【京成杯オータムハンデ2021】結果・動画/カテドラルが際どく差し切る

京成杯オータムハンデ2021 カテドラル

京成杯オータムハンデ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の京成杯オータムHの着順は1着:カテドラル、2着:コントラチェック、3着:グレナディアガーズとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の京成杯オータムハンデはカテドラルが際どく差し切る

2021年9月12日(日) | 4回中山2日 | 15:45 発走
第66回 京成杯オータムハンデ(GIII)芝・右 1600m
Keisei Hai Autumn Handicap (G3)

スポンサーリンク

2021年・京成杯オータムハンデの動画

関連記事
昨年の京成杯オータムハンデはトロワゼトワルが制していた。
京成杯オータムハンデ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の京成杯オータムハンデの着順は1着:トロワゼトワル、2着:スマイルカナ、3着:ボンセルヴィーソとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・京成杯オータムハンデの結果

スポンサーリンク

1着:カテドラル
2着:コントラチェック(クビ)
3着:グレナディアガーズ(1/2馬身)
4着:スマートリアン(ハナ)
5着:カラテ(1/2馬身)
6着:レイエンダ
7着:ステルヴィオ
8着:マルターズディオサ
9着:ワイドファラオ
10着:スマイルカナ
11着:グランデマーレ
12着:カレンシュトラウス
13着:アカノニジュウイチ
14着:ベステンダンク
15着:バスラットレオン
16着:マイスタイル

勝ちタイム:1.32.0
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:良

関連記事
G1・マイルチャンピオンシップをにぎわす馬は?
マイルチャンピオンシップは2021年11月21日に阪神競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2021年で第38回を迎え、昨年はグランアレグリアが勝利した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

京成杯オータムハンデ2021 カテドラル

1着 カテドラル(戸崎圭太騎手)
「とてもうれしい。初コンビで乗りやすいと聞いていたけど、内で前が残りやすい馬場でどうかと思ったが、いいレースをしてくれた。スタートで出負けしてリズム重視でいこうと思った。内枠もあって自分のリズムで運んでバランス良くいったと思う。手応えは十分でした。内をさばいていこうと思った。進路を探しながらだったけど、うまくさばいてくれた。重賞でも勝ちきれなかったけど勝つことができて良かった。今後に弾みをつけることができた」

2着 コントラチェック(大野拓弥騎手)
「今回はスタートが決まったのが大きい。最後まで頑張ってくれた。中山とは相性がいいようだ」

3着 グレナディアガーズ(川田将雅騎手)
「この中間の雰囲気が落ち着いていて良かったので、これで結果が出せたら良かったが。改めて違う準備をして臨みたい」

4着 スマートリアン(三浦皇成騎手)
「馬は良かったし、成長していると感じる。この相手と、これだけの競馬をしたのは収穫」

5着 カラテ(菅原明良騎手)
「速めに動く競馬が理想だったが、スパっと切れるところがないこの馬には、開幕週で前の止まらない馬場は厳しかった。それでも、終始いい手応えだったし、中山1600メートルでの競馬はしやすかった」

6着 レイエンダ(津村明秀騎手)
「今回は急かさず、気分良く行くことを重視した。復活の、いいきっかけになった」

7着 ステルヴィオ(横山武史騎手)
「止まったのは久々だったからで、いいポジションで折り合ったし、いい内容だった思う」

8着 マルターズディオサ(田辺裕信騎手)
「不安な点が出てしまった感じ。自分のレースができなかった」

9着 ワイドファラオ(柴田善臣騎手)
「モコモコしたスタートだったが、最後まで走った。芝は悪くない」

10着 スマイルカナ(柴田大知騎手)
「枠が良くなかったし、後ろから突かれて脚がたまらなかった。春とは全然違って良くなっているし、悲観していない。かみ合えばやれる」

11着 グランデマーレ(藤岡康太騎手)
「ゲートをうまく出てポジションを取れたが、反応がもうひとで伸びきれなかった」

12着 カレンシュトラウス(池添謙一騎手)
「返し馬はいつも通りだったが、体が増えて良くなっている。しっかりしてきたし、慣れればもっと走れる」

15着 バスラットレオン(藤岡佑介騎手)
「スタートでつまづいて遅れたが、もともと控えようと思ってたし、道中は折り合えた。反応がいまひとつだったのは、久々のぶんだと思う」

勝ち馬プロフィール

京成杯オータムハンデ2021 カテドラル

カテドラル(Catedral)牡5/鹿毛 池添 学(栗東)
父:ハーツクライ 母:アビラ 母父:Rock of Gibraltar
馬名の由来:ロマネスク、ゴシック様式を兼ね備えるスペイン、アビラの大聖堂

関連記事
カテドラルは前走、中京記念で2着に入っていた。
中京記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の中京記念の着順は1着:アンドラステ、2着:カテドラル、3着:クラヴェルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。