【中日新聞杯2023】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

中日新聞杯2023 追い切り

中日新聞杯2023の追い切り・コメントの記事です。中日新聞杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2023年12月9日(土) | 4回中京3日 | 15:25 発走
第59回 中日新聞杯(GIII)芝・左 2000m
Chunichi Shimbun Hai (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・中日新聞杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
中日新聞杯2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。中日新聞杯は2023年12月9日に中京競馬場で行われる中距離G3戦。2023年で第59回を迎え、昨年はキラーアビリティが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも阪神ジュベナイルフィリーズなどが開催される。
阪神ジュベナイルフィリーズは2023年12月10日に阪神競馬場で行われる2歳女王決定戦。阪神JFは2023年で第75回を迎え、昨年はリバティアイランドが制した。阪神ジュベナイルフィリーズの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
カペラステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。カペラSは2023年12月10日に中山競馬場で行われるダート単距離G3戦。2023年で第16回を迎え、昨年はリメイクが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

中日新聞杯2023の追い切りをチェック!

中日新聞杯2023 追い切り

中日新聞杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
阪神ジュベナイルフィリーズ2023の追い切り・コメントの記事です。阪神JFの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
カレンルシェルブル

前走・最終追い切り(福島記念・3着)
栗東・CW・稍重
6F 86.3-69.9-54.5-38.3-11.7(馬なり)

吉田隼騎手
「初めて乗りました。仕掛けたくなるような乗りやすさがありましたね」

最終追い切り
栗東・CW・良(調教師)
6F 84.5-68.7-53.6-38.5-12.3(馬なり)
アンクローシュ(一杯)の外0.9秒先行・0.2秒先着

安田翔調教師
「ストライドの伸びが良くなり、使った上積みを見込める。うまく展開が向けば」
カントル

前走・最終追い切り(福島記念・中止)
栗東・坂路・稍重
800m 52.9-38.6-25.3-12.3(末強め)

田代助手
「7歳なので大きな変化はないけど、順調です」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.0-39.5-25.0-12.2(馬なり)

田代助手
「落馬(前走)のダメージもなく、ここ目標に在厩して順調。集中して走れば重賞でもやれていいと思う」
キラーアビリティ

前走・最終追い切り(富士ステークス・12着)
栗東・CW・良
7F 97.1-66.2-52.5-38.4-12.6(G前仕掛け)

斉藤崇調教師
「年齢を重ねて、いい筋肉がついてマイラーの体形になってきた。今後の選択肢が広がれば…と思って初めてマイルに起用してみる。夏場を休養に充てたので好仕上がり」

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
5F 69.9-53.9-38.2-11.8(一杯)
ルシフェル(馬なり)の外1.5秒先行・同入

斉藤崇調教師
「後ろと離れていたし折り合って行けた。しまいもしっかり動けていたね。この舞台は道中の流れが落ち着きやすいし、いいと思う。昨年のようなレースができれば」
サトノエルドール

前走・最終追い切り(丹頂ステークス・6着)
札幌・ダート・良
5F 67.6-52.2-37.7-12.4(一杯)

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
5F 68.3-53.3-38.2-11.7(馬なり)
シュバルツガイスト(直強め)の内0.3秒追走・0.1秒先着

鈴木助手
「馬はリフレッシュして、若さもある。仕上がりはまずまず。ゲートが遅い面もあり、うまくかみ合ってくれれば」
ジャンカズマ

前走・最終追い切り(アルゼンチン共和国杯・17着)
栗東・CW・良
6F 81.9-66.6-51.9-37.0-11.4(一杯)

小栗調教師
「ジョッキーはほぼ毎日コンタクトを取ってくれています。最終追いもジョッキーに乗ってもらいました。骨っぽいメンバーになるけど落ち着きが出てきましたし、どこまでやれるか」
「いい意味で変わりなくきています。前回は軽ハンデに恵まれた部分もありましたが、抜け出してからフワッとして、余裕もあったみたいですからね。ある程度、時計はかかってほしいです」

