800m 53.1-38.2-24.8-12.3(馬なり)

最終追い切り
栗東・坂路・重(岩田望)
800m 55.7-40.2-25.3-12.2(馬なり)
マコトヴェリーキー(馬なり)を0.5秒追走・クビ先着

上村調教師
「まだ課題は多いが、いいモノを持っている。1週前、2週前の動きも良かったし、1回使って中身が伴ってきたね」
「1回競馬を経験してピリッとしてきた。いい意味で上積みもあると思う。先々のことを考え、関東遠征や左回りを試してみたかった。メンバーは強いがどこまでやれるか楽しみの方が大きい」
ミスタージーティー

前走・最終追い切り(ホープフルステークス・5着)
栗東・坂路・良
800m 56.1-40.4-25.7-12.2(馬なり)

最終追い切り
栗東・坂路・重(坂井瑠)
800m 52.9-37.9-24.5-12.2(馬なり)

安藤助手
「1週前にしっかりやったので、今日は輸送も考慮して。前走と変わらない状態でいけると思う。在厩で調整もしやすかったし、前走で輸送競馬を経験したのも大きい」
「前走は直線で狭くなったが、いい伸びだった。在厩で変わりなくきているし、カイバもよく食べている」

2024年・共同通信杯の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2024年 共同通信杯|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2024年・共同通信杯の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はエコロヴァルツに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(3/2・3/3)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
フェブラリーステークスは2024年2月18日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2024年で第41回を迎え、昨年はレモンポップが制した。フェブラリーSの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
中山記念は2024年2月25日に中山競馬場で行われる各方面からメンバーが集うG2戦。中山記念は2024年で第98回を迎え、昨年はヒシイグアスが勝利した。中山記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。