【小倉大賞典2020】結果・動画/カデナが鮮やかに差し切りV

小倉大賞典2020 カデナ

小倉大賞典2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の小倉大賞典の着順は1着:カデナ、2着:ドゥオーモ、3着:ジナンボーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年の小倉大賞典はカデナが鮮やかに差し切りV

2020年2月23日(日) | 1回小倉12日 | 15:20 発走
第54回 小倉大賞典(GIII)芝・右 1800m
Kokura Daishoten (G3)

スポンサーリンク

2020年・小倉大賞典の動画

関連記事

昨年の小倉大賞典はスティッフェリオが制していた。

小倉大賞典2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の小倉大賞典の着順は1着:スティッフェリオ、2着:タニノフランケル、3着:サイモンラムセスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・小倉大賞典の結果

1着:カデナ
2着:ドゥオーモ(1-3/4馬身)
3着:ジナンボー(クビ)
4着:レイホーロマンス(1-1/2馬身)
5着:アウトライアーズ(1-1/2馬身)
6着:テリトーリアル
7着:ナイトオブナイツ
8着:アロハリリー
9着:ヴェロックス
10着:アンノートル
11着:エメラルファイト
12着:タニノフランケル
13着:ランスオブプラーナ
14着:サイモンラムセス

勝ちタイム:1.48.3
優勝騎手:鮫島 克駿
馬場:良

関連記事
G1・大阪杯をにぎわす馬は?
大阪杯は2020年4月5日に阪神競馬場で行われる春の中距離王を決める一戦。2020年で第64回を迎え、豪華メンバーが集結。昨年はアルアインが制した。大阪杯の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 カデナ(鮫島克駿騎手)
「いい脚を使って、勝ち切ってくれました。枠を生かした競馬をしたいと思っていました。いつもいい脚を使ってくれていましたが、なかなかうまく力を出してあげれなかったが、今日はうまく導くことができました。人馬ともにうれしいです。(重賞初制覇が)いつもお世話になっているオーナー、ノースヒルズの馬で、そして今日は前田会長の誕生日ということもあり、いい結果で締めくくれて良かったです」

2着 ドゥオーモ(勝浦正樹騎手)
「いい形の競馬ができました。52キロで、この馬場の中でよく頑張ってくれましたが、勝ち馬の方が脚がたまっていましたね」

3着 ジナンボー(A.シュタルケ騎手)
「道中はリズム良く走っていました。4コーナーから上がっていって、最後まで気持ちを切らさずに走ってくれた」

4着 レイホーロマンス(松若風馬騎手)
「距離はもっとあっていいと思います。1800mは短いようです。体の小さい馬ですが、よく頑張ってくれたと思います」

5着 アウトライアーズ(丸田恭介騎手)
「4角をさばくのに手間取った。あそこがスムーズだったら」

6着 テリトーリアル(藤岡康太騎手)
「スタートで出て、いい位置でレースを運べました。3、4コーナーで馬場の悪いところで脚を取られてしまいました。その後は伸びていました。力はつけていると思います」

9着 ヴェロックス(川田将雅騎手)
「返し馬の時から雰囲気もよく、具合も良さそうだったのですが、あまりにも結果が出ず、何事もなく次にいってほしいです」

勝ち馬プロフィール

小倉大賞典2020 カデナ

カデナ(Cadenas)牡6/鹿毛 中竹 和也(栗東)
父:ディープインパクト 母:フレンチリヴィエラ 母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:南京錠(仏)

関連記事
カデナは2017年の弥生賞以来の重賞制覇となった。
「弥生賞 2017」の動画・結果です。弥生賞の結果は1着:カデナ、2着:マイスタイル、3着:ダンビュライト。「カデナ」が勝利した2017年の弥生賞の詳しい結果、動画をご覧ください。