【中日新聞杯2020】出走予定馬・予想オッズ/多士済々

中日新聞杯2019 サトノガーネット

中日新聞杯2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年の中日新聞杯の出走予定馬にはヴェロックスやグロンディオーズなどが名を連ねています。今後輝きそうなメンバーが揃った。斤量差がレースをグッとおもしろくする。

多士済々

2020年12月12日(土) | 3回中京3日 | 15:35 発走
第56回 中日新聞杯(GIII)芝・左 2000m
Chunichi Shimbun Hai (G3)

スポンサーリンク

2020年・中日新聞杯の出走予定馬たち

2020年・中日新聞杯の追い切り・コメントをチェック!
中日新聞杯2020の追い切り・コメントの記事です。中日新聞杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(12月7日)

ヴェロックス

2020年の中日新聞杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • インビジブルレイズ(団野大成)
  • ヴェロックス(川田将雅
  • オウケンムーン(北村宏司)
  • ギベオン(岩田望来)
  • グロンディオーズ(C.ルメール
  • サトノガーネット(坂井瑠星)
  • サトノソルタス(池添謙一)
  • シゲルピンクダイヤ(和田竜二)
  • ショウナンバルディ(岩田康誠)
  • タガノアスワド(西村淳也)
  • テリトーリアル(石川裕紀人)
  • デンコウアンジュ(吉田隼人)
  • トリコロールブルー(荻野極)
  • バラックパリンカ(斎藤新)
  • ボッケリーニ(松山弘平)
  • マイネルサーパス(丹内祐次)
  • ワイプティアーズ(川島信二)
抽選対象馬(2頭中1頭が出走可能)
  • ジェシー(未定)
  • レッドヴェイロン(西村淳也)
除外対象馬
  • サトノフェイバー(未定)
  • レイホーロマンス(亀田温心)
  • ベレヌス(西村淳也)
  • コトブキテティス(未定)
関連記事
武豊騎手は阪神ジュベナイルフィリーズでメイケイエールに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(10/30・10/31)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
阪神ジュベナイルフィリーズは2021年12月12日に阪神競馬場で行われる2歳女王決定戦。阪神JFは2021年で第73回を迎え、昨年はソダシが制した。阪神ジュベナイルフィリーズの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

出走予定馬・ピックアップ

グロンディオーズ

中京競馬場で行われるG3「中日新聞杯」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

ヴェロックス(Velox)

ヴェロックス・4歳牡馬
11戦3勝 [3-3-2-3]
父:ジャスタウェイ
母:セルキス
母父:Monsun
馬名の由来:素早い(ラテン語)
前走:小倉大賞典・9着(1番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

覚醒の時「ヴェロックス」

今年2月の小倉大賞典以来の実戦となる。
昨年のダービーや菊花賞で3着に入った時の力を出せれば。

ピックアップレース
小倉大賞典2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の小倉大賞典の着順は1着:カデナ、2着:ドゥオーモ、3着:ジナンボーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
グロンディオーズ(Grandiose)

グロンディオーズ・5歳牡馬
8戦4勝 [4-1-1-2]
父:ルーラーシップ
母:シェリール
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:壮大な(仏)
前走:六社ステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

壮大な夢に向かって「グロンディオーズ」

六社ステークスを制し条件クラスを突破。
2度目の重賞挑戦になるが、鞍上に引き続きルメール騎手を迎えられるのは心強いところ。
さらに上の舞台へ行くためにも立ち止まってはいられない。

ボッケリーニ(Boccherini)

ボッケリーニ・4歳牡馬
11戦4勝 [4-3-1-3]
父:キングカメハメハ
母:ポップコーンジャズ
母父:ダンスインザダーク
馬名の由来:人名より
前走:カシオペアステークス・2着(1番人気)
(鞍上予定:松山弘平)