最終追い切り
栗東・CW・良(小沢)
6F 82.9-67.3-52.6-37.5-11.5(一杯)

小栗調教師
「先週でグッと良くなったし、今朝はサラッと。使って間違いなく状態は良くなっている。中京は前が残っているし前で粘り込める展開になれば」
シュヴァリエローズ

前走・最終追い切り(カシオペアステークス・6着)
栗東・坂路・良
800m 54.4-39.3-25.2-12.2(馬なり)

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 82.9-67.3-52.8-37.9-11.5(G前仕掛け)

清水久調教師
「動きはいい。中京の2000メートルも経験しているし、競馬場は問わない。もうワンパンチだけどペース次第でチャンスはあると思う」
スパイダーゴールド

前走・最終追い切り(関越ステークス・11着)
美浦・ウッド・良
5F 70.5-54.0-38.8-11.8(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
6F 84.8-68.3-51.9-37.0-11.7(馬なり)
ライツオブキングス(馬なり)の内0.6秒追走・同入

鹿戸調教師
「前走は暑さの影響があった。立て直して体調はいいし、併せ馬の動きもよかった。いい馬場ならもう少しやれていい」
ドルチェモア

前走・最終追い切り(スプリンターズステークス・12着)
栗東・坂路・良
800m 54.0-39.2-25.9-12.8(馬なり)

須貝調教師
「先週(坂路4F51秒0~1F12秒7)しっかりやっているし輸送もあるからね。今日は2歳に合わせる感じで(動きは)良かったよ。前走は前をカットされて下がって、やる気をなくした。相変わらず気難しさがある」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
6F 84.3-68.3-52.3-37.5-12.3(馬なり)
ウィズダムハート(馬なり)の内0.2秒追走・同入

上原佑調教師
「だいぶ良くなってきました。繊細な面がある馬ですが、落ち着きも出てきています」
「入厩当初よりも落ち着いて、カイバも食べて良くなってきた。距離が延びるのでそれに対応した調教を積んでいます」
ハヤヤッコ

前走・最終追い切り(オールカマー・10着)
美浦・ウッド・良
5F 66.6-51.7-37.8-12.1(強め)

国枝調教師
「函館記念の後は距離があった方がいいと思って(昨夏使った)札幌記念ではなくここへ。今日はこの馬としては速い時計で動けている。ただメンバーはそろったからね。あまり時計が速いとどうかな」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
4F 52.4-37.6-12.0(馬なり)
ガンダルフ(末強め)の外0.9秒先行・0.6秒遅れ

鈴木助手
「稽古はいつもあんなもの。動き自体は問題ない。馬は元気なので時計がかかってくれれば」
ピンハイ

前走・最終追い切り(カシオペアステークス・2着)
栗東・CW・良
6F 83.5-68.0-52.8-37.8-11.7(馬なり)

最終追い切り
栗東・CW・良(高倉)
6F 82.9-67.2-52.4-37.6-12.2(馬なり)

高倉騎手
「追い切りは単走でプレッシャーをかけないように。動き的には悪くない。コーナー4つの舞台もオークス(22年4着)で経験しているから問題ないかな」
ホウオウビスケッツ

前走・最終追い切り(日本ダービー・6着)
美浦・ウッド・重
5F 68.5-52.6-38.1-11.3(馬なり)

丸田騎手
「コンディションがいいですね。馬の走りがいい。前に馬を置いて、リズム良く走ることができました。ハミも取ったし、フォームもいい。皐月賞の疲れを聞かれますけど、バランスがいいし、馬体の緩さも現状では締まってきていると思います」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(丸田)
5F 68.9-53.6-39.1-12.0(馬なり)

奥村武調教師
「最終追いは単走で。気が乗りすぎるくらいの馬なので、久々でも気合乗りの面は心配ないと思う。夏負けして立て直した経緯があるのがどうかですが、能力的にはそれでもいい競馬をしてほしい」
マイネルファンロン

