【みやこステークス2021】結果・動画/メイショウハリオが接戦を制す

みやこステークス2021 メイショウハリオ

みやこステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のみやこステークスの着順は1着:メイショウハリオ、2着:ロードブレス、3着:アナザートゥルースとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のみやこステークスはメイショウハリオが接戦を制す

2021年11月7日(日) | 5回阪神2日 | 15:45 発走
第11回 みやこステークス(GIII)ダート・右 1800m
Miyako Stakes (G3)

スポンサーリンク

2021年・みやこステークスの動画

関連記事
昨年のみやこステークスはクリンチャーが制していた。
みやこステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のみやこステークスの着順は1着:クリンチャー、2着:ヒストリーメイカー、3着:エイコーンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・みやこステークスの結果

スポンサーリンク

1着:メイショウハリオ
2着:ロードブレス(ハナ)
3着:アナザートゥルース(2-1/2馬身)
4着:プリティーチャンス(1/2馬身)
5着:メイショウムラクモ(1-1/4馬身)
6着:クリンチャー
7着:スワーヴアラミス
8着:ニューモニュメント
9着:ヴェンジェンス
10着:アンセッドヴァウ
11着:ロードゴラッソ
12着:オーヴェルニュ
13着:ダンビュライト
14着:アシャカトブ
15着:エクスパートラン
16着:ラストマン

勝ちタイム:1.50.8
優勝騎手:浜中 俊
馬場:良

関連記事
G1・チャンピオンズカップをにぎわす馬は?
チャンピオンズカップは2021年12月5日に中京競馬場で行われる秋の中距離ダート王を決める一戦。チャンピオンズカップは2021年で第22回を迎え、昨年はチュウワウィザードが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

みやこステークス2021 メイショウハリオ

1着 メイショウハリオ(浜中俊騎手)
「2着馬(ロードブレス)が来て、そこからもうひと踏ん張りしてくれて、よくこらえてくれました。もう少しスタートを上手に出てと思っていたのですが、少し遅れて1コーナーまでリカバリーの利く範囲で迎えられました。その後は前に有力馬を見ながらけっこう道中は狭いところで苦しい場面はあったのですが、今の馬の充実ぶり、根性を出してよく伸びてくれました。前走(太秦S=2着)で岩田(康)さんが乗っていて、内をさばいて馬の間から伸びる競馬をしてくれていたので、そのイメージに近い競馬ができればと思っていました。前走の経験があったからこそ、馬群を割って抜け出してくれたのだと思います。まだ4歳でこれから伸び盛りと思いますし、今後の成長が楽しみです」

2着 ロードブレス(坂井瑠星騎手)
「前回より馬は良くなっていました。差が差だけに勝ちたかったですが、まだ良くなる感じが残っていますし、これからも頑張ってくれると思います」

3着 アナザートゥルース(松山弘平騎手)
「自分のリズムで競馬しようと思っていました。早めに来られても最後まで踏ん張ってくれました」

4着 プリティーチャンス(藤岡佑介騎手)
「枠順が痛かったですね。内に入れず、下げる形になりました。それでも昇級戦。外、外を回っての着順ですから、非常に力はあると思いますし、チャンスはあると思います」

5着 メイショウムラクモ(柴田善臣騎手)
「レースとしては良かったと思いますし、これから力をつけてくれればと思います。欲を言えば、プラス体重で出たかったです」

6着 クリンチャー(武豊騎手)
「4コーナーでは形ができたと思ったんですが、直線は伸び切れませんでした」

7着 スワーヴアラミス(松田大作騎手)
「ゲートがあまり上手く行かず、あの位置になりました。そのあたりが難しいですね。感じとしては悪くなかったのですが……」

8着 ニューモニュメント(藤岡康太騎手)
「勝負どころでバテた馬がいてポジションを下げざるを得なかったのが、もったいなかったです。外に出してからはいい脚を使ってくれました」

9着 ヴェンジェンス(幸英明騎手)
「砂をかぶると良くありませんが、4コーナーまで我慢してくれてオッと思うところもありました。休み明けから徐々に良くなっています」

10着 アンセッドヴァウ(池添謙一騎手)
「1、2コーナーの入りでいいポジションが取れましたが、内枠もあって向こう正面で動くに動けず、どんどん下がっていく形になりました。ただ、オープンでもやれる感触はつかめました」

11着 ロードゴラッソ(酒井学騎手)
「切れるタイプではないので、気持ちを乗せながら運びましたが、ふわっとしたり、もたれる面がありました」

12着 オーヴェルニュ(和田竜二騎手)
「いい位置が取れたと思ったんですが、ペースアップした時に全くついていけませんでした。休み明けのせいなのか、馬群にいたからなのか。初めて乗ったので何とも言えません」

13着 ダンビュライト(松若風馬騎手)
「スタートも決まり、ダートの走りは悪くなかったですが、道中でペースが上がったところでやめてしまい、気持ちが続かなかったと思います」

14着 アシャカトブ(秋山真一郎騎手)
「楽に前へ行けました。自分のリズムで4コーナーまで運べていれば、もっと頑張れていたと思います」

勝ち馬プロフィール

みやこステークス2021 メイショウハリオ

メイショウハリオ(Meisho Hario)牡4/栗毛 岡田 稲男(栗東)
父:パイロ 母:メイショウオウヒ 母父:マンハッタンカフェ
馬名の由来:冠名+世界一速いハリオアマツバメより