開花宣言「ボッケリーニ」

重賞初挑戦となる良血馬、ボッケリーニ。
全兄のラブリーデイも5歳時に中山金杯で重賞初制覇を果たし、G1を2勝したように遅咲きの血統。
本格化の時期近し。

ギベオン(Gibeon)

ギベオン・5歳牡馬
15戦3勝 [3-2-0-10]
父:ディープインパクト
母:コンテスティッド
母父:Ghostzapper
馬名の由来:ナミビアで発見された隕石の名で、発見場所の名
前走:エプソムカップ・11着(11番人気)
(鞍上予定:岩田望来)

復活Vへ「ギベオン」

2018年の中日新聞杯の覇者。
近年不振も思い出の舞台で復活目指す。

ピックアップレース
中日新聞杯2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の中日新聞杯の着順は1着:ギベオン、2着:ショウナンバッハ、3着:ストロングタイタンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

他にも中日新聞杯には中京2000mの舞台で開催されたケフェウスステークス覇者のトリコロールブルーや昨年の覇者サトノガーネット、関ケ原ステークスを勝ち上がってきたショウナンバルディなども出走を予定しています。

中日新聞杯は2020年12月12日(土)の15時35分発走予定です。

中日新聞杯2020の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2020年・中日新聞杯の予想オッズはこのように予想しています。
復活が待たれる4歳馬ヴェロックスが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ヴェロックス(3.0)
  2. サトノソルタス(4.5)
  3. トリコロールブルー(5.0)
  4. グロンディオーズ(8.0)
  5. サトノガーネット(10.0)
  6. ボッケリーニ(12.0)
  7. シゲルピンクダイヤ(15.0)
  8. ギベオン(20.0)
  9. デンコウアンジュ(23.0)
  10. テリトーリアル(35.0)
  11. オウケンムーン(45.0)
  12. レッドヴェイロン(☆)
  13. ショウナンバルディ(☆)
  14. インビジブルレイズ(☆)
  15. マイネルサーパス(☆)
  16. バラックパリンカ(☆)
  17. ワイプティアーズ(☆)
  18. ジェシー(☆)
  19. タガノアスワド(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

中日新聞杯2020の日程・賞金

中日新聞杯

中日新聞杯2018 ギベオン

日程・発走予定時刻
2020年12月12日(土)15時35分発走予定

場所・距離
中京競馬場・芝・2000m


G3

1着賞金
4,100万円

中日新聞杯・プレイバック

2019年 中日新聞杯

2019年・中日新聞杯(GIII)

1着:サトノガーネット
2着:ラストドラフト(アタマ)
3着:アイスストーム(クビ)
4着:ショウナンバッハ(クビ)
5着:サトノソルタス(2馬身)

勝ちタイム:1.59.2
優勝騎手:坂井 瑠星
馬場:良

動画・全着順をチェック!
中日新聞杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の中日新聞杯の着順は1着:サトノガーネット、2着:ラストドラフト、3着:アイスストームとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
レース後のコメント
1着 サトノガーネット(坂井瑠星騎手)
「未勝利で初めて乗って勝たせてもらった時に『重賞でもやれる』と感じていたので、その馬で結果を出すことができてうれしいです。もう少し前の位置を取りたかったんですが、なかなか進んで行かずに後方からになりました。道中も終始、促しながらでしたが、一列前にアイスストームがいたので、4コーナーまでついて行こうと。直線は外に出せば必ず脚を使ってくれると信じていましたし、いつも通りに頑張ってくれました。これからも、まだまだ頑張ってくれると思います」
関連記事
今後も注目のレースが続く!
朝日杯フューチュリティステークスは2021年12月19日に阪神競馬場で行われる二歳マイル王者を決める一戦。朝日杯FSは2021年で第73回を迎え、昨年はグレナディアガーズが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
ホープフルステークスは2020年12月26日に中山競馬場で行われる二歳の中距離G1戦。ホープフルステークスは2020年で37回目を迎え、昨年はコントレイルが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

シェアする