前走・最終追い切り(障害未勝利・中止)
美浦・ウッド・良
5F 69.2-54.4-39.3-12.3(強め)

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(嶋田)
6F 81.9-66.1-51.9-37.3-11.7(馬なり)
ヤングローゼス(末強め)の内1.1秒追走・同入

手塚調教師
「調教は活気が良くなっている。あとは平地感覚がどれくらい戻るか」
ヤマニンサルバム

前走・最終追い切り(オクトーバーステークス・1着)
栗東・坂路・良
800m 51.8-37.5-24.3-12.4(末強め)

最終追い切り
栗東・坂路・良(田中健)
800m 52.6-38.0-24.8-12.2(一杯)
タッチャブル(一杯)を0.3秒追走・0.2秒先着

中村調教師
「いつも通りに動けました。体調の変動はなく、前走と同じ状態で出せそう。左回りはいいし、うまく流れに乗りたいですね」
ユニコーンライオン

前走・最終追い切り(福島記念・15着)
栗東・CW・稍重
6F 82.1-67.2-52.4-37.7-11.9(馬なり)

国分優騎手
「緩めずに来ています。トップハンデですけど得意舞台ですからね」

最終追い切り
栗東・CW・良(国分優)
7F 99.3-67.4-52.6-37.6-11.6(馬なり)
フォーエバーヤング(一杯)の外0.4秒先行・同入

国分優騎手
「いい雰囲気に仕上げてくれています。自分のリズムで運びたい」

荒木助手
「馬体もすっきりと見せて状態は良さそう。力は出せると思う」

ユーキャンスマイル

前走・最終追い切り(アルゼンチン共和国杯・12着)
栗東・坂路・良
800m 53.3-38.7-25.1-12.7(一杯)

友道調教師
「8歳馬だけど頑張っています。この年齢なので攻めは動かないですね。上がりがかかる展開になってくれれば」
「競馬で一生懸命に走る。それで息長く活躍できている」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.3-38.4-25.5-13.0(稍一杯)
ミスフィガロ(強め)を0.8秒追走・0.2秒先着

友道調教師
「この馬なりに動けている。着順ほど負けていないし左回りの2000メートルが今は一番合っていると思う。流れに乗って運びたい」
リューベック

前走・最終追い切り(中山記念・6着)
栗東・坂路・重
800m 54.6-39.2-25.2-12.2(馬なり)

須貝調教師
「少しきついローテーションですが、調子が上がっている今でどれだけやれるか」

最終追い切り
栗東・坂路・良(吉田隼)
800m 50.9-37.5-24.7-12.4(馬なり)

須貝調教師
「時計的にも十分。久々だけど動ける態勢は整ったと思う。精神的にも大人になっている」
ワンダフルタウン

前走・最終追い切り(小倉記念・15着)
栗東・坂路・良
800m 53.4-37.9-24.4-12.2(一杯)

高橋忠調教師
「調教はそこまで動く馬ではないですからね。先週はジョッキーに乗ってもらってやっているし、いつも通りの調整をしています」
「前走の内容はよかった。ここを目標に逆算してやってきた」

最終追い切り
栗東・坂路・良(和田竜)
800m 53.3-38.7-25.2-12.8(一杯)
アイスノート(末強め)を0.1秒追走・同入

和田竜騎手
「先週と比べてもだいぶ良くなったし、この馬としては及第点。スタートを決めてロスなく行ければ」

2023年・中日新聞杯の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 中日新聞杯|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・中日新聞杯の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は来週から復帰予定か?
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/24・2/25)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
朝日杯フューチュリティステークスは2023年12月17日に阪神競馬場で行われる二歳マイル王者を決める一戦。朝日杯FSは2023年で第75回を迎え、昨年はドルチェモアが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
有馬記念は2023年12月24日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2023年で第68回を迎え、昨年はイクイノックスが制した。有馬記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。