【アルゼンチン共和国杯2021】結果・動画/オーソリティが抜け出し連覇達成

アルゼンチン共和国杯2021 オーソリティ

アルゼンチン共和国杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のアルゼンチン共和国杯の着順は1着:オーソリティ、2着:マイネルウィルトス、3着:フライライクバードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のアルゼンチン共和国杯はオーソリティが抜け出し連覇達成

2021年11月7日(日) | 5回東京2日 | 15:35 発走
第59回 アルゼンチン共和国杯(GII)芝・左 2500m
Copa Republica Argentina (G2)

スポンサーリンク

2021年・アルゼンチン共和国杯の動画

関連記事
昨年のアルゼンチン共和国杯はオーソリティが制していた。
アルゼンチン共和国杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のアルゼンチン共和国杯の着順は1着:オーソリティ、2着:ラストドラフト、3着:サンアップルトンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・アルゼンチン共和国杯の結果

スポンサーリンク

1着:オーソリティ
2着:マイネルウィルトス(2-1/2馬身)
3着:フライライクバード(3/4馬身)
4着:レクセランス(ハナ)
5着:ディアマンミノル(クビ)
6着:アイアンバローズ
7着:トーセンカンビーナ
8着:アンティシペイト
9着:アドマイヤアルバ
10着:アイスバブル
11着:オウケンムーン
12着:サトノソルタス
13着:ロードマイウェイ
14着:ゴースト
15着:ボスジラ

勝ちタイム:2.32.4
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

関連記事
G1・ジャパンカップをにぎわす馬は?
ジャパンカップは2021年11月28日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2021年で第41回を迎え、高額賞金を求め強豪が集う。昨年はアーモンドアイが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

アルゼンチン共和国杯2021 オーソリティ

1着 オーソリティ(C.ルメール騎手)
「直線でいい反応をしてくれた。すごくいい脚で抜けてくれましたね。レース前はちょっと遅いペースを心配していましたが、オーソリティは心身ともに充実していましたね。道中も冷静に走ってくれたし、いいポジションで、勝つ自信がありました。すごくいいスタートをしたから3番手で、馬の後ろのポジションでだんだんリラックスすることができました。2連覇できてすごくうれしく思います」

2着 マイネルウィルトス(M.デムーロ騎手)
「頑張ってくれました。初距離で折り合いが大事だと思って前半はゆっくりいった。スローだったので早めに動いていって勝ちパターンだったが、1頭になったらソワソワして内にもたれた」

3着 フライライクバード(岩田望来騎手)
「馬の雰囲気は良かったです。直線は(前の馬と)離されましたが、しっかりと食らいついていきました。昇級戦でしたが、このクラスでも十分にやっていけるところを見せてくれました」

4着 レクセランス(戸崎圭太騎手)
「出たなりで、最後伸ばす形をという指示でしたが、その競馬は出来ました。ペースが緩くて窮屈になりましたが、よく頑張ってくれました」

5着 ディアマンミノル(荻野極騎手)
「この馬のリズムを守ってレースが出来ました。流れが遅くなってしまいましたが、ラストはしっかりと脚を使ってくれました」

6着 アイアンバローズ(石橋脩騎手)
「今日はうまく流れに乗って、気分を損なわないようにレースをしました。直線も頑張って走ってくれましたが、もう少しスタミナの活きる形になると面白かったです」

7着 トーセンカンビーナ(石川裕紀人騎手)
「スタートが悪いこの馬にはきつい枠順でした」

8着 アンティシペイト(国枝栄調教師)
「かかっていたので最後はいっぱいになってしまった。相手に合わせる競馬を覚える必要があるけど、またこれから変わってくると思う」

9着 アドマイヤアルバ(吉田豊騎手)
「もう少し展開が向いてくれれば良かったけど、最後まで一生懸命走ってくれました」

10着 アイスバブル(三浦皇成騎手)
「もう少しペースが流れて欲しかったです。そんなに瞬発力のある馬ではないので、タフなレースになればもっと良いレースが出来たと思います」

11着 オウケンムーン(団野大成騎手)
「2戦続けて乗せてもらっていたのでいいイメージはあったけど、前半は力みっぱなしで消耗してしまった」

12着 サトノソルタス(大野拓弥騎手)
「内枠のスローで状況が良くなかった。状態は良さそうだったのでうまくはまれば」

14着 ゴースト(鮫島克駿騎手)
「奥がありそうな馬なので、これから力をつけていけば」

15着 ボスジラ(田辺裕信騎手)
「この舞台は合わないかもしれない」

勝ち馬プロフィール

アルゼンチン共和国杯2021 オーソリティ

オーソリティ(Authority)牡4/鹿毛 木村 哲也(美浦)
父:オルフェーヴル 母:ロザリンド 母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:権威。威信。牡馬三冠を達成した父のような活躍を願って

関連記事
オーソリティは前走天皇賞春で10着に敗れていた
天皇賞春2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の天皇賞春の着順は1着:ワールドプレミア、2着:ディープボンド、3着:カレンブーケドールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。